枯れた向日葵をみながら。

f0230584_2332396.jpg



どうしてゴッホにあこがれたのは、子どもの日のことなのだろう。

絵描き。アーティストとえば、ゴッホだった。多くの人がそうだろね。


それなのに大人になってしまうと、うまく生きることを考える。

それまで大事だったことが大切でなくなり、色あせて、

大切なのは人と同じような、大事でないことばかりに欲がでる。


たとえば、ゴッホのような生き方は、やがていつか見た夢のように忘れてしまう。

自身のバランス感覚。それとも社会との調和といえば、

聞こえがいいが、大人になるということは、

子どもという完成された感性の崩壊なのだろうか。






たとえばゴッホは、女を追いかけてストーカーのようにいわれたり、

ゴーギャンと仲に行き詰まり悪くなったり、耳を切り落としたり、

弟に手紙を描き続けお金をせびったり、精神病院にはいったり。。。。

絵の評価など、まったくといっていいほど、されなかったり。。。。


そこまでしても、絵を描き続けて、生きて死んだ。

これにロマンチシズムを感じ、絵が好きな子どもは夢見たのだ。


小学校で絵を描いて、絵具のチューブを搾り出して、

あああ、これじゃ、絵具たりないよ。ゴッホになれないよ。と、落胆してしまったあの日。

そんなことを猛暑に思い出したな。暑さにしおれ枯れた向日葵を見つめながら、

そんな空想?妄想になんだか、目がくらんだよ。 出町光識


応援のぽちっとな~~~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2012-08-31 19:35 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧