久しぶりのトワイライトゾーン。





先日にいった小学校での土面ワークショップで、ひとりの子どもは、鼻だらけの顔をつくった。

ワークショップではみんなの応援隊長か、創作コーチ?みたいなぼくが、

自由創作に悩める子羊ちゃんたちに、イマジネーションの扉として、

『どんな顔だっていいんだよ。目が2つでなくたって、目がたくさんあっても良いし。。。』といったら、

その小僧は、『じゃあ、鼻がたくさんの作ろう~~!』小賢しく、タクマシイな~。偉いぞ!


お面から粘土らしい形の表現で、ニョキニョキと四方八方に鼻が伸びっていった。

樫の木のピノキオになんか負けないくらいの、創作のフラフラホラ吹きだった。

その子は迷わなかった分、スピード感を持って、創作後の色つけまでの仕上がり2番乗りだったかな。

良いぞ、瞬発力の造形だ。子どもとは、そんな風に恐ろしく自由でイイね。




さて、本日はそんなお面のような、モンスターたちが出てきた映画を、先日に懐かしんで観た。

特にエピソード3のジョー・ダンテ監督のお話、 【こどもの世界(IT'S A GOOD LIFE)】には、

ワークショップの子どもお面のようなのが?出てきますよね。


さあ、『トワイライトゾーン/超次元の体験(1983・アメリカ)』





ご存じ、タモさんじゃなくて、ロッド・サーリングさんがつくった、

SFテレビドラマシリーズ『トワイライト・ゾーン』の映画版。子どもころの当時を懐かしいんで、

ジョン・ランディス監督、スティーブン・スピルバーグ監督、ジョー・ダンテ監督、ジョージ・ミラー監督という、

80年代のアメリカ映画の若手四天王監督が、最も脂の乗っていた作品。

誰もがまた知るたオムニバス映画である。



例えば、ジョン・ランディス監督なら、【狼男アメリカン(An American Werewolf in London)1981】




【ブルースブラザース】をあげる人も多いだろうけど、コチラのほうが監督との出会いが初見でして、

その後、ミュージックビデオの金字塔のひとつである、マイケルジャクソンの【スリラー】を監督した、

原点でもあるので、コチラをアップ。とても好きな映画監督で、あの不幸な出来事さえなければと、

悔やまれます。でもランディス監督のコメディは、あの当時時代ピカイチでした。




スティーブン・スピルバーグ監督なら、まあ、【ジョーズ(Jaws)1975】なのかな。




ジョー・ダンテ監督なら、【グレムリン(Gremlins)1984】





そして、ジョージ・ミラー監督なら、【マッドマックス(Mad Max)1979】





個人的には、変わり者でしょうが。。。【マッドマックス3 サンダ―ドーム】が、

マッドマックスのなかでは1番好きですね。





さてさて、映画【トワイライトゾーン】は、昔に観たときよりも印象が良く、

とても丁寧に作ってあるのに正直いうと感心しました。当時は改革的に忙しかったろう4人の才能が、

まさにチョコレートパフェ状態、あるいはプリンアラモード状態。感覚爆発です。

いやあ、映画っていいな。まるでスルメかアタリメ~か、若い時、歳を重ねてから、

いつになっても楽しめるのですから。じゃん、じゃん、映画を観ましょう。   出町光識



応援のぽちっとな~~~。


人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-06-24 21:45 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧