タグ:子どもワークショップ ( 57 ) タグの人気記事

喜多方から戻ってきたよん。

【漆の芸術祭 東北へのエール】での、サ行?いやいや、作業から、

無事に茨城にもどってきやした~。

今年は何度?何回?福島ヘ行くのでしょうかねえ。ははは。まあ、祭りですから。

それもテキ屋稼業 アートヤクザの宿命でしょうな。


さて、いった場所は喜多方。蔵の街ですよ。喜多方ラーメンの町かな。

当然、御存じ醤油ラーメンも食べてきましたよ。大安や、松や食堂ですわ。


f0230584_22105054.jpg

さてさて、今回は千草幼稚園年長さんのカミタマン土面のワークショップと、

できあがった生粘土作品での、夢想館(廃校)での展示。

これで南相馬にある上真野幼稚園、鹿島幼稚園と、喜多方にある千草幼稚園で、

合計250個ほどかな。おお、メデテイナ~ァ!!



f0230584_22114452.jpg


それから、喜多方にある煉瓦窯での、金親さんとの焼成の打ち合わせです。


f0230584_221297.jpg


この地でずっと、益子の赤粉をつかい登り窯でレンガを焼いています。

さすがな技に不良陶芸家としては、頭がさがります。





あと、祭りの開催直前、締め切り間際に届いた、【さかなの絵】。
これらを追加して展示してきました。これで。。。。ナミダナミダの。。。。


f0230584_22131037.jpg

すべてを展示してきましたぁ~。パチパチ。スゴイゾ、デマチクン!

ヨク、ハタラキマシタ!タマゲタモンダ!(ダレモイワナイノデ。ジブンデ、ホメマス。ハハハ)


f0230584_22141346.jpg

実際、ほんとうにスゴイのは、これらの絵やメッセージを送ってくれた、

子どもたちや、子どもになりすました大人たち。ほんとうにありがとうございました。

そして毎度サポートしてくれる新田さんがスゴイです。ありがとう感謝。



さあ、11月23日まで、会津若松と喜多方では、アートの祭り。踊りゃな損そん。

さて、次はいつ喜多方ヘ行くとするか?それとも会津若松か?はたまた南相馬か。


がんばれ福島とか、ガンバレ東北という、子どもたちから送られた【さかなの絵】を、

作業して見ていると、また一段とこのままでは、追われないと自己を戒め思うよ。

貧乏神がとりつくボクだけど、貧乏ついてもそれも神さま。カミタマンでしょ。

まあ、それはそれでいこう。さあ、どこまでもいくか、すべての自由のためさ。  出町光識



追記 漆の芸術祭スタッフの皆さん、お世話になりました。いや、またお世話になりますね。
    そして忙しいなか、現場に会いに来てくれた、漆作家の村上修一さん。
    漆の芸術祭に漆を出さないバカタレデマチ。心から、敬意と感謝です。


◇◆◇◆◇展覧会のお知らせ◇◆◇◆◇

f0230584_1334974.jpg

福島県立博物館 企画 【漆の芸術祭 東北へのエール】 
会期:2011年10月1日~11月23日まで
場所:福島県喜多方市 夢想館(元中学の廃校)

f0230584_13375632.jpg

神楽坂暮らす。グランドオープン
飯碗企画 「いただきます。」展
会期:10月5日(水)-23日(日)
■ 出品作家: 川島いずみ(埼玉) 川合孝知(九谷焼) 出町光識(笠間)中田誠(京都) 村上修一(会津 漆) 村上三和子(波佐見) 安見勇人(信楽)
神楽坂 暮らす。(KURASU GALLERY) 03-3235-7758  info@room-j.jp

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/

よろしければポッチポッチっとな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-10-12 22:14 | 展覧会(まつりごと)

福島放送のニュース放映は夕方からね。

f0230584_974033.jpg










【展示制作中のボクです。】

10月1日から11月23日まで、福島県会津若松と喜多方でおこなわれる、

福島県立博物館が企画する【漆の芸術祭 東北へのエール】。

今の福島の人たちの声を聞きにいくには、タイムリーな祭りである。

あえて展覧会でなく、祭り。 祭りとは亡き霊を偲び敬い、生きている自分たちとともに、

その祭りの最中だけは、派手やかに美しく、同じ次元に共存し、

魂の喜怒哀楽をシェアする。まさに【東北へのエール】は、

失われた命とともに鎮魂と再生という、そんな言い方がしっくりとくる祭り。


f0230584_9101839.jpg

祭りに参加させていただいたことと、祭りを立ち上げた学芸員さんたちと、

スタッフのみなさん思いには、とても誇りにおもいます。

すこしでも悲しみ、喜びに寄り添うという分かち合いを、福島とともに。


さてさて、本日夕方5時からKFB福島放送にて、【Jチャンネル】の地方版にニュースとして、

安藤桂子アナウンサーさんがリポート紹介していただけますよ。

福島県民の多くの?ファンのみなさん?、ぜひ見てみてね。

ちなみにこちらは、安藤さんのブログですよ。http://www.kfb.co.jp/ana/ando/2011/09/post_69.php

芸術祭こと、祭り!はじまるよ~~~!!  出町光識


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-29 09:04 | 映画・テレビ(寄り神)

おばけ風鈴

f0230584_3593926.jpg

毎年のことだが、小学校の総合授業で、焼き物を教えている。

夏休みである数日前にも、6年生の男の子たちが、アトリエに来た。

彼らは1999年生まれで、なかなか大変な環境の子たち。

ゆとり教育だの、学力が落ちただのいって、

授業編成のカリキュラムで、やらなくてはならないことが、激増しているのだ。


f0230584_471348.jpgf0230584_473226.jpg
f0230584_475070.jpg



大人に振り回されるのは、いつだって子どもだね。

なので、授業のない日。つまりは夏休みでも、うちに来たわけです。


f0230584_401799.jpg

さてさて、みんなとは、おばけ風鈴をつくりました。

紐つくりで風鈴本体は制作しました。女の子がいれば良いのだが、

今年は男の子だけだから、どうも雰囲気のまれ、面倒くさがるから。

紐つくりで時間をかけて、創作に向き合ってもらっうことに。


不器用、器用は関係はない。ただやるのだ。黙ってやるのだ。

ははは。ボクも彼らを振り回してますね。ふふふ。


f0230584_413090.jpg
f0230584_414878.jpg

でも、出来あがれば男の子。

お前のはヘタクソだの。自分のは1番良いとヘラズグチ。

カワイイ奴らだな。

今年は、ここ10年ほど教えてきた節目だろうか。

知った方のお孫も多いし、兄弟の弟もいる。うちの子までいる始末。。。。


もう秋とはいえ、みんなの家の軒先には、季節外れのおばけがいるね。   出町光識


~展覧会のお知らせ~
原始感覚芸術祭 http://primitive-sense-art.nishimarukan.com/about2011.html

2011年7月30日(土)- 8月29日(月)
参加作家
杉原信幸、淺井裕介、本郷毅史、蓮沼昌宏、青島左門、山形淑華、黒田将行、鈴木寅二啓之、西丸震哉、雪 雄子、吉増剛造、田口ランディ、タテタカコ 、やまなみ工房、出町光識、カムナ葦舟プロジェクト(石川仁)
キャロリン・ゼッター、キム・カンウー、カリーヌ・アルネオド、片山康夫、山田スイッチ、関根秀樹、田中基
香川大介、野草(イエツァオ)、いらはらみつみ、草間彌生(コレクション参加)、中西夏之(コレクション参加)
長井一馬、槙野文平、柏木圭、山上渡、平林昇+Y邸、IWA、スパン子×熊坂義人、舘友希江、虹の家プロジェクト、いたるセンター


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-08-28 03:50 | ワークショップ(儀式)

学童からの福島へのエール!

f0230584_16344823.jpg

本日午前中は、ある学童保育におじゃまして、アート寅さん、

福島への【さかなの絵プロジェクト】のワークショップ。

みんな夏休みだから、もうかなり怪獣になってまして~。

いや~、元気、元気。手を焼きましたよ。はい。

午後は家に戻り、バタンキュ~と、ボクは寝てしまった。ははは。


f0230584_16363580.jpg


ほら、描いた下書きってこんな感じで、海獣ならぬ、怪獣ね。

でも、みんなよく考えて、熱心に描いてましたよ。


f0230584_16404917.jpg







【先生ができあがったものから、
 窓に貼ってくれてました。
 簡単な観賞のはじまりですよ。】



冒頭、ボクは少しだけ福島の震災について、お話をしたのですが、

今回は対象の学年が高学年でも、4年生までなので、

あまり被災状況のつっ込んだ話はなかったけど、

茨城の子どもたちは、福島へと出かけることが割合あるので、

こちらの問いかけにも、『いわき知ってる!』 

『アクアマリンふくしまに行たことある~!』

『喜多方へ先週日曜日に行ったよ!美術館も~!』

それらについては、向き合いながら目を見て話してきました。



さあ、絵の方なんですがね。大騒ぎにドンチャンと描いたり、

魚の図鑑のみならず、なんだか違う本まで観ながら描いてる子もいました。

f0230584_16481775.jpg


そうだよな、なんでも君たちの栄養~~~。

それに脳みそ迷宮のグルグルジャングルだからね。



2時間も後半、ラスト30分。みんなが色鉛筆や絵の具を片づけるなかでも、黙々と集中。

有り難いよ。君はボロクソアーティストのボクのような輩が、

襟正すべき鏡ですな。ありがたや、ありがたや。

f0230584_16491385.jpg





『フワ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!』

そんだけ、集中すりゃ~~、疲れるわな。


f0230584_16582838.jpg


でも、家に帰ってからも、多くの下書きアイディアを描いてくれるって。

ありがたや、ありがたや。

よく写真を見たら、画面の左にある冷蔵庫に、震災で亡くなった方の数字?

紙に書いて貼ってありましたね。先生、ありがとうさんです。

今回のワークショップも、ふだんからの

環境あってのことと、こちらも、ありがたや、ありがたや。


f0230584_1725697.jpg


さああ、ほかにもまた、描いてくれるって。

できあがった他にも描きたいってさあ。

みんな!ありがたや、ありがたや!! 

みんなの思いは、福島へ届くよ。小さな声の大きなエール!  出町光識


追記 2時半過ぎの地震みんな大丈夫だった?怖かったね。http://tenki.jp/earthquake/detail-7667.html

**********************************
f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


★まだまだ、さかなの絵は募集だよ~~~~!!
http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-08-19 17:05 | ワークショップ(儀式)

NHK、ボクのニュース出演見られますよ

f0230584_6183772.jpg

下記のアドレスの7月20日版の福島ふるさとニュース版で、

南相馬でのワークショップ映像がみられます。19分頃です。

http://www.nhk.or.jp/fukushima/furusatonews/index.html

26日まで配信されているようです。是非ご覧になってください。

福島放送局のアナウンサー柏原愛理さんの取材です。

とても真剣なまなざしで、よく考えていらっしゃって、取材していましたよ。  出町光識


http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-07-23 06:17 | 映画・テレビ(寄り神)

さかなの絵とともに福島へのエール

f0230584_0441938.jpg

3.11の地震後まもなく、人の思いの揺れる動揺に、

魚の絵を描いて、みんなでアクアマリンふくしまさんや、

東北にエールを送ろうと、福島県立博物館の学芸員さんと芸術祭スタッフHさんと、

企画をすすめていまています。もうあれから状況も少しは進展

御存じの方もいるとは思いますが、アクアマリンふくしまも再開。

それでも福島はまだまだ一喜一憂する状態。


10月1日から会津若松と、喜多方でおこなわれる祭り。

『漆の芸術祭2011東北へのエール』。

ここで皆さんから送られてきた、さかなの絵はひとつのなって、

まずは展示されます。その後はアクアマリンさんへお渡します。


それでもまだまださかなの絵は募集いたしてます!!
f0230584_045039.jpg

アクアマリンさんで働く知人Kさんは、先の海の日の再オープンに、

あらためてオメデトウと応援メールを送ったところ、

ロッカーにボクの手紙を貼っていただいていてくれたようです。感激感謝。


みなさん、これからが福島へのエールはじまったばかり。

ぜひみなさんご参加くださいませ。待ってます。  出町光識

福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986


http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-07-23 00:45 | ワークショップ(儀式)

本日は小学校授業に行けないので。

総合的学習・アースクラブに参加するラッキーなみんなへ!

はじめまして、陶芸家の出町光識(でまちみつのり)です。
本日は東京での個展のため、小学校におじゃまできませんが、次回にはみんなに会えるのを楽しみにしています。

今年の6年生の授業に関われることで、真壁小学校では、9年目の総合学習を担当させていただくことになります。みんなの先輩や、なかにはお兄ちゃんにも教えたりしましたね。今回のみなさんは数えて、アースクラブ9期生ということになります。どうぞよろしくお願いします。

真壁には昔から焼き物(陶芸)の歴史があり、古くは山田焼(紫尾)や源法寺焼とよばれていた時代がありました。なぜ?焼き物がつくられるようになったかといえば、良い粘土が真壁ではとれるからです。

では、粘土はどのようにできあがったか知っていますか?
粘土があるのは宇宙でも、今は太陽系にある地球のみにあるといわれています。それは、土(粘土)や空気(酸素)、火があるのがこの地球だからです。そのなかでも粘土という素材は、太古の恐竜や生物の死がいや、太古の植物、それと石(たとえば、真壁みかげ石とかね)が、たまった水たまり(沼のような)のなかで風化していき、長い時間をかけて、粘土になります。
 これを聞くとわかると思うけど、みんながこれから総合授業で体験する粘土は、
地球の記憶がしみこんだ壮大なドラマがあったりするんだよ。さあさあ、粘土って、わくわく面白そうでしょ。

それにみんなが住んでいる地球自体が、大きなひとつの焼き物と考えてみてください。宇宙のかたすみで、星くずがぶつかり合って、大きなかたまりとなって、地球のもとができました。その後、地球の中心がマグマなどの高温の熱をもち、焼かれて冷えてかたまり、岩や石などができましたね。それはもともと熱くてドロドロなマグマみたいですから、やわらかな粘土のようなものですね。
まずは地球自体が焼き物なのです。みんなはその上で生活して、小学校で学んだり、遊んだりして暮らしていますね。だから、みんなの足元は、たとえば壺やお皿、湯呑みなどと同じだと感じれば、器に水を入れるように、地球も焼き物の器だから、海や湖のように水もためられたりする。さあ、こんな感じで、これからの授業を、頭も粘土のようにやわらかくしてイメージをひろげて、遊びながら学んでいきましょう。


~みんなの質問集~

Q 陶芸家という職業は何をしているの?

A 粘土をつかい、器である壺や皿、茶碗をつくって、窯(かま)で何時間も焼き、焼きしめてから、水などが入れられるようにして、それを食器や花器としてお客さんに販売します。そのほかにも、彫刻や人形もつくったりします。みなさんもご存知のタヌキの置物や、招き猫などもそのひとつですよ。あとは、売るだけではなく、世界中の美術館やギャラリーで個展や展覧会もしたりします。

Q 茨城県には真壁のほかに焼き物産地はありますか?

A 真壁焼(山田焼・源法寺焼)のほかに、笠間市にある笠間焼が全国的にも有名ですね。そのほかにも、良い粘土が北茨城市でとれることから、新たに天心焼と命名して、産業をはじめたところもありますよ。日本中に各県にこのような場所はいくつもあります。

Q 窯で焼くときは何度くらいで焼きますか?また、燃料は何ですか?

A 素焼きといって縄文土器などの焼あがる温度は、600℃~800℃くらい。これは真壁の植木鉢や土管などもこのくらいで焼かれています。しかしこれでは食器には使えないので、この後、1230℃~1250℃くらいで本焼きという温度で焼くのが、どの焼き物産地もおなじです。材料は木をつかった薪(まき)や、ガス、灯油、電気などがあります。うちは、灯油と電気の窯が3機ありますよ。見にきてください。

Q どのような道具をつかいますか?

A 粘土で形をつくるときには、ロクロという機械や、自分が木でつくった道具で、コテというもの。それから仕上げるときに針、皮、糸などもつかいます。あとは焼くときには、窯(かま)や温度計などもあります。でも1番つかうのは手ですね。

Q どこで焼き物を売っていますか?

A いちばん多いのは、東京などのデパートやギャラリーで個展をして販売します。多くの焼き物ファンの人が、そこに買い物にくるからです。そのほかにも観光地である、茨城県笠間市にある笠間焼のお店や、栃木県益子町にある益子焼のお店でも、器の注文をうけて販売します。
  
                    陶芸家 出町光識 2011.6.9


【アクアマリンふくしまにアートメールで、応援エールを!】
f0230584_12334764.jpghttp://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


人気ブログランキングへ


f0230584_15583841.jpg
第3回代官山 暮らす。個展
  ~出町光識 夏のうつわ~
    2011年6月9日(木)~28日(火)
    12:00-19:00  定休日 : 水曜日
    〒150-0033 
    東京都渋谷区猿楽町20-13 メゾン三景101
    TEL 03-3477-0723

*今回の個展では、父の日のギフト用に、
 お酒を楽しむうつわを中心に、
 呉須をほどこした新作にチャレンジ。
 夏を愉しむ涼しげな青と白のツートンカラーで
 遊びました。是非ご覧くださいませ。 

[PR]
by ubusuna-art | 2011-06-09 02:06 | ワークショップ(儀式)

リターン・オブ・会津保育園の陶看板

ジャ、ジャ、ジャックバウワーみたい。『24シーズン2』だよ、ボク、超ハードワーク。

f0230584_18145652.jpgf0230584_18151416.jpg


3.11大地震で大破してしまった、会津保育園の陶看板を再び制作開始。

前日3月10日には、会津若松にて、H園長先生と施工の打ち合わせしたのにもかかわらず。

予備を含む1300×400の陶看板2枚が、乾燥中に震災で、コッパミジンコ壊れたんだよね。

あまりにショックでブログにその後のこと、載せられなかったけど、


f0230584_1815467.jpg
f0230584_1816018.jpg
f0230584_18161454.jpg


シーズン2?パートⅡ?再びの0ゼロからの制作ですぞ。闘いは終わらんですな~。

はじまりまりましたよ。さあさあ。

f0230584_18172094.jpg


これぞ、格闘ならぬ、格陶技です。やるよ。徹夜だな。ははは。  出町光識


☆今、表参道で個展やってます。着てタモレ。f0230584_1123408.jpg

第3回 出町光識展
日時・2011月5月13日(金)~28日(土)【日・月曜日休廊】
時間・12:00~6:30 pm
場所・contemporary ceramic art Gallery TAO   
       渋谷区 神宮前 4-8-6 メープルハウスB1F
       TEL: 03-3403-3021  
     ☆アクセス 地下鉄「表参道」駅A2出口から徒歩3分



【アクアマリンふくしまにアートメールで、応援エールを!】
f0230584_12334764.jpghttp://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-05-19 18:17 | 創作(呪物)

さかなの絵をかきませんか?のチラシ。

福島県立博物館の企画でおこなわれる、
会津・漆の芸術祭 東北へのエール参加企画。

【さかなの海をつくろうプロジェクト】うぶすなアートメール2011の

チラシデザインの案ができました。子どもたちに呼びかけしていただける方で、

必要な方はお送りしますので、メールにて、問い合わせの希望をくださいませませ。  出町光識

f0230584_22424774.jpg


f0230584_910452.jpg☆アクアマリンふくしまを応援しよう。
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 東北へのエール参加企画

『さかなの海をつくろうプロジェクト』HPhttp://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/

↑ホームページからチラシをダウンロードで印刷できます。↑

出町光識オフシャルサイト オンラインショップ4月個展
f0230584_12503596.jpg
【桜の小物展】  target="_blank"> http://www.mitsunoridemachi.com/online-shop/


人気ブログランキングへ


[PR]
by ubusuna-art | 2011-04-24 22:51 | 美術館・博物館(神社)

アクアマリンふくしま応援企画!始動!

f0230584_196164.jpg
出町光識『さかなの海をつくろうプロジェクト』HPhttp://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/


本日は子どもたちに、アートによる支援参加募集のお知らせです。

みなさん、御存じの通りですが、アクアマリンふくしまは今回の大地震で被災しました。

そこで多くの子どもたちに、参加を求めるプロイジェクトをはじめます。


福島県いわき市に住む子どもたちや、福島県内に住む子どもたち。

そして今、日本全国の各地に一時避難した同県の子どもたち。

それからアクアマリンふくしまが、好きな関東近郊に住む子どもたち。

魚が泳ぐ水族館が大好きな日本各地にいる子どもたち。


現在アクアマリンで復興活動している多くのスタッフの皆さんに、

応援エールをアートメールとして、【さかなの絵】にたくしてを送りませんか。

今回の参加募集の企画には、アクアマリンふくしま と親交のある、

福島県立博物館が協力に立ちあがってくれました。

☆送付先
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986

☆参加条件
アクアマリンふくしまを応援したい気持ちのある、子どもたちなら誰でも自由に参加できます。

☆応募方法
官製はがき、もしくは同サイズの10 cm × 14.8 cmサイズの紙に、必ず紙は横書きにすること。
そのほかは画材は自由で、子どもたちの好きなように、たのしく魚の絵を描いてください。
魚はどんな種類でもかまいません。タイ、マグロ、サンマ、もちろんタコでも、カメでも、エビ、カニでもOK!
ただし、共通の条件として、描いた魚の下地バックは、ブルー系の水色か、青色で塗ってくださいね。
あとは、魚の絵に、アクアマリンへのメッセージなども記入してもらってもいいのかな。

☆送られてきた絵画展示に関して
子どもたちから送られてきた、たくさんの【さかなの絵】は、アクアマリンふくしまへの応援エールとして、
ひとつの大きな海の作品として、会津・漆の芸術祭2011の会場で展示いたします。
ただいま会場は調整です。ぜひ、各地にいる多くの子どもたちの参加をお待ちしています。


未来ある、そして未来が見える子どもたちによる、たのしい【さかなの絵】で、

福島県いわき市にある、アクアマリンをいっしょに支え合いましょう。

子どもにだからこそ、力持ちになってできることはあるんだよ。みんなつながってるんだよ。


全国の教員、先生方、図工の先生。美術の先生、親御さんのみなさんのご協力と、

ご参加の声がけを、よろしくお願いします。

【さかなの海をつくろうプロジェクト】へ、心よりお持ちしています。  出町光識



出町光識オフシャルサイト オンラインショップ4月個展
f0230584_12503596.jpg

【桜の小物展】  target="_blank"> http://www.mitsunoridemachi.com/online-shop/

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       



人気ブログランキングへ


[PR]
by ubusuna-art | 2011-04-22 19:14 | 創作(呪物)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧