トムホーン

仕事の合間は映画での休息にかぎる。映画とは本当に良いものだね。


さて、スティーブといえば、ジョブズではなくて、やはりマックイーンのことだろう。

子どものころから好きだったナンバー1の俳優は、スティーブ・マックイーン。

反骨精神という言葉は、マックイーンのためにあるといえるほど、そこで立ち向かう男である。


テレビの洋画劇場かなにかの番組で、【大脱走】を観て、【荒野の7人】を観て、

【ブリッド】【ゲッタウェイ】【パピヨン】【華麗なる賭け】【華麗なる週末】【ハンター】などにハマっていく。

他にだってあげればきりがない。

それに他の映画だって、彼へ出演オファーがあっても、何がしかの条件が合わず、

参加することがなかった映画、【明日に向かって撃て】【恐怖の報酬】【未知との遭遇】

【地獄の黙示録】は、彼がやっていればと思いこんでしまうのが、ファンなのだろう。

ファンゆえに映画として傑作といえども、彼がそこにいない、心残りがそれをひきづり下ろすほど。


本日はネットで【トムホーン】を観た。何度も観た映画だが、

観る前から嫌に気分で落ち込み、いつ見ても悲しい映画。




病いになったマックイーン自身や、時代の流れにある彼の存在などを、コチラがダブらせてみてしまう。

ある意味では、彼の出演してきた映画たちの最後の伝言というか、メッセージともいえよう。

この映画での銃さばき、馬の乗りこなしは、一見はアクションとしては地味ではあるが、

彼にしかできないものすごい扱いや技だと、再認識したな。


それと殺された愛馬の死の大きさ、恋した女との出会いから別れまでが、

西部開拓時代という終りと、時代にそぐわなくなった男の悲哀を加速させ、

機関車輸送された見慣れない食べ物のエビだ、背広だ、法律だ、機械仕掛けの絞首刑台だと、

何やら自由でない空気感に、トムホーンはオトシマイとして自決死を選ぶのだ。


好きな山を眺めながら、銃と馬だけを頼りに、西部にしか生きれなかった男は、

インデアンのお守りが、手からぬけ落ちたとき、いつも青い瞳で眺めていたあの山に、

最後は帰っていったのだろうか。  出町光識
[PR]
by ubusuna-art | 2012-06-02 00:40 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧