タグ:子どもワークショップ ( 57 ) タグの人気記事

人生色いろ

f0230584_15273970.jpg



ワークショップ片づけときに水道の洗い場。

見ず知らずのみんな。その手元にあるパレットから、

残っていた絵具が排水溝へ、

混じりあいながら吸い込まれていく。


ひとつの部屋で、

心が踊りあった残像のようで心地よかった。



ニンゲンナンテ。

それぞれがそれぞれに異なり。

ふだんは相容れないはずの色なのに。


達者な樹木の葉が、秋の木枯しに遊んだり、

あたりのモノに自分の色を変えられる、

カメレオンくんのように達人になったのかと錯覚すらするよ。


自分の心の色を開放し、

あたりの時間や空気、人に寄っていく。

難しいはずなことが、

案外と簡単だよ。

絵具がバイバイと消えていった。


自分色なんか。

夕焼け雲にも似て、ヒカリと風ひとつで自由なんだ。   出町光識




人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-08-06 15:50 | ワークショップ(儀式)

安藤栄作さんワークショップ

7月31日、水戸。

福島県いわき市在住の彫刻家 安藤栄作さんの

【ワンネス・プロジェクト】というワークショップが

茨城県近代美術館でおこなわれてた。


安藤さんとは一緒にグループ展をおこなったり、

知人の作家さんです。オイラはオッカケのファンですよ。ははは


f0230584_2361495.jpg



午前は枝を使ったワークショップ。

f0230584_12445668.jpg



はい、これがオイラの枝遊びです。

f0230584_1250051.jpg



f0230584_237927.jpg



午後から粘土を使ったワークショップ。

f0230584_2374366.jpg


f0230584_2316238.jpg



最後はみんなで作った作品をひとつのインスタレーションにします。


f0230584_23102225.jpg



安藤さん、お疲れさまです。

そしてありがとうございました。

人のワークショップに参加してみることで、

いつもの自分を省みることができたし、

仕事じゃなく、創作遊びを自由に体験して、

脳内リフレッシュもできましたよん。感謝。   出町光識



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-07-31 12:46 | 美術館・博物館(神社)

ウンコくん!アソビマショ!

会津でおこなった幼稚園でのワークショップのこと。

壁にかけられていた沢山の園児の絵。

園内で二十日大根を掘ったときの様子が描かれている。


f0230584_22441640.jpg


どれもが素敵で、ユニークである。

みんなきれいな色彩で、笑顔ばかり。

それに興味があり描きたいものが大きく描かれていて、

プロが職業として描く絵よりも、心に正直であるね。


そんなみんなの絵を見ながら、

ワークショップ最中に、ある園児に話しかけた。


オイラ 『二十日大根だけでなく、ミミズも描いたんだ!』

園児X君 『ウンコだよ!!!』


慌てて近くにいた先生が、園児X君をタシナメ注意する。

いいの、いいの。だいじょうぶ先生。


オイラ 『そうか!ウンコ描いたんだ!すげな~!!』


こちらはワークショップに訪れたアート寅さんだから、

先生と園児の関係ではない。

同じレベルで、同じ目線にボーダレスでなければ、

子どもと、どこまでも対等なることだしね。

善し悪しの大人の分別は、嘘っぱちになるし、

子どもたちから信頼されない、気持だって許してくれないよね。


何故、ウンコか?

畑の肥やしにウンコでもまいたのかい?

それとも畑の土が、ウンコみたいな色だからかい?

それとも食べた二十日大根が、ウンコになったかい?

描くということは次元を超えて自由だから、

何だっていいんだよね。


他にも太陽と雨が一緒に描かれたもの、

沢山の太陽が描かれたもの、

園児の自身の体より、大きい二十日大根は、

もう当然の当たり前のこと。

まるで大きなカブの【うんとこしょ どっこいしょ】だね。


そんな刺激的な園児たちのような、感受性になりたい。

だからみんなのところに遊びに来たんだよ。   出町光識


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-07-18 22:39 | ワークショップ(儀式)

今度は千葉に飛び

福島県会津若松市でのワークショップの翌日、

7月14日には、千葉県柏市へ直行!!!

小学校でのワークショップのロケハン(下見)と、

図工の先生や教頭先生たちとの打ち合わせです。


その前のわんぱく会津っ子たちの、

熱気に当てられたまま、

今度はだいぶお兄さん、お姉さんたち、

6年生とご対面なのだ。



f0230584_17453155.jpg


むむむ、柏市は政令都市をめざす町場。

だから都会っ子。オイラのような田舎モノでなし、オソルベシ。。。。


みんな背の高く大きくて、もうすっかり青春!大人びているぞい!。


それでも驚くことにすれてはいなく、

幼稚園児たちのように、

すすんでオイラに歩み寄り挨拶や、握手を求めてくる。


『おおお、イケメン~!』

『師匠~!よろしくお願いします!』

『今度、陶芸を教えてください!』


このように人懐っこく、素直な子どもたちの姿は、

先生たちの日々の体当たりな子どもとの付き合い方と、

ガンバリにほかならないのだと思うな。


とても入りやすいく、明るい職員室を見たら、

それもうなづけ、直ぐにわかるよ。

オマケで給食のカレーまでおかわりごちそうさまでした。


ここでおこなうワークショップは、

気合を入れて頑張らなくては、

子どもたちに見透かされてしまうからね。

さあ、6年生と3年生のみんな一緒に!

図工で遊ぼう~ぜい!!!


f0230584_17465497.jpg





人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-07-15 17:38 | ワークショップ(儀式)

カミタマン・うぶすなワークショップ

7月11日からオイラ、アート寅さんは、

会津若松入りして、幼稚園でのワークショップをしていた。

12日は東明幼稚園さん、13日は若松第二幼稚園さん。


さて、連日のうぶすなワークショップ、

昨日は若松第二幼稚園さんでした。

18人の子どもたちに囲まれ、とても刺激的でした。


たまたま偶然に教室の片隅にあった、

子供の頃から大好きな絵本作家 加古里子さんの絵本『かわ』。

f0230584_5541049.jpg

パラパラと目をやりながら、

元気な子どもたちを前に、精神集中と気合を入れる。


子どもの人数が18人ということで、

なるべく座って向き合いながら、

それぞれと呼吸を合わせて、

どのようなカミタマンお面をつくるか、話をする。


1時間半ほどの間、みんなと同じ目線と、同じ思考になるのは、

好きなこととはいえ、案外と大変なことなんですよ。


それでも、はじめは『無理~!!!!できない~!!!』とか、

手がまったく動かない子が、なんとか形にしていく姿に、

『そうか、そうくるか、よかったね~。できるじゃん!できたじゃん!』と

こちらのほうがうれしくなるよ。


誰もが何か描いたり、作るの好きで得意ではない。

アートが苦手という人が、子どもでも大人でもいる。

そこでちょっと気持ちよく、案外楽しいじゃん!

気持ちが移ろいだら、最高だからね。


アートなんかは美術好きな人が、難しいこと語りながら、

恰好つけて観賞するだけが、その良さではない。

そこに関わる可能性のあるすべての人が、

楽しくあり、それぞれの価値のプライドを見つけられることだから。

すべての人にボーダレスでなければ、

アートということ自体が、もっと盛り上がることはないだろうからね。


f0230584_622439.jpg

今回の会津若松で2つの幼稚園で会えた子、

みんなが会津の宝で、ぼくの祈り願う、神さまでもありました。   出町光識


追記 東明幼稚園さんと若松第二幼稚園さんの年長さんの子どもたち。
    見守っていただいた園の先生方。
    粘土お手伝いしていただいた福島県庁の文化振興担当者さん。
    力強い福島県立博物館の学芸員さん。みなさんとの出会いに心から感謝。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-07-14 06:22 | ワークショップ(儀式)

モテモテ・ワークショップ

f0230584_77197.jpg


会津若松市にある、

東明幼稚園さんでのうぶすな土面ワークショップ。

いあああ~~。ひさしぶりに?モテモテ大盛況なオイラ。

5歳、6歳のゾウくみ、クマくみの年長さんに人気!

あんなにも女性?(女の子)に囲まれたことは、

いつ以来のことでしょう。。。。。。な???。ははは。


女の子というのはわずか5歳でもしっかりと女性。

じつのところは大変気を使いますよ。

アチラコチラと四方八方に動き回り、

どの子にも目をかけて、

それぞれの子に元気な声をかけていきます。

特定な誰かさんにだけ留まると、

女の子は嫉妬の嵐ですからな~。


まるで参議院選挙活動中?で、走り回る国会議員さんのように、

最後には声もかれてしまい、今では咽も痛い~。ははは


印象的だったのは、

何人かの男の子が、とっても集中して、

無口で寡黙ながらに楽しんで、面白いものを工夫する姿や、

納得する最後まで、一人居残り、名残惜しそうにつくる男の子。

職人さんのような姿な感じに、とても心惹かれました。

女の子のようにストレートに、うまくは言葉にできなくとも、

よっぽど楽しかったんだね。

そういうの好きですよ、オイラは。


東明幼稚園さんのような元気な子どもたちと、

粘土こねワークショップできたことは、

とっても生きているな~っと、

オイラもエネルギーを頂けることなので、

本当に楽しい1日を過ごせましたよ。


f0230584_774087.jpg


東明幼稚園のみんな!ありがとう!

約束どおり、秋にはまた会おうな!!!  出町光識



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-07-13 06:15 | ワークショップ(儀式)

新弟子ご対面!

f0230584_19232615.jpg







【カワイイお客さんでしたね】



新お弟子?いえいえ、地元小学校の生徒さんの話。

例年通り、今年も子どもたちの総合学習の授業に、

お邪魔させていただき、陶芸班を選んだ子どもの

先生モドキをやりますぞ。


本日は午前中早くにアトリエにやってきた、

3人女子ヤア、ヤア、ヤア。

個展直前忙しいのに、オーマイゴット~!


オイラはまだ寝起きで顔も洗わずに、

あまりに作業場が乱雑ゆえに、

恰好つけ?おもてなし?の掃除。


今回は男女3+3=6人のようです。

本日から地元小学校は3連休!らしく!!

さすが~、男子は来ませんね!ははは

先が思いやられますが、小6男子はこんなものです。


さて、女子と初対面の挨拶や、

陶芸家や焼き物などの質問などをすませた。

これからは担任の先生と話しながら、

授業内容や方向性などを決めて、

なるべく見落とさないで、それぞれ子どもたちの

個性に向き合っていきたいですね。

数ヶ月の短い時間ですが、

オイラにとっても、子どもにとっても、

魂と魂の出会いの時間!(大袈裟?)楽しみですな!


それにしても今年は、

以前に姉妹のお姉ちゃんを総合授業で教えてたり、

顔見知りの子も多く、そして来なかった男子にも手を焼くかな~。

まあ~、それも楽しみ倍増!よろしくね!!   出町光識


~器個展のお知らせ~
第5回 出町 光識 陶展  MITSUNORI DEMACHI
2010.6月30日(水)〜7月6日(火) 最終日18:30閉場
松屋銀座 7階アートスポット
f0230584_0382899.jpgf0230584_0384298.jpg

織部・絵織部・堆朱・黒釉をつかった花器や手鉢、片口、
皿、食器などを480点余を展示、
多彩な釉薬と土の妙味をご高覧ください。

お問い合わせ=松屋銀座 美術課
       東京都中央区銀座3-6-1
       電話03(3567)1211大代表 内線2795
会期中の営業時間=毎日朝10時から夜8時まで
         7月1・2・3日は夜9時まで


ランキング応援のクリックをポチポチ。
 
人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-06-26 19:19 | ワークショップ(儀式)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧