雨降って、自固める

本日は強い雨降りのなか、ずぶ濡れで、プロジェクト実行委員会に出席。

今年度の最終の集まりで、DVD図録納品という、自分の責任分担は完了していないが、

ひと段落のケジメとして行われた。今週中には、新しい代表者が調整決定され、

新実行委員会の集まりがスタートだ。もう次なのだ。すでに来年度の助成もポツポツと決まりだし、

どのように今後運営されるかは、まだ未知数。なんといえばいいのだろうか。

まるで足元の泥濘のように、今は足取りが悪い。毎度のことだが。。。

いつ何時でもヒトという存在は、自分の墓穴を掘るのが得意である。

自分だけしか対応できない墓穴(イイワケ)を掘る。それは忙しい、お金がない、適任でないというね。

もっといえば、墓穴の中から覗き見て、無言を決めこむゾンビ死人もいる。臭い、臭すぎる。

やらない者に雨は降っても、火の粉は降らないのが常だもんね。火傷、焼死はオソロシイからね。

それでもやるか、やらないかは、損得ではないのだろう。キレイごとという美意識。

ヒトは生きているだけなら、美意識などいらない。ならば墓穴掘り人とはオサラバだ。

雨が落ちてくる薄暗い天とて、微かには明るく高いのだ。上を見るしかない。上しかないのだ。

雨と共に落ちたい者は、墓穴に沁み込めばいい。泥濘に浸かりモガイテいればいい。

こちらは姿は馬鹿ヅラで、不様で滑稽だろが、そのほうが呼吸している実感がある。

生きながら死ぬなんて嫌だから。やり易いこと、手の内なんて範疇に好奇心などない。

まだ、もうすこし上へ、上へ。そして未知へ。

ははは。こうやって自己の志気を挙げる他、手だてがないのが正直なとこ、今は苦しい。  出町光識



人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-03-05 17:38 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧