奇跡の海、この世は狂人に満ち満ちて。

*このとこ日常是映画劇場の前振り長くて御免。本当にS市には頭きて赦せんので。。。

本日の映画は、【奇跡の海】、傑作ですよ。






前振り。(映画に無関係?)

障害者が何か問題を起こしそうであれば、あらかじめ排除すればいい。それが組織を守るための鉄則と叫ぶ。あくまで悪魔な組織。その多数派こそ常識人だと気取る元公務員は、オマケに元福祉課の職員。自分で障害者には詳しい福祉のプロだと言い放った。あんたは福祉のプロではなく、問題を起こさないよう務める、いやそれぐらいの能力しかない、斬り捨てプロだよ。もっといえば、組織論でコチラを煙に巻くが、身の保身しかない醜いロースポーク野郎。(飛べないただの豚さ。赤い豚。)この福祉のプロの豚さんは、嘱託職員となり、また組織のトップに上手いこと天下りした。これまで過去に繰り返したことを、今度はこちらにしたね。ゲスな豚野郎め。そしてその元上司に何もいえないが、S市無教養な無教育委員会障害学習課の花鳥と蚊蚊利蝶は、うなずきトリオならぬ、うなずきコンビ。ただただ、ものの哀れなく、血もなく、権力のある者が弱者を排除する。この世は多数派が勝者と歌い、多数派こそが常識人で、お前らのような個人はブタの糞だと、選民思想でこちらを見下す。そして鼻で笑い、こちらをキチガイの狂人に見たてるなら、あんた等もキチガイ組織の狂人だよ。力のあることは、けして常識でも、まともな思考であるとも限らない。あなたたちの職場が、教育委員会を名乗り、この茨城県教育委員会が教育立県の旗を掲げるなら、これは大きな問題である。こちらも組織に属さないキチガイとして、大いに戦う覚悟。


この前振りの駄文も映画と似ていたりする。映画とは弱者の文化だから。。。。ね。


さて本題、映画の話。。。
【ダンサー・イン・ザダーク】に引き続き、ラース・フォン・トリアー監督の映画を見た。

本当に天才なのだろな、この人は。そのように思わずにはいられない。

でも凄すぎるので、人に薦めるのはかなり難しいタイプ。まあ、だから天才なのだな。


この監督は、本当に少数派、あるいは個人を理解し、その生き方を描く。

たとえば、女性、移民、障害者などのマイノリティが、その生き方しかできない、

あるいは選ばないことに、優しさあるいは絶望の祝福をもって物語る。


そしてそういう人こそが、社会的な立場がなくとも、

常識人よりも生き物として強いことを知っている。愛されていることも知っている。



不幸の手紙みたいに伝説化をした【ダンサーインザダーク】。

観終わった後、誰かに伝えなければ、自分が不幸になる恐怖?あのような脅迫的な不幸感には、

気分が悪くなる人はたくさんいるのだろう。この映画も同じだ。

ただこの監督は、それほどまでに感覚をもってコチラに、狂気の凶器を胸に当ててくるのだ。

素晴らしい映画である。



ラストシーンに賛否が多いようだが、この映画をよく初めから見ていれば、

ラストにつながるシーンやエピソードが多く、自分には『そうきたか~。』とうなずける。

たとえばなんとも重苦しく、あるいは光の美しすぎる空の数々。

たとえば愛しい男が、ヘリコプターで空から来る、空へ帰る描写。

たとえばOOのないシケタ教会。例えばベスが棒きれで叩く金属音。。。。などなど。

たぶん彼女が処女を失ったとき、あるいは性行為したとき、胸の奥で鳴っちまったのかな。

詳しくはネタばれだから書かないけど。。。

あのラストシーンはありだと思う。(絵づら嘘臭さふくめ?)


ラース・フォン・トリアー監督は映画界に輝く、無視することのできない、まれな天才監督である。

この【奇跡の海】を1本見ても良くわかる。

そして主演のエミリー・ワトソンは、演技を超えて素晴らしい。



さてさて個人的なことが。。。

先に観た新藤兼人監督の【どぶ】、フェリーニ監督の【道】、そしてこの【奇跡の海】。

これに共通する女像。自分はそんな女性をひとり知っている。

それを思うと冒頭のS市から排除されても、自分は幸せなのだろう。

映画同様な愛すべき人がいるのだから。。。。   出町光識


ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
# by ubusuna-art | 2012-12-07 09:17 | 映画・テレビ(寄り神)

エイリアン3、観たけど、ヒッチコックに期待。

人と人とて、なかなか意思の疎通ははかれないものですな。

ましてやエイリアンともなればなおさら。オイ!空気読めよといっても、宇宙では空気もないしね。

まあ、オイラなんぞは、茨城に引っ越して来た身ですから、ある意味では、

現地人から見ればエイリアンなのかもしれないしね。マレビトであることは間違いない。


今年の苦渋ナンバー1の出来事で、(イマダニ、シンコウケイ!糞!)

S市をぼくがエイリアン?になって訪問して、おこなう予定にしていたアートプロジェクトを、

急遽、ひっくり返してサイコのアンソニーように気のふれた輩、

S市の無教養の無教育委員会のキチガイたち。本当にこの1年のコチラの情熱をズタズタにされた。

いつか、内臓から食いちぎってやるからね。S市無教育委員会!


まあ、馬鹿は放っておいて、本日ご紹介する【エイリアン3】(1992年)。

そんなこんなで、ほんじつはコレ!








実は大好きなデビット・フィンチャー監督なので、こちらは意識して再見したの。

昔に見たけど、今はどうかなって?でも、やはり傑作とはいえないかな。

見たもう一つの理由は、最近【プロメテウス】も見たのですけど、これも。。。。。


まあ、それでもフィンチャー監督の現在へと、つながる要素は多いですね。

この監督はやはり、ホラーでなく、スリラーとしての腕が高いのでしょう。

その読み違いは制作サイドの問題かしら。たとえばアルフレッド・ヒッチコック監督は、

ホラー作品はつくりませんでしたから。そのあたりの線引きかな。



そうそう、もうひとつ理由があったっけ。話題の新作映画【ヒッチコック】の予告編みたのです。

ぼくは現代のヒッチコック監督は、フィンチャー監督であると崇拝しているのです。

そんなで【エイリアン3】見たのですがね。。。。まあ、あとは若さと時代でしょうか。

ここら辺からするとSF映画のレベルってかなり、今は飛躍したのだなとも感じました。

まあ、エイリアンは置いといて。(御免!フィンチャー監督!新作に期待しています!)



今話題の予告編。




サーシャ・ガヴァシ監督作品。これは劇場で観たいな。

ヒッチコックこそ、すべての創作の手本なり。

情熱なく働くふりの輩は、とっとと死んでおくれ!バイバイチャ~ン! 出町光識


オマケ このS市の輩は市議会で、ある議員さんから追求の一般質問されました。とても長い質疑に、
相変わらずの揃いもっ揃って輩は頓珍漢。マヌケ三人衆だな。興味がある方は、ぜひS市の議事録をご覧くださいませ。

ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
# by ubusuna-art | 2012-12-06 14:41 | 映画・テレビ(寄り神)

パンズ・ラビリンス、あんな怖い顔のパンに会いたくないね。

このところDVDレンタルで観た映画が多くたまってしまい、少々書くのが面倒に、ご勘弁。

友人と電話で話すもブログは?と、尋ねられる始末。なので久しぶりに、書くといたしましよう。



人はだれでも夢を持って生きる。そこで生きる!生きろ!死ぬな!そのような極限状態なら、

なさら困難な現実の辛さから夢を見るのか?それとも人は想像する動物ゆえ希望に生きたいのか?

それとも自己逃避?あるいは真実とは、そもそも感覚の感じた心の比重によって、

本当の世界観が決まるのでしょうか?


今回紹介する映画の主人公ほどにはおよびませんが、自分も今は季節がら鬱とはいいませんが、

気分もいまひとつで、現実の辛さにおいても砂を噛む思いでいる。。。

たとえば、あるS市教育委員会の公務員たちの低い認識と、無能ゆえの目にあまる横暴さ。

あれだけ想像力がない人。いや、目に見えない思いやりなど、想像できない動物公務員もいるね。



さて、冗談はさておいて、日常是映画劇場は、2週間ほど前に見た、【パンズ・ラビリンス】。

2006年のメキシコ・スペイン・アメリカ合作作品。

第79回アカデミー撮影賞・アカデミー美術賞・アカデミーメイクアップ賞受賞作。








何を間違ったが、ツタヤで数ヶ月前に1度借りたものを、また借りてしまった。

あらためて鑑賞すると、以前見たときよりも、かなり良い作品であった。

以前に見たときは、こちらがファンタジーの路線を勝手イメージしたものと、

ギャップがかなり大きく違ったため、その暗さと残酷描写に受け入れ態勢がなかった。

しかし再見すると、これは抜群のバランスで、かなり良い作品だ。



内戦のスペインに生きる少女。彼女の現実と幻想がみごとに交じり合っているお話なのだ。

古き昔に少女が住んでいたという?その世界へ戻るための試練だと、謎の道先案内のパンが語る。

パンというのは、神話に登場する牧羊神。そいつの顔はむろん悪魔にも見えるのだが。。。


試練は三つ。一つ目は、大きな枯れ木の根元に居座り、その根を腐らせる大カエルの退治。

二つ目は、長いテーブルに座る、のっぺらぼうの奇妙な怪物の美味しそうな晩餐の誘惑。

三つ目は、ある義父の血をもつ赤ん坊との向き合い。それらの試練を少女は超えられるのか???


そんな彼女のを描くダーク・ファンタジーは痛いシーンも多いですが、お薦めの映画です。

現実と幻想は、まさに積極的逃避なのかもしれません。   出町光識

ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
# by ubusuna-art | 2012-12-06 03:58 | 映画・テレビ(寄り神)

ザリガニ描くカメとザリガニおかん。

友人の息子であるK吉くんの描いたザリガニの絵画が、

水戸にある県民文化センターでの児童絵画展で展示された。

ザリガニK吉とそのザリガニ母さんは、車に乗り込み水戸にお出かけ。微笑ましい。


それでも母さんの1日とは誰もが忙しいもの。

介護をしている親のデイケアから帰宅する時間に間に合わそうと、

ザリガニ母さんは慌てていた。それでもザリガニK吉は、

本日のガンバッタご褒美とばかりに、下妻イオンジャスコに寄りたいと騒ぐ。

どこの母さんも息子には無条件に優しいものだ。よかったねK吉!


母さんとふたりの思い出である記憶は、ザリガニK吉は一生の宝にするのだろう。

心の底の引き出しに、いつでも出せる記憶は、きっとあるとき勇気百倍なのだ。

お母さんとはいいね。K吉、おめでとう!ザリガニマッカチンだな!ははは

ところで、ザリガニ父ちゃんどこいってんだ~。なあ。


ザリガニファミリ―と呑んで朝帰りにて候。K吉の寝顔カワイカッタ。

安心して寝ている子ども顔は、格別の酒の肴だったよ。またね。  出町光識


ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


◆展覧会のおしらせ◆
カレーの器展 11月15日(木)~12月5日(水)
(ギャラリー玄海)東京都新宿区新宿5-16-3 マルイメンズ館1F ℡03-3352-3105 http://www.genkai.co.jp/shop/gallery/index.htm
カレー皿を改めて探してみると、種類の少なさに気がつきます。カレーの為の器を、9名の陶芸家が精魂込めて造りました。 稲垣美穂・井畑勝江・金憲鎬・小沼寛・高尾葉子・竹内晴美・出町光識・波多野祥子・藤原ひろ子

[PR]
# by ubusuna-art | 2012-12-02 09:14 | 日常(現世)

2匹の馬鹿猿。

どうやら、少年英は熱をだしたらしい。親馬鹿だが心配である。。。相変わらず馬鹿な猿だ。

少年美は元気そうだ。それはそれで馬鹿は風邪ひかないか。。。。さて、


彼らは新たな環境にいき8カ月。そこで揺れながら慣れている様子。

順応しながら己を構築する日々。

目の前にある人、モノ、コトのすべてに、

自己の術である以下の3つの物差しをあてている。


①自身とは何か?

②自身の世界とは?

③自身のこれまでの経験とは?



少年美の発言で驚かされたことがある。

11歳の子供も、たしかに心はもっている。大人以上に感覚も豊かだ。

それでも経験の少なさゆえに、3本毛の足りない猿に近いことは、

ゆうまでもない。ウッキッキーだ。ざまあみろ!


見えないものへの想像するのが曖昧で、まだ、ものごとを創造にしにくいのだろう。

それが猿と人の差だ。人は見えないものまで想像し補う。思いを寄せる。

それが進化の兆しというのだろう。


でも、少年美の発言は、180度も変ったものだけに、困惑した。(ある意味では嬉しい)

さきがけくんの少年美らしい。それは少年英という兄も、

のんびりゆっくりさんだが変化はボチボチある。


それらを見ると親とてオチオチはして負けてはいられない。

新たな環境のなかで、変化や成長したいぞ!こちらだってな!



悔しくも先に、猿な奴らに環境でかわるという、動物の本能を教わったようだ。

ぼくも、もう少し知にはたらくのではなく、感覚でものごとへ向き合い、生きたい。

二匹の猿はそのように無意識ながら、ぼくを煽り、勇気づける。


もしかすると、遠距離に離れた、今だからこそ、そのように互いに育むモノもあるのか。

小癪なサルめ! 忌々しい。まあ、頼もしいともいうのだが。。。。  出町光識




ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


◆展覧会のおしらせ◆
カレーの器展 11月15日(木)~12月5日(水)
(ギャラリー玄海)東京都新宿区新宿5-16-3 マルイメンズ館1F ℡03-3352-3105 http://www.genkai.co.jp/shop/gallery/index.htm
カレー皿を改めて探してみると、種類の少なさに気がつきます。カレーの為の器を、9名の陶芸家が精魂込めて造りました。 稲垣美穂・井畑勝江・金憲鎬・小沼寛・高尾葉子・竹内晴美・出町光識・波多野祥子・藤原ひろ子

[PR]
# by ubusuna-art | 2012-12-01 13:57 | 日常(現世)

にごりえに明治の風情感じやした。

本日の日常是映画劇場は、1953年の今井正監督の【にごりえ】。

原作は樋口一葉さんです。ぼくは原作は読んだことはありませんが、

あまりに有名なお話と女流作者ですから、何かとテレビでは関連したものを、

見かけたことはあります。一番印象に残っているのは、


【魔法使いサリー】のなかでの【たけくらべ】。


魔法使いは、小説を読むとその世界に入り込んでしまうので、

お父さんお母さんから禁じられていましたが、サリーちゃんは読んでしまい、

美登利になってしまうのです。あの儚いムード。。。同世代の方には記憶に多い方も多いはず。




さて、本題のこの映画のお話。やはり美しい作品でありました。良い時代の日本映画です。

オムニバス形式なのですが、俳優陣は文学座の協力もあり、演技もみごとなのですが、

ぼくは何といっても、素晴らしきは映画セット。美術の凄さを感じてなりませんね。

美術は、平川透徹さんという方で、見事に明治を再現なさっています。

今では、あのような風情はCGといえどもだせないでしょう。それを見事にしっとりと、

フィルムに焼きつけたのは、撮影の中尾駿一郎さん。

とくに十三夜の東京にあがる月と、主人公たちの悲しみと儚さは、目を見張ります。



おそらくこのような映画も、セットも、撮影も、

今の日本映画ではできないのでしょうね。それでけでも観る価値はありまっせ。  出町光識  



ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


◆展覧会のおしらせ◆
カレーの器展 11月15日(木)~12月5日(水)
(ギャラリー玄海)東京都新宿区新宿5-16-3 マルイメンズ館1F ℡03-3352-3105 http://www.genkai.co.jp/shop/gallery/index.htm
カレー皿を改めて探してみると、種類の少なさに気がつきます。カレーの為の器を、9名の陶芸家が精魂込めて造りました。 稲垣美穂・井畑勝江・金憲鎬・小沼寛・高尾葉子・竹内晴美・出町光識・波多野祥子・藤原ひろ子

[PR]
# by ubusuna-art | 2012-11-29 09:28 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

人気ジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧