川崎映画【どぶ】、師匠の言うとおりだな。

f0230584_1618364.jpg


本日の日常是映画劇場は、新藤兼人監督の【どぶ】1954年作品。

残念ながらネットでは、予告編がアップできませんでした。

制作は吉村公三郎さん、音楽には伊福部昭さん。


俳優陣は、新藤監督の奥様であった元タカラジェンヌで、100万ドルのエクボと呼ばれた、

ご存じ乙羽信子さんが主演、そこに絡むのが劇団民藝の創設者である宇野重吉さんと、

日本映画界きっての名わき役である殿山泰司さん 。その他も豪華キャストですよ。

昭和の日本映画界では、重鎮といわれる面々が多数出演。好きな方は良く探してみてくださいね。



f0230584_16152257.jpg


この映画を観ようとしたきっかけは、ココロのボス(師匠)との会話。

アートパパ『子どもの頃に、八丁畷駅で映画の撮影をしていたんだ。【どぶ】って映画だよ。

      川崎でどぶだってよ。みてみてえなあ。』

ってな訳で、師匠の子ども時分の川崎の風景みたさに、これをツタヤでレンタルしました。

確かに映画の舞台は、川崎、鶴見にはじまり、南武線の八丁畷駅もありました。

他にも松戸競輪に、秩父の繊維工場、土浦の女郎屋?、赤羽なんていうのも地名では出てきます。

こんな時代に師匠は生きていたのだな。。。と感慨深かったです。




簡単なあらすじは、工場長や地主などのお金持ちな資本家たちと、

それらに関わり搾取される弱い立場の人。工場でのストライキを通しての対比が、

この映画の軸になっています。そこに主人公の乙羽信子さん演じる、

頭の弱いツルが巻き込まれながらのいろいろと人生流転して、たどり着いたカッパ沼。

その貧民部落で住民たちに優しくされていると勘違いしながら、

カッパ沼に住んで、意地悪な資本家たちの犠牲者であるのだ、ビンちゃんや徳さんたちはと、

そのために身を売って仕事するが、貧しく弱い男たちもまた搾取しているのだ。そして。。。。。


ここでの乙羽信子さんは、まるでフェリーニ映画のジェルソミーナそっくり。天使であります。

まあ、新藤兼人監督と乙羽さんは、フェリーニ監督とジュリエアッタだね。

日本戦後の貧しさのなかでの美しさ。奇しくも同じ敗戦国であったイタリア映画と似ているとはね。


少し古い映画ですから、見づらいこともありますが、サイレント映画風の演出も含め、

日本映画ファンやフェリーニ映画ファンにはお薦めです。


しかし、師匠との会話そのもの、川崎を知るには良い映画でした。   出町光識



ブログランキングの応援のぽちっとクリックしてください。
人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


◆展覧会のおしらせ◆
カレーの器展 11月15日(木)~12月5日(水)
(ギャラリー玄海)東京都新宿区新宿5-16-3 マルイメンズ館1F ℡03-3352-3105 http://www.genkai.co.jp/shop/gallery/index.htm
カレー皿を改めて探してみると、種類の少なさに気がつきます。カレーの為の器を、9名の陶芸家が精魂込めて造りました。 稲垣美穂・井畑勝江・金憲鎬・小沼寛・高尾葉子・竹内晴美・出町光識・波多野祥子・藤原ひろ子

[PR]
by ubusuna-art | 2012-11-28 15:58 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧