錬金術師の敗北感(科学空想風な話?)

ぼくはセントラルの東京中野に立っていた。

いわずと知れた東京は、中央主権の企業軍と国家軍が、

【賢者の意志】を金、金、金で手に入れろうとする修羅場である。


管理されたデモパレードというガス抜きをさせたり、テレビというピーマン洗脳機を駆使して、

脳をトマトジュース化して溶かす、軍上層部戦略はうまく事が運んでいる。



ぼくのような錬金術師のハシクレとて、(泥の錬金術師?)

その通称が錬金術師であれば、国家公認かそうでないかに限らず、

分解蘇生の術をくり返しながら、個人という存在の身体と魂を、

手に入れようとしている人体蘇生に身を焦がしていることは、いうまでもないこと。



西の古都から来たという、映像の錬胆術師と、ブロードウェイ通りで

インドカリーを食べながら、お互いの戦いについて話しているとき、

互いが参戦した、つくば戦場での【障害者たち】というラベルの貼られた(彼らを縛るお札の貼られた)

作戦遂行が任務完了か、敗北かの語りになった。


それはもちろん、若い彼からいわれずとも、答えは敗北である。

敗北とは何か。なぜ敗北なのか。。。。。


望みが高すぎるかもしれないが、【障害者】というラベルを国家軍が貼ったことにより、

彼らは安全な生活は、一見では手に入れたように見えるが、

キビシイ意味でいう、人間らしさや、個人という名前を手に入れてるかは、

はなはだ分かりきって、NOであろう。人に格をつけ差別される現状なのだ。




今月末にいく戦場は、ラッキーアイランドの南相馬。

これまた【被災地】【被災者】というラベルのお札を、電力企業軍や国家軍に貼られ、

身動きできない人柱や、個人名を失い、【被災者たち】【ラッキーアイランド県民】と、

いわしめられた状況を前に、ぼくのような錬金術師のハシクレとても、

それらの軍管理から個人をとりもどすことをしなければ、

自分がなんのために術が使えるかの意味がない。



ある福島少女がネットで呟いた。セントラル東京の軍に塗られたニセ青空の下で、

この3.11戦争から、11か月がたったと泣いていた。

彼女も多くの仲間を、ラッキーアイランドに抱えながら上京に、すこし感傷的なったのだろう。


まだ企業軍と、国家軍のつくった権力と利権の原子炉という(賢者の意志)は、

高温熱と放射能を発散させながら、ヒトのおこないをあざ笑うように、怪物として生きている。


街やダウンタウンで、軍に拾われ雇われた外人部隊兵士が、

毎日闘っていてくれている。(忘れてはいけない。)

そう、川崎シティの立ち呑み屋であったオジサンも、

軍の下請けをしているヤクザに雇われ、何度もいやいやながら、原子炉清掃員兵士となり、

バスにゆられていったと、呟いていた。。。。




今、ぼくらは確かに戦争をしている。

昔のように戦争とは、国と国の闘いだけであった時代は終わった。


戦争は選民主義の強者と、生まれたままの弱者、あるいは貧乏くじを引かされた弱者の闘いなのだ。



敵の正体は、ほとんどのこの国の民はわかっているはず。。。だが、

欲と恐怖で飼いならされ、戦う姿勢は見せない。

すっかり金で幸せを買うということに慣れさせられたから。

長い間のテレビというピーマン洗脳機により、ただちに危険はないという安心安全報道や、

日本は我慢、忍耐が美徳と歌い、プロパガンダにしてるからだろう。


すべての大人はいい訳すらせず、嘘をつく。

自分だけは損をしないように、嘘をつく。

知らぬふりして、自分を騙しながら嘘をつき、墓場まで持っていく。



もし、ぼくが自分という恐怖に打ち勝ち、本当に強い錬金術師(アーティスト)になれたら、

すこし泥くさいが、錬金術(アートの力)を信じて、あらゆる自由を奪うラベルとレッテルの、

お札のお呪いの効果をなくすために、人らしく生きる蘇生をおこなおう。


個人をとりもどそう。

軍から個人の名前をとりもどそう。

アートとは、個性のことではない。個人をとりもどすことに他ならない。


そのように思い、セントラル東京を後にして、核武装のつくれる東海村のある茨城にもどった。

メデタシメデタシ、妄想?のお話はおしまい?ははは   出町光識


さて、本日のオマケ。当初は『笑う原爆』というタイトルの映画です。



応援のクリックポチッとな。


人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-02-14 10:02 | 民俗風土(産土神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧