<   2011年 03月 ( 53 )   > この月の画像一覧

見えない恐れ

義理の父親が震災後まもなく、築地市場近くにある、

国立がんセンターで、緊急手術を終えているので、

見舞いへと東京にいく。


震災地ではないが、ここでも多くの人が闘っていたな。

見えない不安のなかで、癌と向き合う患者さん。

そして共に闘う絆の家族があることは、

高い高いビルのエレベーターに、箱詰めされれば、すぐに感じる。




その後。。。。

夜道を歩き、頭上を眺めると、東京で見える星は、

数も少なければ、瞬きの力が弱く小さい。

最初にやっと見つけたのが小熊座で、寂しげに一匹いた。

ぼくの住んでいる茨城の町は、東京から100キロ圏だが、

とても星空が美しい場所で、いつも見なれている星が見えないのは、

なんだか怖い気がした。


見えないことは、不安で怖いんだな。

癌も、星もそうだし、それから原発からの放射線もまた同じだね。

そこにあるのだろうだが、見えない怖さ。


東京にいる数日過ごした場所では、計画停電はなかったけど、

電灯の明るさだって、今はちがうけど、東京からは見えていない場所、

福島の原発でも電気は作られ、承知のとおり、送られてきていた。


日常を当たり前の平穏豊かに生きてはいるが、

見えない部分には、危険もリスクもあるということかな。

今だから、あるいはこれからの日本の状況で、感じることは大きいかもね。


でも、見えないことが恐ろしいなんていうのが、

オチというお話しではなく、見えないというより、これまで当たり前すぎてしまい、

見えなくなってしまった、贅沢の豊かづけや、危機感のなざが怖いのだと思う。

この分岐点で、見ようとせず、どう進むかではマズイな。想像しなくては。


戦後敗戦による日本各地での焼け跡。

広島や長崎での原子爆弾での被害。

それらを乗り越えて、日本を豊かに復興したバイタリティある先人。

ぼくらも恥ずかしくは生きられないもんな。

見えない先のことだと未来を恐れず信じ、

心のなかでは夢と、自分のできることを見つめよう。  出町光識

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       



人気ブログランキングへ


[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-31 22:33 | 日常(現世)

鬼さん、どちら。

こんなときなので、なかなか平常心でいられない。

みんな同じ、傷ついているんだろうと思う。

これまでどうように、モノなどつくれない今のぼく。

ロクロにのって、うつわを作れる気持ちになれない。


テレビに映し出される地震、津波、原発、

予想以上の被害がある震災地、避難生活をする人々の映像、

ネットの放射能の情報のなかで。。。。

いろんなことがあまりにあって、

戦争経験のない平和ボケしてるだろう、ぼくらの世代は、

本当の意味で、はじめて傷つき、気づいているのかな。


昨日も、仕事で自動車で移動した、茨城県桜川から栃木県益子、

その後は、茨城県つくばへ、そして千葉県柏。

どこにでも被災した家が点々とひろがる。

壁や塀。なかでもとくに屋根瓦。焼き物屋だから、

無残無念に割れてしまうのが、気にかかるのかな。


昔から、どれだけ整然と並ぶ屋根が、天災や戦争で、

壊れてきたのだろう。そのたび元に戻すために、

職人さんたちは、土を掘り、土をこね、瓦をつくり、焼き、

瓦をふきなおし復興、復旧してきたんだろうな。



アトリエで、うつわをつくる気がないので、こんなの遊びでつくりました。

どこの屋根にも、住まなくなった鬼瓦。。。じゃなくて、

これは鬼さんだけど。なんとなくね、久しぶりに集中できる作業だな。

f0230584_18575037.jpg


どこの屋根にも、いつのころからか、厄介払いになった鬼さん。

鬼はもちろん、身近な神さまのひとり。

人の魔除け、そして厄を払ってくれる。守護神の鬼は、

屋根にあがって家を守り、そこに住む人や家族をも守っている。


祈りと遊びがなくなったのが、今の文明なのかな。

それともぼくの心かな。   出町光識


Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       


人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-27 21:49 | 創作(呪物)

游工房へいってきました。

午前中は栃木県益子に、急用ができて出かけました。

仕事場にいても、ここ数日? いや、2週間?

気分がだいぶ滅入っていたので、アトリエ脱出だ!

テレビに、パソコン、人は情報だけでは、息がつまるんだな。

きっと。そうだ。生き抜く情報も大切だけど、

生きている実感がほしいんだな。チガウカ。。。ははは


それでも、被災地である茨城県の笠間のように、

栃木県の益子も、同じように陶芸家は地震の被害にあい、

ここ益子でも、またまた、気分の落ち込み。。。。



そうだ。午後もだいぶ過ぎたが、これから自分の、

個展会場である千葉県柏に行こう!と、自動車を飛ばす。


会場には、初日からこれまでに、こんなかでも応援見舞いに、

多くの方が来られ、本当にうれしいです!!!!!!!!!!!!!!!

ありがとうございます。


f0230584_03306.jpg

オマケに本日、お客さんと話ができて、

なんだか、ささくれだった気分も、ちょっと和む。

生きてることって、単純に人と笑うことが必要だね。

特に、とくにね、単細胞なオイラにゃ、必要、必要。

馬鹿もおだてりゃ、なんとやら。おいら、木にのぼりますよ。

まだまだ、地震後に物をつくるには、気持はリハビリ中な感じだが。

それでも、キニノボル~~~~!  出町光識


追記 個展会場にはオーナーさんが手書きで、ブログのメッセージを書いておいてくれました!大感謝!

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       


人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-26 23:54 | 展覧会(まつりごと)

被爆でないけど、被曝してました。

ぼくが小学生のころ、なんどもなんども学校では、教育の一部としての映画鑑賞会では、

広島や長崎をテーマにした児童映画で、戦争による被爆する恐怖を考えさせられました。

学級文庫には、マンガ【はだしのゲン】がならび、主人公のゲンの髪の抜け落ちたハゲ頭や、

原爆での広島の人々ようすの描写に、恐ろしさに目が釘付けになりました。

授業時間では、先生から日本が戦争や、原水爆による被害を将来にうける可能性があるか、

全員に手をあげさせ、賛否を問う授業してきました。

これは同世代の昭和30年、40年代の子どもたちなら、

おなじような授業はあったろうし、教室の風景のように思います。




昨日は乳児には、東京の水の飲料することで内部被曝する可能性があり、

ミルクや飲料をひかえるように、水道局が異常値検出後1日たってから、発表がありました。

(現在は埼玉県川口でも同様の発表がありました。川口には、実家があります。)

正直、みなさん心配はつのりますね。テレビでは乳幼児以外は、

とくに影響がないと連呼しますが、数字苦手な自分がいうのも、

どうかとは思いますが、頭が悪い自分が、微量でも放射線が加算量すれば、

やはり心配ですね。それに東京でこれですから、


茨城のここ桜川では霞ヶ浦の水から、飲料水をとっています。

どうのようなんでしょうか?かといってこの地域に、

乳幼児がいないわけではないのですが。。。。


そしてテレビの会見では【ただちに】、【微量】、【人体に影響ない】など、

多くの言葉がでてきますが、判断はこちら、当人が決めろというように聞えてきます。

【暫定数値】という今回の事態で決めた数値のようです。つまりは急場。


微量でも、わずかでも、人体に影響がなくとも、

どちらにしても、ぼくたちは2010年3月に被曝ということでしょうか。

天然に存在する放射線からも、人は被曝していて、自然被曝というそうですが、

今回は天然ではなく、数量や数値が低くとも、原発被曝です。

別に、恐怖をあおるわけでもなく、これは事実ですよね。



昨日午後に、東京友人から電話。原発放射能にかんして、電話があり、

判断材料をする資料をメールで送っていただきました。本当にありがとうございます。

News for the People in Japan http://www.news-pj.net/index.html

全国の放射能濃度一覧 http://atmc.jp/

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,0&msa=0&msid=208563616382231148377.00049e573a435697c55e5&ll=28.921631,153.017578&spn=40.233413,67.324219&z=4

みなさんにも念のために情報として張っておきます。

判断はそれぞれでしましょう。。


その夕方には、地域行政の友人が、

『福島原発の放射能を理解する ~物理と工学の見地~
  Ben Monreal 教授 カルフォルニア大学サンタバーバラ校 物理学科

という、資料を持ってきてくれた。


子どものころに学校で見た映画や、読んだ【はだしのゲン】は、

まだどこか他人事だったのかな。

もちろん、あれほどのドラマの状況下ではないけどね。

少しであれ、微量であれ、今回の被曝したのかなと感じています。

まさか、こんなふうに被曝することが、現実になるとは、

小学生の頃は、未来を深く考えていませんでした。  出町光識

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       


人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-24 18:00 | 日常(現世)

火事場泥棒

この事態でも、毎日ブログを書いていることを、多くの方からこちら状況もわかるし、(みなさんからはそちら)
昨日のように突然ぽっかり空けてしまってすみません。ご心配かけました。実は昨日中にも日々同様、書いてあったのですが、少し政治ネタで、そのようなことはあまり語りたくなかったので、非公開にとどめていました。
その文に一部つけたし、アップしておきます。


火事場泥棒ということばがある。このような非常事態でも、

当初は世界から、冷静沈着な日本人と賛美されてましたが、

震災見舞い募金詐欺や、物資、金銭略奪などもいくつか起きているらしい。

どろぼうさんが多いので、みなさん気をつけましょう。




テレビで見たあの涙。。。東京消防庁ハイパーレスキュー隊の隊長さん。

いうまでもなく、ぼくなんかより精神的に強い人の涙。

ほほをふるわせ無言だが、何を訴えているのだろうと、気になっていた。


政治家なんかのこと、ここで語りたくもないが。


最近、テレビでイイ格好したい行動や、漁夫の利的な考えが目につき、

本当に嫌ある。

滅私奉公なら、国のため、民衆の主権のため、というあなたがたにあり、

立場からいって、力を持つ人が、弱い者につかうのは、

恐怖政治というのですよ。もしくは強制労働かな。


火事場で盗みを働かなくとも、そのような状況で自己利益を得ようと思うのは、

火事場泥棒とおなじですよ。どろぼうさん。


募金する高校生を殴って、『誰の許可得て、商売してんじゃ~、ワレ~』と

おなじだな。政局がらみみで、テレビに出ている、どろぼうさんにも、

気をつけなければいけないように思います。おそまつ。    出町光識



以下、本日の追記。

国難であると、あれだけ会見でいったのだから、日本という国のトップとして、

自らの言葉で毎日でも、国民に話したいことないのかな。本当に困ったカンチャンだね。

まあ、いそがしいのかな。それとも寝てるのかな。いやいや今後の野党との国会運営を考えてるのかな。

イヤミかな。語るに落ちるからやめっぺな。

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend      


人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-24 11:58 | 日常(現世)

パブリック・イマジネーション

数日前のこと、用心に怯えながら過ごしていた部屋から、久しぶりに遠出をしたとき、

流れる車窓の景色を見つめる息子が、『花がサイテイル。花はアカルイね。』と喜んでいいました。

ぼくの忘れかけていた心は、ゆるみます。春でしたね。

友人、知人からのメールや、ブログコメント、電話にも、同じようなことを感じて、

ぼくの気持ちはゆるみます。


 

ぼくは、ぼくというひとりのそんざいで、

できてはいないようです。

あなたというひとや、あなたというひとたちの

ちかく、とおくにかぎらず、

ことばや、いのちともにあり、

くみあわさっているようにおもわれます。

だれかのことをそうぞうしたり、

だれかといっしょとそうぞうする。

そうぞうりょくとは、こじんのみにつかう、

ちからとはかぎらないものなのでしょうね。

はなしたこともない、みしらぬあなたさえ、

すれちがうとき、いっしょうがいあわなくとも、

ぼくというそんざいのいちぶなのです。

そうぞうりょくをおおくにひろげることを、

おもいやりとでもいうのでしょうか。





こんなことに、もの思いにふけっているのですから、あまりアトリエでの仕事は進んでいませ~ん。

怠け者です。そろそろ本気に働かなくてはいけません。でも、労働戦士に変身すると、

なかなかこんなことも考えられなくなくなり、それはそれで問題なんだけどね。

バランス、バランス。インプットが多すぎてアウトプット機能不全。。。正直。  出町光識


Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       出町光識



人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-21 19:31 | 創作(呪物)

本日も茨城産の野菜食べます

先ほど地元無農薬農家Sさんへ、野菜代金を支払いにいくと、

しばらく仕事を休むことにしたそうです。

みなさん御存じの通り、茨城農家さんはあのホウレンソウ報道に、

ヤキモキしたはず。


このような同じ状況で、地震後に飲み水や野菜などで、

手助けしてくれたに、心苦しいです。無力です。

春の野菜の種まきはするそうですが、各家庭に集配するのは、

いるかいらないかを集配するお客さんに聞くのが、できないので。。。

自ら決めたそうです。


帰りにまた野菜をいただきました。代金を払いにいったのに、

ツブシテしまうからと。。。ありがとうございます。


買いだめパニックや、給油パニックのような、

茨城産の野菜の風ふょう被害だけは、さけましょう。

今晩は、野菜なべのスープだ。 がんばろう!いばらき!

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       出町光識



人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-20 17:34 | 日常(現世)

3枚のお札

いわきに住むアーティストは、逃げない覚悟を決めましたと、

地震後日にメールをいただきました。


東京に住むアーティストは、お見舞いの電話のむこうで、

言葉を失っている様子でした。


元スタッフのはアーティストは、地震直後の行動に、

自身を責めています。


みんなが何かをつくる人ですが、そのまえに同じ弱いひとです。

そしてこんな物や心が壊れたなかでも、何かをつくろうとしていると思います。



地震前の3月8日、朝のテレビ番組【特ダネ】で、

パキスタンからの女性留学生が、日本の今を見てまわるという、

VTR取材があった。その様子には彼女たちの羨ましさと、戸惑いを映していた。

最後に発展途上国の彼女たちが、日本よりも誇れる事として、3つあげていた。


1【お年寄りを敬う】

2【家族の絆】

3【社会的団結心】


ぼくは手元にあった何かの請求に、走り書きのメモをした。


おそらく彼女たちも、日本どこかで、地震よる現状を見守っているのかな。

この言霊は、ぼくにとって3枚のお札だ。 

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       出町光識



人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-20 08:07 | 日常(現世)

茨城で生きています

東京での諸事情もまずはひと段落。茨城に戻ることにしました。

自動車にはまだ、茨城に帰るだけのガソリンはある。

家族の生活圏は茨城だし、焼き物屋という、きわめて厄介な仕事は、

窯、道具類や機材がいるので、いたしかたない。


道々には、臨時休業のガソリンスタンドが多い。仮に営業していも、

ガソリンスタンドは長い長い行列や、会員のみ、お得意身内のみだろうガソリンスタンド。

それでも茨城にもどる。人の行動とはそんなものだろう。


道すがらの気分転換になるだろうと、好きな下妻ジャスコ(イオン)に立ち寄る。

駐車場にはいると、半分以上は閉鎖され使えない。

建物の外壁も、ほんのわずかだが破損していた。ビックリ。

外食でもしていく算段にしていたが、甘かった。


本日から営業の張り紙。。。店内も薄暗く、専門店街は閉鎖。

スーパーの陳列棚には商品はすくなく、商品エリアも規制線が張られていた。

一週間たってもこんななのかな。愕然。

たった1日間とチョッとで、東京なれした自分の感覚。。。。


店内をウロウロ歩くが、とくに買いたいものも見つからず。。。。それでも、

ワゴンに並べられた、地震の被害で崩れた汚れたワインが、

すべてが300円、500円の見切り特売。赤3本、白1本を計4本ほど選んで購入。

(おおお、ノンベ―にもどりたいぞい!心がさけぶ!)

それからなおも、地震の被害で、ホワイトデーをいきそびれたプレゼント商品も特売、

なかからベルギーチョコをみつけて購入。100円、200円、300円だ。

今は必要なものでないのだけど、そんなモノを買いもとめるのも、気持ちの息抜き。

こんなときこそ、息抜きは必要だよね。

それにしても茨城はまだまだ、たいへんだな。


それから、店内の入口には、疲労した人たちが並んでいた。たぶん中国のひとたちだろうか。

公衆電話に並び、故郷に電話したり、順番を待っている。みんな疲れている。

日本に来て、この状況に不安は大きいだろう。それでも声一つ、自分はかけられない。。。無能者。


イオンで外食はできないから、道路をはさんだCOCO壱番さんをみつけて、カレーを食べる。

カレーも元気になる。ポークカレー大盛りに完熟トマトトッピング。満足。



やっと我が家。ボロイながらもオイラの城だ。

運転に疲れるが、アトリエで作業をする。。。。素焼きに釉薬掛け。


しばらくすると、テレビから枝野官房長官の記者会見がながれた。

茨城県のホウレンソウ、福島県の牛乳に原発の影響がでてしまったらしい。


気持ちが悪くなり、仕事を中断。。。


先日の地震直後に、近所の無農薬野菜の集配してくれる農家Sさんが、

今はホウレンソウしかないと、震災見舞いに無料でくだってくれただけに、もう言葉を失う。

あああ、まだまだ、いろんな困難があるんだ、きっと。。。。


そう思いながら、休憩後仕事再開。

すると、また余震がおきた大きな地鳴りとともに、茨城県で震度5強。

まけないよ!こんなことじゃ!

Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend       出町光識



人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-19 20:50 | 日常(現世)

まな板の鯉

昨日は東京の諸事情。

ビルディング15階からみえる風景。


f0230584_7445585.jpg


足元にひろがる地上では、

築地市場で魚がさばかれて、

このビルの8階では、人が手術をうける。

15階になんとかやっと入院。数日後手術。

(いろいろあって、だいぶ待たされたようでした。)


ビルよりも高い雲の上にはいきたくないと、

人は生きたいと、あがく。   出町光識


(*身内はもう高齢ですから、ことがことだけに覚悟はあります。)


Never give up Japan
Never give up Michinoku
Never give up Fukushima
Never give up Ibaraki
Never give up Friend  



人気ブログランキングへ



[PR]
by ubusuna-art | 2011-03-19 07:41 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧