タグ:子どもワークショップ ( 57 ) タグの人気記事

粘土でお話をつくるの巻

f0230584_1832210.jpg


真壁小学校 6年生の総合学習でのワークショップ。

アースクラブ8期生を選択してくれた6人のメンバーは、先週からのつづきを仕上げて、本日みごとに完成。

(よかった。よかった。終わったよ~。)


それぞれが自分の好きな絵本を読んで、印象に残ったシーンを、粘土制作してもらいました。

絵本は誰でもが対応できるようにですよ。


みんなどの子も同じように、粘土を楽しんでもらうのが、オイラのワークショップ(授業)の目的ではある。

でも正直いえば、絵画や粘土の好き嫌いはさておいても、レベルは極めてみんな違うんだよね。


だからまずは最後まで完成させる喜び。それと手先や性格が不器用なのは、それはそれで個性だぞ!っと、

思ってくれるように導きまして、あとはそれぞれキャラクターに合わせて、何か粘土で出来たらいいじゃん。

一緒に作ろうよ!と考えてもらいます。


f0230584_18123320.jpg





【さすが、学者肌なつくりですよ!
 カメレオンも葉っぱもこれなら変体しますね。
 独自の理論と、自然大好きだもんね~】

>f0230584_18131290.jpg




【猫の表情良いじゃん!暖炉に石炭入れ過ぎ注意!
  火吹き出てるよ~~!
  お誕生日もおめでとう!】
f0230584_18133245.jpg





【リアルなザリガニ抜群アッパレ!
 挟まれたら痛そうだよ~イタイ~!!
 丁寧な良い作り、次回も楽しませてね。】
f0230584_18134974.jpg





【☆かがやいてるし~!
 いろんな表現が楽しい感じだね~。
 さびしい感じが、楽しい感じになったね。
 それはそれで良いか~。ははは】
f0230584_1814631.jpg




【おおお、苦労したけど、主人公バッチグ―!
 物と物のサイズはバラバラだけど
 何だか細かいとこまで作ったね。
 主人公が大きいからOK】

f0230584_18125432.jpg





【海の波の表現考えましたね~スゴイ!
 イルカも良いじゃん。あれあれ、
 後ろにも小さな作品あるな~作りすぎだな~!
 ははは。粘土楽しかったんだね。】



本当いうとメンバーなかには、ズバヌケテ図工に限らず、何ごとも上手な子がいるんだけどね~。

しばらく、みんな一緒に楽しんでもらって、この総合授業の時間を好きになってもらいたし、

レベルは少し下げても、まず遊びましょうって感じ。その図工が得意で好きな子には、何だか申し訳ない。


それにメンバーに話しかけることは、毎度のことだが、絵画は下手でも良いし、粘土だって不細工で良い。

とにかく自分しかできないものだと、楽しいもうぜ!っていうから、その子は表情困惑なんだよね。。。。


きっといつも決まって、図工や何かの授業で、まずはその子は1番に、褒められてるんだろうけど、

オイラ、ヘタクソもみんなを褒めちゃうから。いったい何が良いのだろう?ハテナ?って顔してる。 


でも、図工の上手な君なら大丈夫。

もっともっと、伸びるのだから、今はまずは図工(美術)って、本当は何を求めてるの?どんなもの作るの?

悶々とまずは自分の頭で考えてね。

オイラは君のことは、みんなと同じようには教えないけど、違った見守り方してるのだからね。


ガンバレ!図工好き! そしてガンバレ!ヘタクソみんな! 来週も粘土で遊ぼうぜ!   出町光識


ぽちっと、応援のクリックを。


人気ブログランキングへ


◆◇ 現在開催中の展覧会のご案内 ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇


f0230584_3591046.jpg
会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて、インスタレーションの作品を出品しています。ぜひ、行楽シーズの秋の会津におでかけくださいませ。



◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇◆◆◇

f0230584_1665618.jpg
日本橋三越本店 本館1階 1階中央ホールEVENT 
2010年10月29日~11月9日まで
【ジャパンスタイル マイ ファースト マッチャワン】で、「はじめて使うお気に入りの抹茶碗」をテーマに、国内外のクリエーター約30名が作品を発表。思わず笑みがこぼれる楽しいデザインから、モダンでシャープな作品まで一堂に展覧します。 ぼくの新作の堆朱茶碗が3点が並んでいます。


 
[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-28 17:14 | ワークショップ(儀式)

会津出張の旅

10月24日、福島県会津若松市へ、日帰りの出張。磐越道から見える会津磐梯山は、

半分から上の山頂まで、紅葉の色付き。みごとに心のスーツのさまである。 ♪ 磐梯山は宝の山~よ~♪

日常にザラつく気持ちは癒される。


自動車を走らせ、茨城からは3時間ほどで到着。しかもいつ見ても高速道路1000円には、

貧乏神も感動だね。ありがたやあいがたや。


f0230584_5183098.jpg



【七日町通り 藤崎商店くじらや】


さて、もちろんお目当ては、10月2日から開催中の【会津・漆の芸術祭】のひとつ、

オイラの作品が展示してある、エントリー№34 藤崎商店さん設置の、インスタレーションの点検管理と、

藤崎ご夫妻に挨拶。作品を置いていただき、そのまま放置プレーというのも具合が悪いからね。


f0230584_456318.jpg

【 産土神2010・カミタマン ~Japan麗し神の風儀  出町光識 作】


案の定というか、作品の1部分である、カミタマン土面たちは、子どもたちや親御さんだろうか、

手を触れられてグチャグチャ。ははは。 親しまれています。触られるアートはお世辞の言霊より真実に近い。

でも、オイラは会津での、子どもたちとのワークショップの出来事を思いだすように、

お面のひとつひとつを並べなおしました。(無駄な抵抗ですが。。。)


そして照明の仕掛けにある水槽も、水は無くなり干乾びていたので、補充し足してあげる。

どうにかこうにか、インスタレーションは息を吹き返し、艶めかしさを取り戻す。


f0230584_517483.jpg
f0230584_51504.jpg

何よりも驚いたのは、藤崎のお父さんは店の軒先で、オイラの作品を観てくれた人の数を、

正の字をつけて、チェックしてくれていた。その心番いに、生きている作品展示の場の協力に、

感謝しきれない。オイラにとって、お父さんこそが作品の1部分、アートである。


f0230584_5192552.jpg


アートは生き方。どっこい生き抜いているんだよね。


今回も藤崎のお父さんからは、面白い話をたくさん聞かせていただいた。そんなお喋りの時間も、

あっという間に予定滞在時間となる。(まるで浦島太郎のようだな~。)帰路へとなる。


f0230584_5204566.jpg


藤崎のお父さん、お母さん、ありがとうござます。もうしばらく、開催期間にお世話になります。  出町光識

f0230584_3591046.jpg


会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひ、行楽シーズの秋の会津におでかけくださいませ。


ぽちっと、応援のクリックを。


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-24 05:03 | 展覧会(まつりごと)

子どもにも瞳はふたつある





『復讐するは我にあり』という映画がある。実話であり、昭和におきたの有名な事件。

監督は学生時代の学長であった今村昌平監督によるもの。

本日は、この連続殺人事件の、最初の被害者がでた日らしい。

昼食にキムチチャーハンを食べながら、テレビをみていたら、作家 佐木隆三さんが話していた。


この事件の特徴であったのは、【子どもの感性の柔らかさ】である。

犯人が少年の頃に、あるきっかけで、大人や親の不道理により、心が深く傷ついていく眼差しからはじまり、

犯人が捕まるきっかけとなったときも、少女の眼差しで終わる。




子どもの眼差しとはどんなものだろう。

職業がらか、はたまた同じ精神年齢なのか、幼稚園や小学生の子どもと遊ぶことが多いから、

遊びやものつくりなどに夢中になっている眼差しをよく見る。それは愉快で痛快に笑う瞳が多いのだが、

新たな創造や発見にいつも眼差しは向いている。


その半面に感性の柔らかさは、傷つきやすく、不安と疑問もいだく。これもまた、よく見かける。

大人は生き抜くことの慣れ合いから、不道理や不道徳に慣れきっているから、

子どものような無垢な眼差しは、誰でもがあったはずなのに、老眼のあらわれ同様に、

視野や視界が見えにくくなるもの。


思春期や反抗期という時間に、ひとつの眼差しの感性は、ピークの完成ともいえる。


それで多くは、そんな眼差しをもったとはいえ、大人からみれば未熟な子どもから、

何か仕掛けることは少ない。子どもはいつだって静かに、まずは待っている。

不安と疑問をもちながら、大人の都合という嘘に眼差しを向け、想像(創造)することを止めない。

だから子どもは『我にあり。。。』と念じているともいえる。子どもはすでに子どもという生き物で完成した、

感性の眼差しをもっている。    出町光識





ぽちっと、応援のクリックを。


人気ブログランキングへ




f0230584_17411556.jpg



【出町光識 うつわ展 ~九十九∞つくも2010~】
2010年10月13日(水)~24日(日)
きらら館
茨城県笠間市笠間2258-1
TEL・FAX 0296*5572*3109



f0230584_17502261.jpg



【出町光識 へそのおてん
   ~益子土@碗百点~】
2010年10月16日(土)~10月28日(木)
陶庫石蔵ギャラリー
栃木県益子町城内坂2
TEL0285*72*2081




f0230584_3591046.jpg


会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひ、行楽シーズの秋の会津におでかけくださいませ。

[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-18 20:50 | 映画・テレビ(寄り神)

アースクラブ、今年もはじまりの巻

真壁小学校の総合的学習の授業枠では、6名の子どもたちが陶芸を選択してくれ、

今年も授業を受け持たせていただいています。今年のアースクラブ8期生ですね。

新メンバーは男の子3人、女の子3人ですね。



f0230584_23501838.jpg









【先輩アースクラブがつくったオブジェ・粘土脳みそ
  ☆さとわちゃんのサインが見えますね。】
f0230584_23503683.jpg






【時を超えた先輩との握手ですぞ】



オイラの過密な仕事の状況で、彼らとの時間枠がなかなかとれずに、久しぶりのひととき。

まだまだ新たな子どもたちの性格や、個性がわからないこともあり、だいぶ前に出しておいた課題ですが、

好きな絵本をあらかじめ選んできてもらいました。担任の先生のお話では、低学年図書室にいき、

絵本を真剣に選んでいた様子が、なんとも新鮮だったようです。(彼らには大切な思い出の6年間を

振り返りの時期でしょうから。。。)そんな手探りから、少しでもみんなの好みなどを、知りたい訳ですよ。


自己紹介してもらったところで、名前と好きな食べ物や、好きな授業を、話してくれるくらいじゃ、

なかなか短時間に、子どもたちの心に寄り添えないのでね。


さて、それぞれが選んだ日本や外国の絵本の好きなところを、発表してもらい。


f0230584_23531124.jpg


f0230584_23533941.jpg

今度は絵本に描かれたの絵などを参考に、模写してもらいました。本当のところいえば、

実際のものを模写してもらうほうのが、いいのだろうけど。それも学校の授業では、なかなか難しいからね。

今回はまずは自分の好きなお話をよく理解してもらい、ストーリーのある粘土制作してもらう、遊びです。

それと次回は粘土を手にして使いつくるため、平面と立体での違いのイメージトレーニングですね。

前もって知ってもらうことが本日の目的なのです。

難しかったけど、何とかそれぞれに、本日のドローイングは終了。


f0230584_23542763.jpg
f0230584_23544464.jpg



次回は実際に粘土を使って、平面から立体へと、みんなと遊んでみましょう。   出町光識




人気ブログランキングへ



f0230584_3591046.jpg


会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひ、行楽シーズの秋の会津におでかけくださいませ。

[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-08 00:10 | ワークショップ(儀式)

笠間焼・土面ワークショップ

10月4日 午前、雨ふり。茨城県 笠間市の丘の上にある稲田小学校。

福島会津からの、旅でもどるとすぐにまた、子どもたちとの土面ワークショップ。
(それにしても子どもたちと会う機会が多いな、オイラ)

2011年5月におこなわれる、笠間焼の陶炎祭会場で、展示される恒例行事。

5年生の子どもたちには、笠間土と信楽土をつかって、土面つくりで遊んでもらう。



さてさて、校門をぬけると、どこかで咲く金木犀の花が香る。この秋まで、どうやらあの猛暑からも、

生き残れてきたのだなと感じる気配。目線には校庭の片隅にある、相撲土俵がとびこんでくる。

笠間市内の小学校共通に、どこにでもある光景。子どもたちが相撲をとる、地域ならでは特色だね。

金木犀のようの出会いのように、子どもたちはハッケヨイと、何かを感じさせてくれるだろう。



稲田小で出会う子どもたちの様子は。。。。。

はじめはガチガチに緊張の様子だが、なれてくれば自然と笑顔もあふれるよね。


f0230584_72319.jpg



5年生にもなればそれぞれに自我や悩み、不安も芽生え、他人の目も気になる年頃。

たとえば先日までの会津での幼稚園の子どもたちほど、すぐには無邪気にはなってくれない。


それでもオイラからそれぞれのツボに話しかけ、粘土素材のもつ自由さを知ってもらう。

陶芸教室によくある技能の面白さというより、粘土のもつ可塑性を指で感じたり、

そのときの心の動きを感じてもらえばまずはそれでいい。


f0230584_732494.jpg

f0230584_734020.jpg
f0230584_7341888.jpg

f0230584_7354636.jpg
f0230584_73673.jpg

f0230584_7382455.jpg

f0230584_7384737.jpg


焼きあがりどうの。出来あがりがどうの。評価がどうの。そんな大人目線な価値観は、

オイラの関わるワークショップのひとときにはいらない。その場がまず楽しめればそれでいいのだ。



f0230584_6455665.jpg


ここでも子どもはみんな、カミタマン!

図工が好きな子も、嫌いな子もいて、チガッテ、マチガッテ、それでいい。

稲田小学校の40人のみんなから、エネルギーもらったよ。   出町光識




人気ブログランキングへ



f0230584_7545732.jpg


会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひ、行楽シーズの秋の会津におでかけくださいませ。

[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-05 07:39 | ワークショップ(儀式)

くじらぱれーどin七日町通り!

f0230584_18534845.jpg









【会津のマスコット?あかべこさん!!】


10月2日、2時45分頃、福島県会津若松市。

f0230584_18495070.jpg



【会津・漆の芸術祭 オープニングセレモニー】のプログラム、くじらまつりのパフォーマンス終了後には、

七日町通りを鯨神輿でパレード。

f0230584_18465033.jpg

f0230584_18471925.jpg

f0230584_18474034.jpg
f0230584_18475525.jpg
f0230584_18481982.jpg

f0230584_1849644.jpg
f0230584_18492851.jpg



参加してくれたのは東明幼稚園と若松第二幼稚園の年長さんの子どもたち。

パレードは福島県立博物館 赤坂館長さんや福島県知事さんなどを含む、

観客300人は軽く超えていた舞台直後なだけに、少々疲れたかな?




f0230584_18531768.jpg



それでもみんなで藤崎商店くじらやさんまで歩きました。

それもしっかりと!歩きましたよ!よく頑張りました!!


f0230584_18533053.jpg









【丑松どんもうれしいな!】






f0230584_18542100.jpg







【人魚さんもビックリだ!!】



ほんとほんとみんなありがと!


パフォーマンスとパレード終了後、少しこれでよかったのかな?と、落ち込み反省気分のオイラのところに、

くじらまつりを親子で見学に来ていた、東明幼稚園の年中さんに通うの5歳の少女が、

駆け寄ってくれて、『たのしかったよ。。。』と呟いてくれた。


その少女の瞳がのぞける目線にかがみ込み、『何が楽しかった?』と小さな手を取ると、




『太鼓とくじらさん。。。。』    うれしかったな。。。。。




本当に君もカミタマンだね! ぼくはいつだって誰かに救われているんだよ。ありがと!    出町光識



人気ブログランキングへ

会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひともこの機会に東北におでかけくださいませ。

[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-04 19:10 | 展覧会(まつりごと)

くじらまつりの本番と舞台裏

10月2日から、福島県会津若松市を中心に【会津・漆の芸術祭】がはじまりました。

会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで


f0230584_11263459.jpg











【会津・漆の芸術祭ディレクター・赤坂館長さん】

オープニングセレモニーには、福島県立博物館の赤坂館長さんをはじめ、福島県知事さんや

各市町村長さんをはじめ、多くの関係者さんがあつまりました。


プログラムのひとつに、東明幼稚園さんと若松第二幼稚園さんの年長組さんと、新田学さん、南阿豆さんの

オイラくじらや劇団(アートユニット空土)が、パフォーマンスをおこないました。


開催を直前の連日は、深夜まで七日町通りにある藤崎商店くじらやさんで、子どもたちと作った土面を

飾り付ける準備にオイラたちはおわれてしまい、両幼稚園さんには御無理をお願いして準備や、

リハーサルをさせていただきました。本当にありがとうございました。感謝です。

f0230584_1113578.jpgf0230584_11141559.jpg
f0230584_11142950.jpgf0230584_11145132.jpg


【世界中のこどもたち】を手話と大きな声で唄う東明の子どもたち。くじらみこしもわっしょい!わっしょい!

f0230584_1112761.jpgf0230584_11124694.jpg

f0230584_1113440.jpg


【カミタマン!参上!】の決めポーズは、第二さんのこどもたち。とても上手でしたね。

先生たち!ご協力ありがとうさんでした!!



さあああ!会津っこアートコラボ・パフォーマンス【くじらまつり】の舞台様子の写真です。

f0230584_1153614.jpg






【オイラが演舞の丑松】


f0230584_11542770.jpg


塩ニシン売りの丑松が、あかべこに荷を背負せ、越後街道をつかい、海の幸を運びます。


f0230584_11565537.jpg


山道での重い荷を運ぶには、会津で一番の働きもの、あかべこの活躍が不可欠であります。


f0230584_124837.jpg


丑松が会津の里につくと、会津の古い言い伝えである【七歳までは神のうち】である

会津っこ【カミタマン】がでむかいてくれました。

f0230584_12111341.jpg

f0230584_1281442.jpg

f0230584_12113752.jpg


丑松とカミタマンが遊びくれていると、もうすっかり冬になり、やがて雪が降りました。

すると、働きものであったあかべこは、疲れ果てたのか石になってしまいました。

f0230584_1216415.jpg









【あかべこはの新田学さん!
 ※この石になる話も会津の言い伝えですね。】



丑松とカミタマンはとても悲しみ泣きだしました。

f0230584_12205514.jpg



すると、どうしたことでしょう。運んできた荷の中から、海の精である人魚があらわれました。

f0230584_1230026.jpg



f0230584_1232958.jpg


働きものだったあかべこの魂を癒すように、舞術をおこないました。


f0230584_12445482.jpg
f0230584_12451277.jpg









【人魚姫は田楽師 南阿豆です。】

f0230584_13448100.jpg

f0230584_1353085.jpg

f0230584_136057.jpg


f0230584_13141592.jpg

f0230584_13144861.jpg


そしてなおも不思議なことに、人魚が阿賀野川の水の流れを、川上の会津へと逆流させるのです。

f0230584_1834446.jpg


f0230584_18404843.jpg


するとどうでしょう。なんと海から大きな大きな鯨がやってきたのです。





f0230584_13172317.jpg


会津っこカミタマンは、『くじらさあ~~~~~ん!!!』と呼び叫びました。

逆流する波に乗り、鯨と多くの海の幸が川を上ってやってきました。

f0230584_1475131.jpgf0230584_1481652.jpg

【※ココで鯨神輿が登場しますが、お客さん総立ちのため、写真撮影できなかったようで、
 関係者さんのなかで鯨神輿登場写真お持ちの方、ぜひ!くださいませ!この写真は代用です。】


その光景があまりに愉快なので、丑松は喜んで踊りだしました。

f0230584_14384986.jpg


f0230584_140587.jpg


f0230584_13593710.jpg



丑松は死んでしまった あかべこと、一緒に働いていたときのことを思い出し、懐かしで夢をみました。

f0230584_1495287.jpg
f0230584_1410196.jpg
f0230584_14105074.jpg
f0230584_14112837.jpg



最後は産土カミタマン(若松第二幼稚園)と客人カミタマン(東明幼稚園)の子どもたちみんなと、

【世界中のこどもたち】を手話と、大きな歌声で合唱しました。

会津っこの元気なみんなの心が、大きく育んでくれることが、会津の風儀でもありますよね。

カミタマン!みんな最高!!

f0230584_142587.jpg


オシマイ。めでたしめでたし。。。。。。   出町光識

お礼 両幼稚園の先生と、子どもたち56人、多くの父兄の皆さん、担当県職員Sさん、
福島県立博物館学芸員のスリ―Kさんずトリオ、漆祭職員Oさん、Sさん、カキコ隊Hさん、Kさん、Aさん、
南阿豆さん、新田学さん、本当にご協力ありがとうございました。




人気ブログランキングへ

会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひともこの機会に東北におでかけくださいませ。



※追記参考資料【出町光識産土アートラボ】の産土神土面制作は、福島県内では2007年にいわき市養護学校さんと【芸術家派遣事業】、2009年7月に会津若松の東行仁幼稚園さん、白梅幼稚園さんと【福島県立博物館 岡本太郎の博物館展】、2010年5月にいわき市 東田幼稚園さんと【アクアマリンふくしま 潮風アート茶会】、今回の東明幼稚園さんと若松第二幼稚園さんとおこなっています。
[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-03 12:56 | 展覧会(まつりごと)

鯨ワークショップ

f0230584_82167.jpg

9月24日、福島県会津若松にある東明幼稚園さんでのワークショップ。

とき同じくして会津では、お祭りの真っ最中。自由通園していたお友だちのみんなと今回とおこないました。


さてすこしお祭りの話。。。。22日から25日まで会津祭りの【藩公行列】や、【新撰組まつり】があり、

今年は大雨のためメイン23日は中止。58回目にして初めて【藩公行列】が取り止めでした。残念。。。。

1953年に始まったこの行列は、戊辰戦争により鶴ケ城をあけわたした9月23日に、

戦死者の慰霊として開かれているという。昨今のテレビドラマによるブームでは、海外に目をやる開国こそが、

ヒーローだ!みたいなこともあるけど、こんな祭りがあるのは日本らしい風景と、ヒーローの風儀を知るな。

いたるところで、おじいちゃんおばあちゃんたちが、こんなことは初めてだと、残念な声が印象的。

翌日25日の七日町通りを中心とした【新撰組まつり】は、お天気は何とか回復して開催されましたよ。



さてさてオイラのお祭りワークショップの方は、元気に~!やりましたよ!!

f0230584_862858.jpg
f0230584_875139.jpg
f0230584_881456.jpg


もう子どもたちにはお馴染み?による、カミタマン土面制作による【顔のおにいさん】の登場!

それとアトリエで作った鯨さんが目の前にあると、すっかり待ち望んでいた子どもたちは、

早く色が塗りたいと興味津津!!


まずは子どもたちに図鑑や絵本などで、鯨の色や身体の説明をしましたが、

やっぱり子どもたちは図工の天才!自由人だから、好きなように塗りますね。それでもいいですよ。

本物の鯨みたいであろうとなかろうと、心に嘘さえなく濁ってなければ、どんな色も模様もOK!


f0230584_8341742.jpg
f0230584_834336.jpg


まずは好きなクレヨンの色を選んでから、描き描き塗って、その後は水彩絵具を重ねて塗っていきました。


f0230584_8435867.jpg
f0230584_8443656.jpg


色の塗り分けは鯨さんの身体を半分半分に、男の子女の子分かれて、競争みたいに塗りましたよ。

まるでマジンガ―Zにでてくる阿修羅男爵ね。


f0230584_91315.jpg
f0230584_911749.jpg



鯨さんの名前は、子どもたちが決めてくれた【虹鯨さん】に決定!

f0230584_991526.jpg


さすが東明幼稚園!センス良い名前だな~。虹くじら! きっと色塗り化粧も終えた鯨さんも喜んでるぞい!



最後はみんなでハイ!ポーズ!!

f0230584_8551911.jpg



東明幼稚園のみんなありがとう。先生方もありがとうございました。

さてさて、鯨さんとはお神輿わっしょい!! と10月2日にみんなと再会だね。   出町光識



~ただいま!個展開催中!!~
ギャラリー玄海さんで、9月17日(金)~9月 30日(木)
出町光識のうつわ個展が開催中
新作は堆朱のカップや、堆朱のお皿
※在廊日は9月23日と26日です。お待ちしております!!
ギャラリー玄海 東京都新宿区新宿5-16-3
 玄海第2ビル(丸井MEN)1F TEL:03-3352-3105





人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-09-26 09:13 | ワークショップ(儀式)

会津プロジェクト全国放送!

f0230584_20293555.jpg



さてさて最近よくオジャマしている会津のこと。

本日深夜に福島県立博物館長さんこと、漆の芸術祭の赤坂憲雄ディレクターさんが、

NHK教育テレビの【視点論点】で会津・漆の芸術祭を紹介するそうです。

9月6日(月)22:50~23:00
NHK教育テレビ 視点・論点 「地域復興と博物館」福島県立博物館長 赤坂憲雄


f0230584_20245284.jpg


 【ポスターデザイン 東北芸術工科大学 宮本武典さんによるプロデュース
  ポスターの言葉 福島市在住の詩人・和合亮一さん】

会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html

出町のデレ助は、なんで 『東北だ~!』 と、会津ばかりに惚れ込んでいるか、

なんとくご理解していただけるかも知れませんよ。

どうぞ皆さんテレビをご覧くださいませ。   出町光識


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-09-06 20:12 | 映画・テレビ(寄り神)

もはや、会津は通勤圏!

本日、会津若松から帰宅。約22時間旅行!

もう、展覧会準備! もう、通勤圏内! 

も~う、赤べこだけに、もう、もう、である。

f0230584_3632100.jpg

秋、10月2日からおこなわれる【会津 漆の芸術祭】。

作品の準備や打ち合わせ。


七日町通りにある、くじらや 藤崎商店さん。

オイラの作品展示場所にお借りする訳ですが、

いやあ、おとうさん、やっぱりいいわ。面白いね。


f0230584_371345.jpg


何もしなくとも、おとうさんが生きているアートですよ!



さて、以前にオジャマした、若松第二幼稚園さんにもいきましたよ。

前回のみんなでのワークショップの時に、残念ながら

お休みしてしまった男の子と、一対一でのプライベートワークショップ。

f0230584_382969.jpg



あああ、いいね~、会津最高!!!!

会津若松のみなさんから、元気い~~いっぱいもらいました!

福島県立博物館、赤坂館長さん、学芸員の3匹の侍のみなさん、県プロジェクト担当者さん、

本当にありがとうございました。


あと1ヶ月!もうひと踏ん張り!  いややああ、100踏ん張りかな~。があははは!!   出町光識



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-09-03 03:10 | ワークショップ(儀式)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧