季節のケーキ、ブランフルーヴ。

23日は少年英(A)の誕生日。

幼少な頃から、いっしょに手作りケーキをこしらえるのが、我が家の誕生日ケーキの伝統。

とはいってもロールケーキやスポンジ生地に、生クリームも既製品を買って塗り、

そこに季節の果物と、子どもの選んだお菓子をトッピングしたという、工作みたいなもの。

けして料理やケーキ作りとはいえないね。


今回の誕生日のケーキは我が家の伝統を放棄。なぜって?


知人Iさんが、新たにケーキ屋さんを横浜青葉台で独立し、はじめましたからね。

だから誕生日のケーキは前もって、パティスリー ブランフルーヴで予約。


ブランフルーヴ(白河出身だからね)は、お店のほうは開店して9日ばかりと、まだ新しい。

それでも青葉区で1番おいしいケーキ屋さん!といってしまおう。ははは


f0230584_19394531.jpg



【こちらはお店外観。】



雨ざーざーの開店まもなく時間であったが、すでにお客さんが。。。

ドアを開けて店内にはいると、ケーキの入っているショーケースがなんともほど良い大きさ。

店舗に上手い具合におさまっている。少々小さめであるが、そこがまた見やすくていいのだ。


f0230584_1940753.jpg


そこに並ぶ可憐で可愛いケーキたちは、Iさんのどれもが自信作で、美味しそう。

f0230584_19403425.jpgf0230584_19404730.jpg

f0230584_19411386.jpgf0230584_19412498.jpg


見てすぐわかったのは季節の食材へのこだわり。だからこの季節にイチゴのショートケーキはない。

たとえば、季節の果物が葡萄だから、ブドウのショートケーキが並び、

フルーツタルトも同じように、こだわる葡萄がぎっしり。

和食でなくと、日本人のおもてなしや、しつらいは季節感といえる。


f0230584_1942510.jpg


今の季節ご自慢のモンブランだって、栗にもこだわっている。

だからケーキの外側にある黄金色のニョロニョロクリームだって、本当の栗の味がする。

モンブランはひとつ600円だが、オススメですからご賞味あれ!

きっとこれも秋だけのお楽しみなはず。。。


そしてぼくが、どれほど食いしん坊でも、ブランフルーヴのケーキをすべては、

一気には食べられないから。おいおい、季節ごとに楽しむようにしようかな。


そして何よりも、Iさんのつくるケーキは、まじめな味がした。

まじめな味とは、安心安全の食材選定と旨味の厳選、菓子作りの工程には手抜きなし、

そのこだわりが優しいケーキをつくっている。

だから、ほかで食するケーキ屋のケーキとは、ひと味違う。

優しさの味はきっと女性好みなのはず。いやらしい香料の強さや、

正体不明な材料の混ざりものがないから、下品な尖り方がでなく品が良いのだ。


まじめだけがものごとで良いとはいわないが、まじめということは、

きっと自分に嘘がつけない正直な人なのだろうとあらためて思った。

だから、自信を持ってIさんは店を構えてケーキを並べ、お客さんを待っている。



自分の職業になぞらせても、【何か作ることは、真面目しかない。手抜きは見破られる。】

そのように自戒をいだいたよ。




神奈川県横浜市青葉区鴨志田560-5-105TEL 045-532-3457


ぜひ、お近くの人は横浜青葉区にある、ブランフルーヴにいき、

その味を確かめるといいだろう。既成品の洋菓子や工場のケーキでは感じられない、

優しさや味をきっと感じるだろう。食も、アートも優しさ以外に味はない。

優しさとは、きっと誰かに本当の何かを伝えたいことなのかも知れない。

ブランフルーヴへ、いつでも立ち寄れる横浜市青葉区の甘党の人は、幸せである。  出町光識



応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/


~展覧会の告知~
開催企画:小名浜国際環境芸術祭
開催場所:環境水族館アクアマリンふくしま(福島県いわき市) 
開催期間:2012年9月15日(土)~11月11日(日)
*2003年に開催されてから今回で9回目。キッズアート展での関連企画で、
ぼくと福島県立博物館の連携で実行した、震災後に福島県内外(世界中)の、
子どもたちから寄せられた、アクアマリンへの応援する魚の絵メッセージカードを、
2012再構成展示しました。ご協力してくれた子どもたちありがとう!

他にも大漁旗デザイン展や地球環境の保全、海洋資源の持続可能な利用をテーマとした、
芸術作品を展示されます。 ぜひ福島へお出かけください。

[PR]
by ubusuna-art | 2012-09-24 19:54 | 食べもの(お供え)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧