映画をみましたので、働きます。

朝起きると雪が降っていた。雪は好きだ。どこからか舞い降りてきて、

すべてを優しく同じように包むからね。そんなふうに思えてくると、眠るように働くような気分になれず、

ネットで映画を見る。映画【昭和歌謡大全集】。



こういうある種、エログロナンセンスとブラックユーモアな話は、日本映画ではお家芸出ないかと思う。

もはや様式美的にパターンなので、では、マンガ的に楽しむかあ~と、期待は大きくなってしまう。

だからこそどれだけ丁寧に、リアルさとデタラメに色をつけられるかが、肝心なのだろうな。

残念なことだが、映画に登場するオバサンたちは、ストーリーのうえで、殺人へと気持ちを集中していくのに、

ぼくのほうときたら、若者以上に冷めてしまい集中できない。


頭にチラつくのは、この映画ほかの監督が作品にしたら、さぞかしもっと面白いのと、

映画監督の名前が次々にでてきてしまったり、あの監督ならもっと魅せる演出をするだろうと、

想像できてしまうから、なお寂しい。なんでこんなに昇天させず、イケナイ映画を作ったのかと残念至極。

ホントにモッタイナイヨ。日本映画って本気で、世界へ出る映画作る気ないんだろうかな。


唯一の救いは、安藤政信さんかな。極私的な好みでは、すべてと思うほど制作側の配役は、

ミスキャストだと思うけど、彼だけは演出をこえて異彩を放っていた。良い役者さんだな。

あとはミスキャストというのもあるが、監督が演技つけられない、あるいはさせるようにと、

持っていけないのだろうな。仕方ないか。


さて、粘土ねりから始めるとするか。仕事しよう。

それから夕方からでも、ネットで映画【クレイマー、クレイマー】でも観るとするか。



その前に予告編だけでも観てみるか。あああ、こういうアメリカ人の父と子の話に弱いんだよな。。。

ではでは。 仕事仕事!!  出町光識

応援のクリックポチッとな。


人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-02-29 11:50 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧