キタノ映画で一番好きなのは。

個展の直前で窯焚きだ、梱包だと、慌ただしく忙しいので、DVDで映画を見れないのがツライ。

もう映画中毒なんだな、おいら。


日常是映画劇場としては、ブログには書かないが、日本映画も見ていたりました。




例えばだいぶ前のことだが、隣町の市議会議員さんの家にお邪魔したおり、

息子さんが録画をしていたらしい【アウトレイジ】を観た。

市議会議員さんはNHK番組のドキュメントである、高倉健さんが出演する番組をすすめたが、

(これは陶芸教室のおばあちゃんたちにすすめられたが)やはり気になるのは北野武監督かな。



正直、感想は特にない。今の北野監督がこのような方向で映画つくってるんだというくらい。

それはそれとして娯楽映画だからね。しいていえば、椎名さん、三浦さん、加瀬さんは良いけど。

でも、少し技巧的なカメラワークやフェードアウトは、過剰演出だと観ていて気になった。


少し昔のキタノ映画を振り返ってみようか。。。











監督の映画では、【その男凶暴につき】とか、【ソナチネ】、【キッズリターン】は

ぐんを抜いた名作といってよいだろう。


でも、実をいうと個人的には北野武監督としては、

【みんな~やってるか!】(表記はビートたけし監督もあるが)が、

本当に監督として、彼のなかで名作【ソナチネ】の後のターニングポイントだし、

監督人生の金字塔であると信じている。あの作品は彼自身の通過儀礼でもあるし、

はじめての自叙伝映画といってもいい。

ぼく自身は天邪鬼でもあるが、彼のなかでは監督として、傑作だ!と、うたがっていない。





こんなこというと、キタノブルーが好きなみんなに、馬鹿にされるのは必死なんだろうけど。

けど、あの映画の評価を傑作と語り合える人はいる。亡き映画の大先生淀川長治さん。

日本のなかで淀長さんだけは評価が高い。そこにこそ本当に大事なものがある気がする。

タケシが凄いというなら、天才だというなら、みんながついてこれないイッチャッタ作品こそ、

本物だろうよ。5作目にしていよいよ、【みんな~やってるか!】をつくったというのも、

かなりの確信犯だろうし、勝負をかけたのだろうと思う。

この映画はイギリス人にはうけるのかな。




ぼくとしては、一押しのキタノ映画である。  出町光識 




応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


~展覧会の告知~
開催企画:小名浜国際環境芸術祭
開催場所:環境水族館アクアマリンふくしま(福島県いわき市) 
開催期間:2012年9月15日(土)~11月11日(日)
*2003年に開催されてから今回で9回目。キッズアート展での関連企画で、
ぼくと福島県立博物館の連携で実行した、震災後に福島県内外(世界中)の、
子どもたちから寄せられた、アクアマリンへの応援する魚の絵メッセージカードを、
2012再構成展示しました。ご協力してくれた子どもたちありがとう!

他にも大漁旗デザイン展や地球環境の保全、海洋資源の持続可能な利用をテーマとした、
芸術作品を展示されます。 ぜひ福島へお出かけください。

[PR]
by ubusuna-art | 2012-09-25 22:01 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧