<   2011年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

役者ならマズイもの食わねば。

煙突男さんからのコメントにあった、近頃のキレイすぎる役者の顔から、脱線話ね。

時代劇をささえる役者がいないよね。キレイなお顔で、グルメ番組で美味いもの食べて、

チョンマゲカツラかぶっちゃ、もうNHK大河ドラマぐらいしかでれないものねぇ。


ボクの好きな役者、昭和の顔役者といえば、砂塚秀夫さん。この方に尽きる。

実にツラがいい、普通のようでフツーでない。このひとの右には誰もいない。

それないほどのナンバー1なのだ。

(褒めすぎかもしれないが、砂塚さんに彼にかなう役者なら、怪演小沢昭一さんくらいかな。)


f0230584_7103793.jpg


ほらほら、演じさせたい役がこれほど浮かぶ、役者として信頼できる人もいないね。

このツラから、また妙に抑揚リズムがある話ぷりが心地よい。

味な脇役は抜群で、三枚目からチンピラ悪党、ふまじめ教師など、もうたまらない。

どことなく、水木しげるさんのマンガにでてくる顔かもな。赤塚マンガでもいい。

バカボンパパのバカ田大学の同級生にいそうだよな。あああ、好きな昭和顔ナンバー1だな。



他にもツラのいい役者では、いうまでもなく、伊藤雄之助さん。

これは失礼ながら、人間の顔ではなく、モウ~、牛である。ははは。


f0230584_7204298.jpg

たぶん岡本喜八監督の映画【ああ、爆弾】かな?そんなシーンあったな。

これまた大好きな役者さん。役者とはこういう顔でなくてはいけないね。



ほかにだって、悪役ツラでは東野英二郎さんも、忘れられない。


f0230584_7312333.jpg


悪い顔だからこそ、水戸黄門という諸国漫遊にはあのお方、その後は、

西村晃さんぐらいしか、演じられなかったね。

なんだか茨城県としては、イメージアップにはよい黄門キャラクターだから、

ドラマ打ち切りのTBSに嘆願書をだしたらしいけど。。。もう悪役ツラがいなくては、

黄門さまはできないよね。今なら誰なんでしょうね。。。

だいたい最近の役者さんも死ぬまで、悪党でいたくない人多いからな。


西田敏行さんではあたり前すぎるので、悪党ツラといえば、

さきほどの伊藤さんのお弟子さん 大地康雄さんはいかがでしょう。

和製ジャックニコルソンの笑い顔ってことで。。。。

黄門さん、これまたなんだか悪くて、脂ぎってていいかも。カカカカッ。


まあ、ヤワラカイ歯ごたえのない、美味いモノばかり食べて、

エステしてるような役者じゃ。これからのハイビジョン時代なおさらに、

イタイイタイ時代劇や、ナンダカ昭和モノドラマみせるんだろうな。


ここであげた、砂塚秀夫さん、小沢昭一さん、伊藤雄之助さん、

東野英二郎さん、西村晃さん、大地康雄さん、西田敏行さんは味わいがあるかな。


あああ、そうだスーさんこと、三国連太郎さんは、老いた猫のような顔になりましたね。

もうひと花。往年の含みのある悪いツラを見せていただきたい。

個人的にはそのように切望します。(三国さん、戦争のシナリオ書いたのかな??)



映画はどうしたって、第1にシナリオ。第2に演出。

そしてそれらをこえた役者魂。この3つ。生き方が顔に刻まれた役者さん、大事ですよね。

このままじゃ、時代劇の侍どころか、農民すら演じれる人が消えていきます。

皆さん、役者さんはマズくてカタイモノを食べましょう。  なんて勝手な言い草お粗末。  出町光識
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-30 08:00 | 映画・テレビ(寄り神)

さがわはるな展にいきました。

f0230584_19435766.jpg


笠間にある、笠間工芸の丘へ【森のおはなし・さがわはるな展】を見にお散歩。

いやいや、この広い会場を個展でやるとは、オソルベシ。


f0230584_1944325.jpg

やはり4人のお子さんポン、ポン、ポン、ポンって、ドッコイオカアチャンはスゴイ。

子ども育てて、モノをつくって、父ちゃんみての炊事洗濯家事オヤジ。

生活もバリバリしてるから、作るモノもハッスル、ホイだよな。

女は強いな。カナイマセン。。。よ。ひ弱なボクちゃん。。。。ははは



オサルなお皿と、四角四面な小皿の2枚を買い求めました。

あああ、写真はありません。スミマセン。



えっと、さがわさんは、このブログも読んでいていただいてる、

自称?ボクのファン?のようでしてね。本人いわく、ボクのブログのなかで、

気にとめた言霊、皿に書いちゃいました~って具合だそうです。イイデスイイデス。

OKOKO!こちとら言われても、すっかり忘れていて、

あああ。そうなのって感じ。よくよく読むと、そうかも。。。。イイカゲンナなボク。



なので、その皿、責任もって購入しようかなと思いましたが、

自分の書いた詩で飯を食っては、なんだか食あたりか、

毒毒がまわりそうなので、止めにいたしました。ははは。

こんな皿でした。勝手コラボでイイ感じです。


f0230584_19514337.jpg


【森羅万象・宇宙に存在する あるありとあらゆるに 目をむけ観察し
        人の心、その根っこにあるモノについて考える。
        そして間違っていても良いから かならず自分の答えを出す。】

ボク、こんなのいつ書いたんでしょうな。恥ずかしいですよ。。。


そしてこんなのもありましたぁ~。

f0230584_19581188.jpg


【タンサイボウの分裂のススメ】(これ深いよな~)

そんな感じで、笠間焼の、さがわさんから楽しませていただきました。

いや、勉強させていただきました。 いや、セツモード、オソルベシだな。ははは  出町光識

 
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-29 20:09 | 道具(九十九神)

福島放送のニュース放映は夕方からね。

f0230584_974033.jpg










【展示制作中のボクです。】

10月1日から11月23日まで、福島県会津若松と喜多方でおこなわれる、

福島県立博物館が企画する【漆の芸術祭 東北へのエール】。

今の福島の人たちの声を聞きにいくには、タイムリーな祭りである。

あえて展覧会でなく、祭り。 祭りとは亡き霊を偲び敬い、生きている自分たちとともに、

その祭りの最中だけは、派手やかに美しく、同じ次元に共存し、

魂の喜怒哀楽をシェアする。まさに【東北へのエール】は、

失われた命とともに鎮魂と再生という、そんな言い方がしっくりとくる祭り。


f0230584_9101839.jpg

祭りに参加させていただいたことと、祭りを立ち上げた学芸員さんたちと、

スタッフのみなさん思いには、とても誇りにおもいます。

すこしでも悲しみ、喜びに寄り添うという分かち合いを、福島とともに。


さてさて、本日夕方5時からKFB福島放送にて、【Jチャンネル】の地方版にニュースとして、

安藤桂子アナウンサーさんがリポート紹介していただけますよ。

福島県民の多くの?ファンのみなさん?、ぜひ見てみてね。

ちなみにこちらは、安藤さんのブログですよ。http://www.kfb.co.jp/ana/ando/2011/09/post_69.php

芸術祭こと、祭り!はじまるよ~~~!!  出町光識


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-29 09:04 | 映画・テレビ(寄り神)

おいおい若僧くん、アウトローって。



友人のブログを読んでいたら、西部劇映画【ヤングガン(1988)】について、

のたまわっていた。おいおい、このションベンたれをビリー・ザ・キッド?

けして、アウトロー??って呼んではいけないぞ。これは青春群像映画であって、

西部劇じゃないよ。ちみ~。そんなに荒野は甘くないよん。ははは 青いぞ、青いぞ、藍染くん。


じつは西部劇大々好きなボク。だいぶ、物凄くウルサイよ。

本日はアウトローってことで、本格西部劇なスタージェス監督や、ホークス監督の作品は、

あえて語らないが。。。もちろん、フォード監督もね。




さて、西部のアウトローが主人公っていって、数あるなかで、一番最初に思い出すのはこれかな。

【荒野のストレンジャー(1973)】 これはスゴイ映画ですよ。

以下のサイトから、オープニングからラストまで、すべて見れますよ。

http://youtu.be/eFIQ6QdxdTA

今でこそ、泣く子もだまる大監督のクリント・イーストウッさんですが、

この作品を見たときに、ドえらい監督が誕生するぞって、興奮で震え、確信したもんな。

この傍若無人なアウトロー。(身勝手なアメリカ人?って感じ。)

世間では暗い、ジメジメ、意味不明と評価の意見が分かれるところですが、

これこそアウトローですよ。人をこえた存在でしょ。 藍染君、見てみて頂戴ね。

コワイよコワイよ。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。 お粗末   出町光識

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


f0230584_8222847.jpg

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-29 01:16 | 映画・テレビ(寄り神)

売るるん。ジュースをぐびぐびホイホイ。

疲れた。などというと怒られるかな。。。。道楽もらくじゃないよね。

まああ、自業自得の極道稼業かしらね。本日は夜中からのうつわの窯詰め、

本焼き窯焚き。陶芸家稼業なり。ハッスル、ハッスル、ハッスル、ホイ!


午後1時半からは、【元気なアートコラボラボ】の実行委員会の会議。

午前中は早朝から資料つくりだったな。道楽稼業はお気楽稼業でないのだ。

ハッスル、ハッスル、ハッスル、ホイ!


そんでもって、朝の日課である、メールチェックの返信は、いまだ数件。。。

終わってない。。。。。よよよ。ゴメン祭。 無視でございませんよ。。。とほほ。


それでロクロも尺の大皿の仕上げと、湯のみを新たにひいたよね。

おおお、陶芸家だな。とにもかくにも、あわただしく忙しいな。貧乏暇なしねん。

ハッスル、ホイ! 良い意味で生きのびているボクなんだろうな。感謝だ、マイケルホイ。



さてさて、毎度長い枕話。では本文ですなあ。【元気なアートコラボラボ】会議で、

いばらきデザインセレクション2011の知事選定に選ばれたという報告も、

実行委員さんたちにしました。それは協力いただいているアーティストさんとの、

ワークショップの時間も有意義だが、ボクの根幹には、障害のあるみんなにも、

ザクザクとお金を稼いでほしいのよ~。え、不純?いえいえ。


人は誰でもどこかしらで、嫌いでも働くという、割りきった単純作業でも良いのですが。

何かしらの個人の能力や魅力あるのなら、ぜひとも仕事で活かしたいもの。

それはそれで仕事は、一生楽しいのだからね。


だって彼ら利用者さんが、自動販売機などで、ジュースを嬉しそうに買うのよ。

自分で作業し得たお金。つかいたいんだよね。あの人間らしい欲をかくという、喜びのイイ顔。

そんな幸せな姿を見たら誰だって、お前らみんな、もっと自由に稼ごうぜ!って言いたくなるもん。


そのうえ、こっちがあまりに物欲しいそうに指くわえて?見みえるのか?

オゴルとかいいだす始末。。。。

おいおい、こちとら貧乏でも、自分で飲む分は稼げるぞい!武士は食わねどイカの金玉だい。


まああ、みんなが描く絵。みんなが作るもの。なんとか売れるようにしたいな。

知事選定様さまで、参りましょうぜい。(ボクお調子もんだな。ははは)

みんなと協働コラボ!みんなと幸せシェアなり。成金、銭ゲバで何でもコイ!

ぶわ~とハッスル、ホイと参りましょう。   出町光識




オマケは、ヒトシでハッスルホイ!とクレージーですよん。



f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


f0230584_8222847.jpg

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-28 20:01 | 日常(現世)

折元立身さん。

f0230584_1305470.jpg









【足にクマをつける。
 韓国・光州にて】


え~っと。あまりブログに名前をださないようにしていますので、

秘密のお付き合い?タダならぬ関係かしら?ほほほ。

御存じの方もいるかもしれませんが、

この数年お付き合いさせていただいている折元立身さん。

以下から情報が発信されてますよって告知です。

興味のある方はどうそ。

まずはfacebookが、こちら。

http://www.facebook.com/profile.php?id=100001321371494&sk=info

そしてmixiが、こちら。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=174733


ますます、はりきる。ココロの師匠ですよ。  出町光識


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


f0230584_8222847.jpg

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-28 01:34 | 人形(寄り代)

その男、すれちがうばかり。(佐藤行衛)

韓国・光州では、レコーディング先にもかかわらず、

出会うことができず。。。。。

日本では、福島、東京の交互にすれ違い。

その男、佐藤行衛さん。カッコよすぎるミュージシャンなり。

この映像、怪獣大進撃だよん。




Yukie SATO MMAC Festival in TOKYO 2011パフォーマンス

東京・日暮里のヒグレにて。 会いたいね。   出町光識


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-27 16:59 | 音楽・観劇(神楽)

はっちゃくを育む先生

【あばれはっちゃくシリーズ(1979~1985)】で、先生役を演じていた、

晩年の日活俳優だった山内賢さんが、9月24日にお亡くなりになった。合掌。



あばれはっちゃくが、『ヒラメイタ!』とばかりに、何かと問題をおこすと、

それをいつでも温かく見守り、喧嘩などの仲裁にはいるのが、

山内さん演じる先生の見せ場。

教え子である、はっちゃく長太郎が暴れれば、暴れるほどに先生の存在は、

わき役だが重要なところ。このドラマでは長太郎を囲む大人は、

父、母、先生が、代表だったからな。


はっちゃくの父・長治の東野英心さん演じる、

『このぉバッキッヤロー! (ケリ飛ばす)
 てめぇの馬鹿さ加減にはなぁ、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ』

と言うのが新鮮に今でも耳に残るし、

母・和子の久里千春さんの方は、

『あんたの馬鹿さ加減には、母ちゃん情けなくて涙も出てこないわ』、というから笑える。

さて、山内さんの演じる先生は、まずは『ちょうたろう~~~。』という戸惑う声も同じだね。


ボクらの世代には御存じテレビ朝日の人気子どもドラマ番組。(なかでも初代が好みかな)

演じる長太郎にも毎話ごとに、ライバルは出てくるものの、

本当の意味でライバルだったのは、いうまでもなく、

あのTBSの怪物ドラマ【ケンちゃんシリーズ】だね。双方は裏方ではかなり意識をしていた。

良い子のケンちゃんに対して、ガキ大将の長太郎だものね。


シナリオを運びも同様に、それぞれ子どもたちのあいだに問題がおきるが、

答えの出し方がキャラクターにおいて、あたり前だが違うのだ。

しかし晩年は両者ともに似てくる。。。社会意識というヤツかな。


ケンちゃんの方は、子どもたちのあいだから、あんな良い子ぶりっ子は嫌い。

支柱率低下。

長太郎の方は、あの悪ガキさをPTAなど親を声を意識し、はっちゃけず、

『父ちゃん』から『父さん』の呼び名にかわるなど記憶する。

これとて視聴率低下。


これは、日本映画学校時代(現・日本映画大学)に、

クラス担任だった、【ケンちゃんシリーズ】の脚本家 富田義朗先生から話にきいた。

なにせ、ボクら富田クラスといえば、当時難関だった映画学校でも、

優秀なA・B・Cの合格者からはずれた、何か捨てがたい可能性?Z合格という、

奇妙な連中枠を受け持つものだから、はっちゃく、ダメ男、問題児のオンパレード???。

そう、富田先生がいってましたよ。ははは
(今村昌平こと今平塾とされた、横浜映像放送専門学校からの伝統らしい。。。)


だから何の因果か、【ケンちゃんシリーズ】の富田先生が、

【はっちゃくシリーズ】の先生役の山内さんを、現実で引き受けたカタチという、

不思議なかんじ。。。。 まあ、先生って本来そんなもんでしょ。

カタブツな目上の大人でもなく、同等な子どもでもない見守る人。

だから聖職という不思議な存在だったのかもしれないね。。。。勝手ないいぐさ。




さてさて、今でも、あのアニメソングの女王である、堀江美都子さんの歌を聞くと、

『父ちゃん、懐かしく涙でてくらぁ~~!!!』

俳優 山内賢さん、そして先生という役に、あらためて合掌。   出町光識


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-27 07:44 | 映画・テレビ(寄り神)

筑波山、親鸞、洋菓子にハマる男。

ボクというテレビっ子の、地デジなし生活という試み中だが、

そんな折の東京新聞連載中の五木寛之さんの【親鸞】は、

生活リズムのために欠かせない。


今月は作品制作の都合や、何かと遠方へ行かなくてはいけない状況で、

韓国、福島、山梨と出張先ということも多かったので、

新聞を読めないとストレスが多かった。(たかが新聞ということ勿れ。)


帰宅後には、ゆっくりと旅の垢をながし、湯船につかり、

新聞を読みあさる。なんとも極楽、極楽、という贅沢者。


先日など、連載中にある、親鸞さんがあれだけ悩み、

宇都宮家からの稲田草案を足踏みしていたくだり。

住んでいた小島からの見事な、筑波山が見えなくなるという、

寂しい心境わかるだけにうなづけた。

なぜなら、ボクのアトリエからも、借景 筑波山は大したものですからね。




チャプン。。。(湯船で。)

旅からもどると、近所のおいちゃんであるような親鸞さんが、

『あれれ、もう、いつのまにか稲田行っちゃったんだ。。。。』


あああ、出ていってしまったのかと寂しい。もうひとついえば、

我が家の心境も、この筑波山が見れなくなってしまうくだりは、重い。




そういえば出張などで、茨城名物の手土産は難しく、いつでも困る。

筑波山の美しさでも、持っていければいいがそうはいかない。


先日も東京に住む、病いである義父のお見舞いにと、

つくばにある、パティスリー マグノリアさんの【チコロール】を、

もとめてかえったのだが、実に美味かった。。。レ、レ、レ。

アワワワ、お見舞いボクが食べてどうすんだ。ははは。



ここいらでは、筑波山と親鸞、あるいは、マグノリアの洋菓子は、

遠くにいても、良さに想いはせるほど、格別な深みがあるものなり。  出町光識




追伸*マグノリアさんのご主人が、ブログのこと読んでくれてたらしく、
『産土美のヒト?。。。はじめまして。。。』といわれオドロイタ&ウレシイ。
定休日なのに、快くチコロールわけていただき、
お話によると休業だが、海外のお客様への注文があり、
仕込みをしていたらしい。店を休ませたくないほど、
きっとここのお客さんたちは、舌が肥えていたファンが多いのだろう。
うなづけますよ。ありがとうございました、そして美味しかったな。ごちそうさま。


洋菓子ということで、関係はないが【甘い生活】がオマケね。


f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-26 03:38 | 食べもの(お供え)

八柱神社、三世代の集い。

9月25日、三世代の集い。

ボクの住む地域にある八柱神社で、親子三世代があつまり、

新米おにぎり、BBQ、焼きそば、トン汁、カラオケ、踊りの、

恒例の収穫祭のようなもの?かな。


f0230584_14321353.jpg


八柱神社が建てられたのは890年。

明治に近隣の八柱を合祀して改称された。もともとは寺だったらしく、

本殿は天明年間(1781年~89年)の建築とされ、四面すべての隅々まで、

豪華絢爛な彫刻装飾で埋め尽くされている。


1785年に彫られたものというから、飢饉のころに塙世村で、

日光東照宮の職人を雇いむかえ入れ、日光様式の影響で華美になったとされる。


保存状態はあまりよくはないが、極彩色の華、鳥、象、龍、麒麟などが彫られ、

養老の滝の親孝行の教え、師弟の学問教えなどの彫刻や、

そのほかには闘犬、獅子舞、魚とり、相撲などの四季の行事も彫ってある。

これらは昔に、親が子どもに知恵を教えるためにつかわれたという。

千年を生きるという麒麟を囲む人物たちの、板画の装飾彫刻もあり、

繁栄の祈りの深さをも知ることができる。


今年は数日前の台風15号の影響があり、

同じ地区からこれない人が多くでることに。。。。。




数日前のブログにも書きましたが、台風15号が竜巻になったというのは、

どうやら街路風という名称らしく、風力が倍々になり風圧が強くなるそうです。
(例えば、風力30キロメートルでは、90とかね。)


うちの前あたりから、塙世の旧道沿いを約500メートルぐらいにかけて、

すべての家ではありませんが、ひどいところなどは、

爆撃にでもあったようなありさまで、瓦や屋根が吹き飛び、

窓や雨戸をつき破ったり、各家々の壁に無数の穴もあいっていた。

お気のどくなかぎりですが、ありさまは地震以上ともいえます。

テレビなどで紹介されなかったのが、不思議な感じ。


村の鎮守の集まりと自然災害。田舎の共同体を感じる日。

さて、祭りの準備や、俺流の焼きそばつくり、ボクもしましたよ。ツカレタ。   出町光識  



なんとなくオマケは、フェリーニ監督の【アマルコルド(1974)】

そんな村の集いでしたよん。




f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/

http://www.mitsunoridemachi.com/home/さかなの海をつくろうプロジェクト/
福島県立博物館 会津・漆の芸術祭2011 【さかなの海をつくろう係】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-09-25 14:41 | 民俗風土(産土神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧