<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

河童と御神木

昨日は早朝から新作99シリーズを作りはじめた。

おお、調子がでてきたぞ!もう少し作りたいな~と、

f0230584_704219.jpg

やっと手先が欲がでてきたところですが、

韓国から数日前にきた元スッタフHさんが、

本日には帰国するということで、

1日お付き合いで、合羽橋界隈と仲見世、浅草寺といく。


f0230584_754153.jpg


横丁を覗くと、ほほ~、ここからも当然ながら

スカイツリーが見えるのだと、何だかうれしくなる。


関東人なら誰でも、押し並べてそうかもしれないが、

富士山や東京タワーが見れるだけで、

なんとも得した気持ちになり、幸せになる。

それと同じことかな。その姿はまさに御神木。


はじめは聞き慣れない名前に、何だかな~と思ったが、

今となれば、スカイツリーとは結構良い名前かもしれないと、

思ったりした。漢字で書くと空樹?こうかしら??


さて韓国人のHさんには、合羽橋の由来の話をした。

もちろんあの河童さんの説のほうである。

曹源寺という通称は、かっぱ寺があり、

合羽屋喜八さんという人が、この付近でよく洪水がおきることで、

私財を投げ出して河川の工事をしたときに、

夜になると隅田川の河童が手伝ったという由来の説を語った。


Hさんはクリスチャンだら、『何それ~、物語でしょ』と言い出したが、

日本はね、神々の国だからと妖かした。


Hさんにとっては、Godはひとつなのだが、

ここ島国では八百万のGodsなのだよ。フフフと言い返した。


それから、この合羽橋に売っている道具だって、

100年も時が経てば、みんな九十九神になるんだよ。

鍋も、茶碗もと続ける。


ますます頭が混乱するHさんに、

そんな話をすると、面白いと興味深く聞いていた。


その後は浅草六区あたりで、小さな店に入り食事をしようと、

カウンターごしに並びながら、注文したラーメンを前にして、

目を閉じて神様に感謝の祈りを捧げるHさんと、

ラーメンどんぶりに手を合わせ、いただきますと感謝するオイラ。


まったくもって、世の中は違って面白い。  出町光識


オマケ。。。ひとり帰り道に押上駅に下車して、東京スカイツリーを見る。

f0230584_759947.jpg


これをはじめに壊す怪獣はどんな奴だろうと、

馬鹿なもの思い耽る。ガタンゴトントと電車に揺られた帰宅時、

車内の中づり広告に、コーヒー飲料の宣伝の刷りものに、

松井秀喜選手とゴジラの姿があった。やはりゴジラかな。


応援のぽっちぽっち。
人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-03-30 07:59 | 散歩(遊行僧)

成駒屋!金門五山桐

f0230584_1172367.jpg


27日は母親が見ていらっしゃいと、

手渡されたチケットで、三宅坂へと歌舞伎にいく。

国立劇場前では桜が咲き、時期もじき、

3月27日~4月4日までの、さくらまつりも開かれていた。


f0230584_118185.jpg







【小松乙女 上野公園にあった桜】

f0230584_1235430.jpg








【神代曙 神代植物園からきた桜】


今演目は、【通し狂言 金門五山桐-石川五右衛門】で、

3代目中村橋之助さん演じる石川五右衛門の劇中のセリフでないが、

『絶景かな、絶景かな。春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。

この五右衛門の目からは、値万両、万々両。。。。』という

桜の咲きも同じ具合だから、なお艶やかに見えたかもしれない。



上演内容といえば、こんな例えでは怒られるかな?

歌舞伎を見ない方にも分かりやすくいえば、

まるで宮崎駿アニメといったような歌舞伎で、

五右衛門つづら抜け宙づりや、

南禅寺山門での五右衛門と真柴久吉の天地の見得、

抜け道である地下の洞窟と、天と地に派手に展開する。


上へ下へと舞台は、立体感あふれる豪華絢爛ぶり。

もちろんそこに荒事や、滑稽な楯の芝居があるし、

どことなく餅屋での静寂した場面でも、

宮崎さんの演出を感じる。(もちろん鷹も)


まあ、多かれ少なかれ映画というのは、

エンタ―テーメントであれば、豪華さと様式美のようなものだからね。

歌舞伎に近くなるのだなと、改めて昔によく見た映画たちを、

劇中に思い出して懐かしくなった。


客席からは動く錦絵のような橋之助さんの石川五右衛門へ、

掛け声も、『成駒屋!』 『三代目!』のほかにも、

『かっこいい!』などとあがっていましたよ。


オイラは花粉症がシンドイなかでの上京でしたが、

絶景かな、絶景かな。まさしく万々両の春の日でしたね。


さて上演後、国立劇場前では、

バスも見得をきって見えるから不思議ですね。  出町光識

f0230584_1333196.jpg


応援のぽっちぽっち。
人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-03-28 01:21 | 音楽・観劇(神楽)

卒業先生

春なのでこのブログどうように、

あちこちでもお引っ越しがもあるようで、

知人Sさんがある勤務先から、

この春に卒業して、再び中学校勤務へと、

お戻りになるようです。

卒業するのは生徒だけでもなく、

先生とてそうなのですよね。

Sさんとは同じ歳ということもあり、

とてもお世話になってしまい、

頭があがりませんよ。

オイラとしては少しさびしいけど、

卒業した生徒さんたちから、

慕われている姿をよく見かけただけに、

学校という現場でイキイキ活躍することを、

心から願っております。

Sさんのその役割は、土地での子ども(産子)を守る、

産土神なのだと思っています。    出町光識


追記 やっぱり先生っていいよですよね。

f0230584_0534632.jpg





(記事にまったく関係ないカッパの整列)


応援のぽっちぽっち。
人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-03-27 00:29 | 日常(現世)

潮風

f0230584_951847.jpg 


  
福島県いわき市にあるアクアマリンふくしまに行きました。

この水族館は、施設環境や研究取り組みの素晴らしさから、

地域のみならず名の知れた施設です。



なぜ行ったかといえば、

5月16日にある【アクアマリン・潮風アート茶会】という

アートイベント企画の打ち合わせです。


福島県立博物館のK学芸員さんのお誘いで、

港の食堂で魚を食べましょうということでしたが、

道に迷って?、遅くなってしまい。。。。とほほ。


あげくに美味しそうなカレイ煮付定食は品切れ、

かわりに、サバ焼き定食をいただきました。

出だしからとんだつまづきの1日のはじまりでしたよ。



f0230584_9242133.jpg



f0230584_9221696.jpg

それでも打ち合わせは終了。

魚でなくとも、オイラの方が、口がパクパクの日でした。

あああ、酸素がほしい。。。。ははは    出町光識


応援のぽっちぽっち。
人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2010-03-26 09:11 | 展覧会(まつりごと)

お引っ越し

深夜のお引っ越しです。

夜逃げではありませんよ。ははは。


長い間お付き合いをしていただき、

泥声人語を読まれているみなさま、

このたびご要望にお応えして、

BLOG【泥声人語】を http://sbblog.exblog.jp/

出町光識の陶芸BLOGとして
 
陶芸や器の焼き物専用にリニューアルいたします。


これまでの美術やワークショップ、

障害者さんとのアートなお付き合い、

近所の小学校や子どもたちとの粘土遊びなど、

独?毒?今宵のつぶやき、心揺れとブレは、

こちら美術BLOG専用 【うぶすなアートラボ(仮)】http://ubusuna.exblog.jp/

書き込みしたいとおもっています。


今後とも変わり者で裏稼業な出町の一面は、

こちらでお楽しみくださいませ。よろしくお願いいたします。  出町光識
[PR]
by ubusuna-art | 2010-03-26 05:48


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧