【卵】【ミルク】【蜜蜂】どれがお好み?

はい、こんばんは。日常是映画劇場は、セミフ・カプランオール監督のトルコ映画、

【卵】【ミルク】【蜜蜂】。ユスフ3部作です。


3部作といっても、同じ主人公の生い立ちなのか?そうでないのか?は、

監督は映画を観る鑑賞者にゆだねます。同じ名前のユスフ。それがこのシリーズでは、

壮年、青年、少年と分けて、時間系列は逆行し制作されて物語を紡ぎます。

しかしそこで、懐かしい幼年期への思い出という情感などはなく、映画に出てくる小道具である、

携帯電話や携帯メール、それから年号のセリフからもとれるように、

すべてが同時代の今のトルコなのだと思います。そこがまた不思議な面白みの映画です。


それでも癲癇の病や、詩人であるユスフと母の関係などの共通点が描かれていますから、

同じユスフととる方が、豊かに映画は楽しめるのではないでしょうか。





実はこのユソフ3部作を見られた方は、【蜜蜂】(2010年)の少年時代が初めてという、

ファンの方も多いそうです。これは第60回ベルリン国際映画祭金熊賞を、

【蜜蜂】が受賞したためかもしれませんね。映画ファンの皆さんには、

人気が高いの【蜜蜂】らしいですが、個人的には【卵】が一押しのお薦め。(2番は【ミルク】)



では、ご案内は、1作目の【卵】(2007年作品)は、ユソフが壮年として登場し、

長らく音信不通であった母ゼーラの死、その別れの葬儀の話。





冒頭カットシーンは、引いた遠景ロングショット。これがなんとも美しい。

少し色が緑みがかる靄の漂う田舎道。夢なのか?幻想なのか?

それとも遠いイスタンブールに住むユスフのもとへ、田舎から母ゼーラが会いに来て、

此岸から彼岸へと旅立つのでしょうか?

これを分かれ道を歩む母ゼーラの構図で、パン(撮影技法)でフォローします。


パンとは、カメラを三脚に固定し首を振るように撮影する方法。これに似た方法で、

多くの映画で使われるのが、ドリーという、レールを引いてカメラを移動撮影する方法。

この二つは似ているようで、観る側の印象はだいぶ異なります。なので演出法や映画文法にも、

大きく影響が出るのです。しかし、ここ【卵】では、パンの違和感を巧みに使い、

正直上手いなぁと思いました。このカットでパンフォローした後、母ゼーラは遠景の糸杉に、

姿を消していくのですが、映画が進み、後で母親を埋葬したシーンで、

糸杉のある墓地から立ち去るユソフを、今度は逆パンで同じようにフォローし、

彼岸から此岸に戻るイメージがあり、映画の冒頭カットとシンクロしています。

これで母親がユソフに会いに来たのだというのが、ここ理解できます。


冒頭ワンカットのイメージシーンでこれだけ、時間かけ説明してしまうと、後がつらいかな???

でももう少し、【卵】冒頭のくだりをお話しますね。その後、ユソフが働く古本屋に、

豊満な肉体を露わにした黒ドレスの女が現れます。そして片手には赤ワイン。

これからパーティがあり、プレゼントに料理の古本が欲しいという。

もう、お分かりでしょうか?この比喩はイスラム教では、どのように映るのでしょう。

宗教のことはあまりわかりませんが、イスラム教では赤ワインは悪魔がつくりだしたといわれ、

アッラーを忘れさせる飲み物といわれるそうです。このシーンで女がユソフにいいます、

書物と赤ワインを交換したいと。悪魔(黒服の女)がパーティで、料理って何するの?と、

ぼくなどはイメージをひろげてしまいます。そこで先ほどから古本屋店内で鳴る電話が、

悪い知らせであるというのも暗示しているのでしょう。(母親ゼーラの死)

ここまででも凄い映画なのに、さらにここで画面は黒身になり、クレジット紹介が入ります。

そこでユソフは、慌てて店じまいをし、母ゼーラの暮らすに田舎に車を走らせていく様子を、

効果音のみで紡いでいくのです。もう、ここまでいえばどのくらいこの映画すごいか、

皆さんもお分かりになるでしょう。


それから見慣れないトルコ風景が映し出され、コーランが遠くで聞こえ、

映画のテンポは緩やかに進み、映画を観ているのか絵画を観ているのか、判らなくなるほどです。

3部作すべてがそうで、ましてや自然な状況音のみで全編ですから、おそらく、

寝てしまう人も多いのでないでしょうか。

そして大胆にもストーリーのシークエンスが飛んでしまったの?思うほどに、

見せないエピソードがあるのも、この3部作の特徴ですね。


しかし、本当に観れば観るほど、豊かな表現方法がここ、そこに盛り込まれた演出です。

そして何とも優れているのは、ラストシーンの終わり方のなのです。

これは書きませんが、素晴らしい。映画史のお手本ですね。とくに【卵】。唸ります。ワンワン。


さてさて、少し今回の映画作品が通好みであるため、ご案内も深く斬り込みすぎたかな。


では〆にしましょう。この3作品に登場するそれぞれのユソフは同じ名前ですが、

年齢や状況だけでなく、どこそこで誤差や異なり、ひとりの人物でないところで、

なおさら主人公の孤独感と寂しさが漂います。その様子が誰しものなかにある日常のようで、

ぼくら映画を観ている側が、ある意味ではユソフなのかも知れません。名作ですね。

出来れば3部作を制作順に観ることをお薦めいたします。

では最後に、2作目の【ミルク】の予告を紹介して、本日の日常是映画劇場は、

さよなら、さよなら、さよなら。。。。




追記 この【卵】【ミルク】に出てくる女優さん、サーデット・ウシュル・アクソイは素敵です。

必見!そこもお薦め!!!!!!!!


応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


~展覧会の告知~
開催企画:小名浜国際環境芸術祭
開催場所:環境水族館アクアマリンふくしま(福島県いわき市) 
開催期間:2012年9月15日(土)~11月11日(日)
*2003年に開催されてから今回で9回目。キッズアート展での関連企画で、
ぼくと福島県立博物館の連携で実行した、震災後に福島県内外(世界中)の、
子どもたちから寄せられた、アクアマリンへの応援する魚の絵メッセージカードを、
2012再構成展示しました。ご協力してくれた子どもたちありがとう!

他にも大漁旗デザイン展や地球環境の保全、海洋資源の持続可能な利用をテーマとした、
芸術作品を展示されます。 ぜひ福島へお出かけください。

[PR]
by ubusuna-art | 2012-09-18 20:08 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧