コンゴと、日本のサテリコン。

このブログのタイトルを【コンゴと、日本のサテリコン】とつけたら、変換された文字が、【今後と日本のさて離婚】となった。まあ、そとおなじほどにクダラナイ文章なので、ここで違ったと思われた輩は、これから以下のブログを読まないことをお薦めいたします。


先日、東京にあるABC駅に行った。駅からの平面移動のエスカレーターに向かい、

田舎モノの自分は出す足を間違えないように、足元をじっくり見て緊張して乗りこんだ。

安堵のあとは、顔をあげて対面する移動の側を見ると、乳母車、ベビーカーといえば良いのかな?

母親アマゾネス軍団がこれでもか、これでもかと、幸せ笑顔の大群で押し寄せてきた。

ゼッケイカナ、ゼッケイカナ。。。それにどのお母さんもが、見事までに幸せムンムンで着飾っている。

(スゴイな昭和の昔ならオンブ紐だろうに。。。)

なんだか東京モーターショー会場の、ベビーカーコンパニオンに見えてきたぞ。(スゴイな~。)


さてさて、サテリコン。あまりに見なれない子連れの多さに、意味もなく笑いが止まらなくなった。

だってコレほどの絶景はないもの。子連れの母親シトシトピッチャンも珍しい時代なのに、

2,300人の大群なのだから、もう、どうして良いものかわからないと、

ヒトは吹きだし笑うしかないものですね。


微笑ましい姿でありながら、失礼ではありますが、動物のような様子は、

テレビの動物教養番組で見るカンガルーか、チンパンジーの親子に見えくる。女人の魅力満載。

こんなこと書くと、女をバカにしてしてと思われるかもしれないが、そんなことはない。


たとえば草食系男子はあっても、植物のような女人は珍しい。山ガールだってタクマシイでないか。

つねに女人は肉食系であり、いつの時代も必ず動物なものである。

(だから動物である女人とは、余計に花の可憐さに惹かれるのだろうか?)


やはり、女人とは愛おしい動物であり、男とは滑稽な大馬鹿物である。

それが証拠に、こんなことブログに書く自分は大馬鹿者だし、DVDを借りて映画を見たところで、

登場する主人公の男は、大概が大馬鹿者と相場が決まっている。


さて、さてサテリコン。そのエスカレーターから降りて、その後はツマラナイ展覧会を見て、

オープニングパーティに参加。タダ酒の赤ワインやビールは実に美味い。

そのようなとこで展覧会など誰も見てやしない。。。。そしてここでは先ほどの母親アマゾネス軍団ではなく、

ハレのパーティーに女人たちは、今の自己存在をアピールして着飾っていた。

やはり女人とはどこでも動物であり、愛おしい存在である。ブラボー!素晴らしきかな女人たち。

未婚既婚に関係がなく、女人は動物らしさ出せば、出すほど、色気があるものですな。

そしてそれに騙されるのが決まって、馬鹿な男。男とは小心者だからこそ剣を持ったサテュロスなのだ。


そんなこんなで、ぼくも臆病者のサテュロスのひとりだから、そこにいらした女人である、

フランス人、イタリア人たち女人と、上手く会話もできなかった。(まあ英語ダメなんだけど)

女人だけで緊張するのに、その上で外国人。ナンダカナンダカ。本当に落ち込んだ大馬鹿者のぼくは猿。



さてさて、サテリコン。。。。その後は、今後にコンゴにいく大馬鹿青年・英さんとCJK駅で会う。

青年・英さんは若くて剣もぼくより立派で、夢もまたデカイ、サテュロスだ。

彼は黒魔術をその目で見たく、コンゴのヒーローに会いに行くのだ。ボーイズビィアンビシャスなのだ。

それに比べて情けないぼくは、またもその海外風に気持ちがローリングストーンズで、

ゲコな彼を前に、酒の海に潰れるしかなかった。

気がつけば京王線という、スーパー列車に揺られて、鉛色の海を渡る夢を見た。。。


ギリシャ、ローマと臆病者のサテュロス。インポテンツを直しに神々と魔術の国へ旅立とう!  出町光識



オマケは、そんなこの日の出来事にピッタリな映画【サテリコン】やはりフェリーニ監督はスゴイな。
こういうの映画っていうんだろうな。久しぶりな映画らしい映画と、両性具有の神みたよ。






応援のぽちっとな~~~。


人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-05-17 11:04 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧