お盆にはミニモイで全員集合。

先日まで何をおいても東京は、お盆である。だから子供たちも集まる。

なので日常是映画劇場で、今回紹介する映画は、

リック・ベッソン監督の【アーサーとミニモイの不思議な国】を見ました。





ベッソン監督といえば、映画学生時代にドンピシャのひとり。

あのころは、ドイツのヴィム・ベンダース監督、アメリカのジム・ジャームッシュ監督、アレックス・コックス監督、

そしてフランスのリック・ベッソン監督、レオス・カラックス監督、でしたね。


そのベッソン監督は、日本では【グレートブルー】(グランブルー)、【レオン】が人気でしょうかね。

ぼくの所見は、学校の富田クラスの同級生と観にいった。【サブウェイ】だったか。





あるいは、処女作【最後の戦い】ですかね。



当時は、どちらもぼくが誘い、友人たちと観に行きましたから、いあや、面白かった~!などという、

友人との会話が盛り上がった記憶もあまりありませんから、今見るとわかりませんが、

かなり退屈だったのかな?その後、【グレートブルー】や、【ニキータ】から、

友達の評価も変わりましたね。


【アーサーとミニモイの不思議な国】の映画は、どこかで見たようなお話ではありますが、

そこは定番、定石として、楽しんじゃいましょう。

この作品は、きっと理屈抜きで彼の代表作ですからね。

最近ではプロデューサー稼業が目立つようですが、まだまだ53歳なのですから、

引退宣言したり、撤回したりしてますが、文芸作とかでなく、あくまで娯楽の道を進んでもらいたいな。


そうそう、リック・ベッソン映画の最大かつ、もっとも凄い見せ場は、アクションでも、

クールなシーンでもありません。ただ一言にいってしまえば、女性。

それも強い女性というのが、彼の好みなのでしょう。

そこが見所です。この作品でも、もちろん勝気なプリンセスが登場します。

【グランブルー】に登場する女性が、主人公の男にかける言葉は、いまでもぼくの心に残っています。





ベッソン映画は、強い女が命です。。。ははは。   出町光識


応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
by ubusuna-art | 2012-07-17 12:02 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧