カテゴリ:食べもの(お供え)( 44 )

鎌田さんのスイーツと秋の味

10月9日は、岩瀬小学校での総合学習授業。作業所に通う障害のある人と6年生の、
交流ワークショップの最終日。校長先生、担任の先生をはじめ、20人の生徒さん、
作業所の13人の皆さんには、講師として本当にお世話になりました。


さて~なので!ぼくの方は疲れた脳と身体には、お酒でなく。。。スイーツだ!とばかりに、

自分へのご褒美で、つくばにあるパティスリー マグノリアさんへ、GO!





いや、正直いってマグノリアの鎌田さんのケーキは神です。本当に美味しい。


今回は新登場のこのふたつ購入。(新しモノ好き、ミーハーなぼく?)


f0230584_18132140.jpg


【クレーム・ブリュレ】390円

こちらはフランスでのプリン原形らしいです。

何といっても表面から中身へと味わいが変わっていくのが通ですな。

鎌田さん!なかにはカモンベールチーズをいれるとは流石です。

豊潤で濃厚に仕上げてくれましたから、スプーンを持つ手が小躍りいたします。

しかも、自然とこの味にトコトン包まれたいことから、手の動きもスローな感じになるのは、

ぼくだけではないはず。鎌田さんのスイーツでは、中身の味わいの深さに、

どれもがメロメロになります。これ、太鼓判なスイーツですよ。

皆さん、つくばへ買い物に出かけましょう!



f0230584_18133522.jpg


そしてこちらは、【黒糖ロール】900円

チコロール(チョコ)ロールケーキ(クリーム)との女三姉妹になりますね。(個人的意見デス。)

もちろん末っ子ですから、沖縄産黒糖の甘みがきいて、何ともスポンジ生地が良い感じ。

甘さのパンチのあるところが末っ子の味?それでも鎌田さんの風味ですから、

もちろん優しい感じ。チョッチュネ!第一、マグノリアさんでのこのスポンジ生地で、

はじめてロールケーキとは生地で食するのだ!と気づかされましたからね。

チコロール(次女?)同様にお薦めですよ!

さらに、クリームのなかには大納言鹿の子の、おまめさん。絶妙の硬さと歯ごたえ!これも神。

唸りますよ、鎌ヤン!!! つくばのマグノリアへ行くしかないね!


オーナー鎌田さんは、甘さや味わいのソフトさ、舌へのざらつき、歯ごたえなど、

ひとつのケーキに封じ込めてくれますから、巧みなほどに繊細かつ大胆。

そのところが何とも、ぼくのスイーツ趣味に火をつけますね。


なので、好物のお酒を我慢してもマグノリアのケーキは止められない、止まらない。

そしてロールケーキなどは、1日目と2日目に分けて食べれば、また味わいの深みも変わります。

これってシングルモルトのウイスキーを呑むに似ているかな。


昨日今日とスイーツのある生活に、この上ない幸せを感じていますよ。

このように豊潤(芳醇)さ、濃厚さを感じるのも、秋ならでは。

夏にはケーキではなく、ゼリーやジェラートとか少しさっぱり系の甘みですが、

秋から冬にかけては、秋の夜長のように深く、沁みわたる奥底のある味が最高!

ケーキもまた、芸術の秋なのかしらね。 深い~! 出町光識



ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


~器展の告知~
◆出町光識うつわ展 ギャラリー昨明
 10月3日~14日 福島県いわき市田人町南大平川平35−4 TEL 0246-69-2390
 震災後になって、はじめての福島での展覧会になります。ぼくの茨城でも災害を受けました。あれから作品は大きく変わり、色彩が豊かなものを作っています。お近くの方は是非お出かけください。


~展覧会の告知~
開催企画:小名浜国際環境芸術祭
開催場所:環境水族館アクアマリンふくしま(福島県いわき市) 
開催期間:2012年9月15日(土)~11月11日(日)
*2003年に開催されてから今回で9回目。キッズアート展での関連企画で、
ぼくと福島県立博物館の連携で実行した、震災後に福島県内外(世界中)の、
子どもたちから寄せられた、アクアマリンへの応援する魚の絵メッセージカードを、
2012再構成展示しました。ご協力してくれた子どもたちありがとう!

他にも大漁旗デザイン展や地球環境の保全、海洋資源の持続可能な利用をテーマとした、
芸術作品を展示されます。 ぜひ福島へお出かけください。

[PR]
by ubusuna-art | 2012-10-10 18:49 | 食べもの(お供え)

季節のケーキ、ブランフルーヴ。

23日は少年英(A)の誕生日。

幼少な頃から、いっしょに手作りケーキをこしらえるのが、我が家の誕生日ケーキの伝統。

とはいってもロールケーキやスポンジ生地に、生クリームも既製品を買って塗り、

そこに季節の果物と、子どもの選んだお菓子をトッピングしたという、工作みたいなもの。

けして料理やケーキ作りとはいえないね。


今回の誕生日のケーキは我が家の伝統を放棄。なぜって?


知人Iさんが、新たにケーキ屋さんを横浜青葉台で独立し、はじめましたからね。

だから誕生日のケーキは前もって、パティスリー ブランフルーヴで予約。


ブランフルーヴ(白河出身だからね)は、お店のほうは開店して9日ばかりと、まだ新しい。

それでも青葉区で1番おいしいケーキ屋さん!といってしまおう。ははは


f0230584_19394531.jpg



【こちらはお店外観。】



雨ざーざーの開店まもなく時間であったが、すでにお客さんが。。。

ドアを開けて店内にはいると、ケーキの入っているショーケースがなんともほど良い大きさ。

店舗に上手い具合におさまっている。少々小さめであるが、そこがまた見やすくていいのだ。


f0230584_1940753.jpg


そこに並ぶ可憐で可愛いケーキたちは、Iさんのどれもが自信作で、美味しそう。

f0230584_19403425.jpgf0230584_19404730.jpg

f0230584_19411386.jpgf0230584_19412498.jpg


見てすぐわかったのは季節の食材へのこだわり。だからこの季節にイチゴのショートケーキはない。

たとえば、季節の果物が葡萄だから、ブドウのショートケーキが並び、

フルーツタルトも同じように、こだわる葡萄がぎっしり。

和食でなくと、日本人のおもてなしや、しつらいは季節感といえる。


f0230584_1942510.jpg


今の季節ご自慢のモンブランだって、栗にもこだわっている。

だからケーキの外側にある黄金色のニョロニョロクリームだって、本当の栗の味がする。

モンブランはひとつ600円だが、オススメですからご賞味あれ!

きっとこれも秋だけのお楽しみなはず。。。


そしてぼくが、どれほど食いしん坊でも、ブランフルーヴのケーキをすべては、

一気には食べられないから。おいおい、季節ごとに楽しむようにしようかな。


そして何よりも、Iさんのつくるケーキは、まじめな味がした。

まじめな味とは、安心安全の食材選定と旨味の厳選、菓子作りの工程には手抜きなし、

そのこだわりが優しいケーキをつくっている。

だから、ほかで食するケーキ屋のケーキとは、ひと味違う。

優しさの味はきっと女性好みなのはず。いやらしい香料の強さや、

正体不明な材料の混ざりものがないから、下品な尖り方がでなく品が良いのだ。


まじめだけがものごとで良いとはいわないが、まじめということは、

きっと自分に嘘がつけない正直な人なのだろうとあらためて思った。

だから、自信を持ってIさんは店を構えてケーキを並べ、お客さんを待っている。



自分の職業になぞらせても、【何か作ることは、真面目しかない。手抜きは見破られる。】

そのように自戒をいだいたよ。




神奈川県横浜市青葉区鴨志田560-5-105TEL 045-532-3457


ぜひ、お近くの人は横浜青葉区にある、ブランフルーヴにいき、

その味を確かめるといいだろう。既成品の洋菓子や工場のケーキでは感じられない、

優しさや味をきっと感じるだろう。食も、アートも優しさ以外に味はない。

優しさとは、きっと誰かに本当の何かを伝えたいことなのかも知れない。

ブランフルーヴへ、いつでも立ち寄れる横浜市青葉区の甘党の人は、幸せである。  出町光識



応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


~展覧会の告知~
開催企画:小名浜国際環境芸術祭
開催場所:環境水族館アクアマリンふくしま(福島県いわき市) 
開催期間:2012年9月15日(土)~11月11日(日)
*2003年に開催されてから今回で9回目。キッズアート展での関連企画で、
ぼくと福島県立博物館の連携で実行した、震災後に福島県内外(世界中)の、
子どもたちから寄せられた、アクアマリンへの応援する魚の絵メッセージカードを、
2012再構成展示しました。ご協力してくれた子どもたちありがとう!

他にも大漁旗デザイン展や地球環境の保全、海洋資源の持続可能な利用をテーマとした、
芸術作品を展示されます。 ぜひ福島へお出かけください。

[PR]
by ubusuna-art | 2012-09-24 19:54 | 食べもの(お供え)

福島県出身のケーキ職人の店。

友人といっていいだろう。福島県出身のケーキ職人Iさんが、

このたび新百合ヶ丘にある名店 リリエンベルグから独立する。(ご存じ、美味しんぼの漫画)


新しい店舗の場所は、横浜市青葉区。

本当は2011年3月12日の原発事故さえなければ、独立計画の予定通りに、

出身地の田舎にもどり、お店をだすはずだった。

あの時の嬉しそうな様子の笑顔は、今でも忘れない。


新幹線が通る駅前に、店舗物件の契約まで不動産屋さんとしていた。

しかし、この福島の状況に、悩みに悩んだ結果。

奥様、2人の子供さんの家族ともども、今の住居に残る決断をした。



そして9月16日にオープンするお店の名を、【ブランフルーヴ】と名付けた。


男涙が出たよ。

【ブラン】は白。【フルーヴ】は、河。

つまりは出身の白河である。男というのはそういうものだろう。

このような気持ちのある、ケーキ職人Iさんがつくる洋菓子。美味しいのは決まっている。

どんなとこでも、福島で生まれて育った魂は、必ず咲くはず。


ブランフルーヴの開店まであと何日もない。男の花道!頑張ってね。   出町光識


応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-09-01 11:30 | 食べもの(お供え)

魔界の食べ物

f0230584_18103574.jpg


魔界の食べ物?魔界の牧場?まかい?。。。。。恐ろしや~。

いえ違います。。。。ひえ~~~~。


f0230584_1811223.jpg


馬飼野牧場?まかいぼくじょう?

http://www.makaino.com/

そんな静岡県・朝霧高原にある、馬飼野牧場へいったというこので、

お土産にまかいの食べ物?【牧場ぱっくん・牛乳饅頭】をいただきました。


くだらんギャグ?内容で、寒くなりましたでしょうか。。。。ははは 

ごちそう様です。   出町光識 


応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-07-25 18:14 | 食べもの(お供え)

SAIGON食堂。

f0230584_1334370.jpg

本日のお昼は、狛江駅近くにある、

サイゴン亜細亜食堂さんでとることに。

ハノイカレーと、プレーンナン。

\(^o^)/

暑い日はカレーだに。 出町光識





◆◇◆◇展覧会のお知らせ◆◇◆◇
【出町光識 カップ・カップ・カップづくし展 ボクとコーヒーの香りの向こう側から】
会期:2012年7月3日(火)~16日(月・祝日)
会場:きらら館(茨城県笠間市・0296-72-3109)
http://www.kilalakan.jp/kasama.html
出展:コーヒーカップ・マグカップ・カフェオレボウル・コーヒーポット・プレートなど


応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-07-14 13:03 | 食べもの(お供え)

マカロン好きなんだ。

f0230584_1725385.jpg


高島屋B1からの帰りに、その後立ち寄る成城の知人に、手土産にマカロンを買う。

ここのマカロンは美味しいよね。色もきれいだし、味もいいし、大好き。

なんといっても、カワイイよね。  出町光識

ARDEUR 
http://www.ardeur-hakata.jp/

応援のぽちっとな~~~。



◆◇◆◇展覧会のお知らせ◆◇◆◇
【出町光識 カップ・カップ・カップづくし展 ボクとコーヒーの香りの向こう側から】
会期:2012年7月3日(火)~16日(月・祝日)
会場:きらら館(茨城県笠間市・0296-72-3109)
http://www.kilalakan.jp/kasama.html
出展:コーヒーカップ・マグカップ・カフェオレボウル・コーヒーポット・プレートなど



人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-07-13 17:24 | 食べもの(お供え)

二子玉ランチなう。

f0230584_13175674.jpg


初盆の準備で二子玉川の高島屋へ。

ヴェルテ スパでランチ。(三笠会館なんだな。。。。)

http://www.mikasakaikan.co.jp/restaurant/french/vertespa/index


選んだランチは、やまと豚ロース肉のグリルドライトマトとケッパーのソース。

周りのテーブルは女性ばかり。。。。似つかわしくないぼくだけど、美味しかったな。

豚肉の焼き加減はバッチリ!(^-^)

ソースもぐ~♪ (^o^)v  満足でした~! 出町光識



◆◇◆◇展覧会のお知らせ◆◇◆◇
【出町光識 カップ・カップ・カップづくし展 ボクとコーヒーの香りの向こう側から】
会期:2012年7月3日(火)~16日(月・祝日)
会場:きらら館(茨城県笠間市・0296-72-3109)
http://www.kilalakan.jp/kasama.html
出展:笠間焼のコーヒーカップ・マグカップ・カフェオレボウル・コーヒーポット・プレートなど

応援のぽちっとな~~~。



人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-07-13 13:17 | 食べもの(お供え)

華麗なるカレー少年

華麗なるカレー少年(青年だね)は、本当にカレーが好きだな。


さて、カレーな彼は、本日も茨城まで、わざわざ遠方から、

お金にならない?夢いっぱい?の仕事に来てくれたのだ。

小学校での障害のあるヒトと、6年生との交流ワークショップのロケ撮影でね。

早朝4時起きから、現地の駅8時の集合で、なんだかんだ拘束時間は、12時間だった。感謝。

いつものことながら、ありがとうございます。お疲れさまでした。


そして、毎度のことだが、カレーを食べたいというのだ。本当に耳にカレーいや、タコだ。

そこで昔のカレーのCMをどうぞ!!






そうだ、カレーといえば、幸せなのだ。家族なのだ、夫婦なのだ。これでいいのだ。

そこでカレー好きな若い者にいわれては。。。。期待に答えたい?それが幸せの方程式。

いや、コチラの加齢なるオヤジの維持かれー


それでもカレー少年には悪いが、田舎という選択のチョイスがない地域の場所。昼食には、しかたがない、

ファミレス ロコス?で我慢してもらいロコス?の季節限定のカレー。。。。不覚。


でもでもこうなれば意地カレー。夕食には、つくば研究学園の天久保にある、【インディアナ レストラン ミラ】での、

本格カレーとナンを食べてもらえたぞ~。良かった~~!満足満腹!!美味かった♪

オマケにティッカと、スープはインド人のお店の方から、サービスでした!ナマステ。

http://miratsukuba.web.fc2.com/

華麗なるカレー少年に、加齢なるカレー中年は、無事にカレーとナンをごちそうできました。

めでたしめでたし。。。実はぼくもカレー好きなので、

朝は横須賀軍艦カレーパンを食べていたんだ。なので、朝から晩まで華麗なるカレーな1日だった。お後がよろしいようで。   出町光識

ハイ、オマケのインド・ボリウッドからの映画の予告は、これ、インド人もビックリ!だよ。





応援のぽちっとな~~~。



人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


◆◇◆◇展覧会のお知らせ◆◇◆◇
【出町光識 カップ・カップ・カップづくし展 ボクとコーヒーの香りの向こう側から】
会期:2012年7月3日(火)~16日(月・祝日)
会場:きらら館(茨城県笠間市・0296-72-3109)
http://www.kilalakan.jp/kasama.html
出展:コーヒーカップ・マグカップ・カフェオレボウル・コーヒーポット・プレートなど

[PR]
by ubusuna-art | 2012-07-10 22:08 | 食べもの(お供え)

ブタアート?ブタは食べるのがいいな。

ココロの師匠がブタを用意してほしいというので、在住近隣の養豚場へ。


ぼくの食する肉のほとんどがブタである。ブタ肉好きでまさに体型から見れば、

共食いという感じかもしれないね。ポルコよろしく、映画【紅の豚】といきたいが、

【千と千尋の神隠し】のほうだろうな。


アートになる豚のほうは、何とかうまく確保。来月に養豚場に行き、

ブタ好き?あるいはココロの師匠好きの方には、様子報告ができると思います。お楽しみに。



さて、花より団子だな。アートよりもブタ肉の話だな。

なるほど、美味い肉をつくることに、なかなか努力をしていらっしゃる若きオーナーTさん。

味わいのある肉の作り方に興味は尽きない。

肉の美味いブタをつくるための品種の掛け合わせなど、とても面白かった。

(ちなみに訪ねて行った時間も、種付けの真っ最中。アッ、イヤ~ン。)


商店街の肉屋とか、なじみの肉屋であれば、ブタ肉も美味くハズレもないが、

大手スーパーでブタ肉を買い物するときには、国産や外国産を目にしなければいけない。

例えば一押しのOKストアで買う場合には美味しく問題もないが、イオンまあまあ、

カスミ、エコス、ストッカーでは買いたい肉が決まってしまったり、まったくない場合もある。


スーパー名までは書かないが、あるアメリカ産のブタ肉では獣臭が強く、

安く買ったがいいが当たりハズレのバラツキが日ごとに違い、とても多く、弱ったものだった。

そんなことを養豚場のオーナーさんに話してみると、なるほどと合点がいった。

飼育するブタの骨をしっかりとさせ、病気などからも強くしようとすれば、そうなってしまうようで、

肉質やの旨味を求めてないから、そのようになるらしい。

また日本人とアメリカ人では肉の好みも違うらしい。脂身を日本人は好むので、

そのあたりの飼育もまた繊細にしなければ、不味いのは当たり前とか。

まあ、このあたりはお国柄なのだろうが、養豚業といってもだいぶ感覚が違うのだろう。


そのほかにもブタの病気のことや、神経質なことなどをきいたりして、

興味深い時間でありました。なかでもコチラとしてはブタにも人相?豚相?がある、

という話には笑えた。Tオーナーさん、アートなんだからブタの顔は重要でしょとのこと。ははは


さて、次回アートで養豚場にお邪魔するときには、ぜひブタ肉を購入しよう。

ブタをつぶす日は水曜日らしい。(出荷日のこと)

手塩にかけたブタさん。脂身がしっかりと甘いらしいので、ぜひ食してみたい。   出町光識


もちろんオマケは今村昌平監督の重喜劇の【豚と軍艦】だな。傑作ですよ!!




応援のぽちっとな~~~。


人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-05-20 07:47 | 食べもの(お供え)

いただきます。

近頃食べたものを思い出してみる。いろんなモノを食べたな。

人に産まれたからは、食べるなら、より美味しいモノが良い。

味覚という感覚が、個人差あれどそのように求めるのが、人。

他の生き物とはすこし違う。それは生き方ともいえる。


美味しいモノ食べるには、美味しいモノを作物として新鮮につくったり、

改善して育てていく必要がある。

他にもそのような美味しい獲物がいそうな場所を見つけ出し、捕えていく。

環境を作り、飼育いしながら、安定して確保していくやり方もある。

それらを今度は調理して、美味しいモノに味付けていく。


どれもが美味しいモノを食べたいからはじまる、

正直を土台に直感と工夫が必要となる。

だからなにより、美味しいモノを食べたいという、要求が生き方になる。


でも、美味しいモノとは単に美食としての味わいだけをいうのではない。

食事をする状況や環境で決まることも大きい。

このとこの食べたものを思い出したのは、昨日ひとりになり、

冷蔵庫に頭を突っ込んで、調理して食べたからに違いない。(淋しがり屋か?)


家族と予約で食べたフレンチレストラン。師匠と師匠の母、師の友とした花見の宴。

師匠のつくってくれる手料理。良き友人との新宿での吞み会。。。。。


この何もかも、どんな食材や味付け以上に、感謝という下味がついている。

味わいとは感謝以上に他ない。それは素材も調理法も軽く超える。

つまりは味覚によって、美味しいモノを食べたいということが生き方になるように思えたが、

感謝することこそ、大切な生き方へと豊かにしていくいえる。

そのように思えるのは、ぼくがグルメという腹でなく、

腹黒いという持ち主だからこそか????ははは。


まあ、これは味覚だけでなく、すべての感覚、五感でそうなのだろう。

では、感謝とは何か、あらゆるものに共感して、生かされていることを知る喜び。

もしくは自分の領分を知り、役割に育まれることなのかな。


人は感謝を食べる生き物。他の動物にはない。

感謝の下味がないことは、不味い食べ物であり、不味い人生なのだろう。  


いただきます。ごちそうさま。   出町光識


f0230584_125025.jpg


出町光識 陶展 -春のお茶を楽しむうつわたち-
【神楽坂 暮らす。】 4月6日(金)~30日(月) ※火曜定休 pm12:00~19:00
〒162-0805 東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101
03-3235-7758


応援のぽちっとな~~~。


人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-04-12 06:39 | 食べもの(お供え)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧