ウミと毒薬(もうひとりの自分、鏡の友人へ)

儀式のように、フランス産の水を飲みながら、FMラジオからは、

クラシック音楽が流れている。できるかぎりの朝の日課。


クリアなペットボトル、(今日はボルビックだが)その水面が微妙に、

オーケストラの弦楽器の音色だろうか?音に揺れている。

それともぼくの揺れる心でかしら。


これらは優雅とはほど遠い。チープな168円の水と、ステレオでないラジオ。

それでも睡眠で乾いた喉に水を流し込み、耳から脳髄へと音を落とせば、

自己のウミも、毒薬も、洗浄される。自己浄化機能だろう。


これに似た機能でいえば、ヒトは自己のなかに、

多くの自分の分身を、役割分担として存在させなければ、正常には生きてはいけない。
(ここでいう正常とは、社会という関わりでの意味)

でないと、極度に視野が狭くなり、自己判断しかできなかったり、

多角的モノの見方、捉え方で見えてこない。客観視ともいえよう。


ヒトの目とは、見たいものしか見ようとしない、眼機能である。

監視カメラや、仏様のような半眼開いて空をみるなどという、

客観視機能はない。色眼鏡、タモリさんどうようにサングラスの鉄則かいな。(意味違うね)



画家という者が絵画を描くときに、描いたらそのキャンバスから距離おいて、

その筆圧だけで確かめるという本能行為をやめて、後ずさりして、

4足動物からヒトに進化しながら、脳を働かせ、全体を眺めるのに似ている。


もしくはその絵画を、美術館やギャラリーの壁にかけて、

アトリエとは違う空気に包まれたときに、はじめて描きたかったこと、描いてしまったことが、

絶望や希望の水平線に、見えてくるのに似ているのだろうか。


そしてどんな映画監督でもそうだが、冷静や情熱のふりや、仮面をつけて、

多くの自分を分身させて、状況の拡散吸収して、現場という協働作業で眺めながら、

動物園園長さんの仕組みで、自己判断を捌きでないようにおこなうのだ。



でもどうだろう。どんなにこのようなこと並べたところで、

今はぼくも、洗浄浄化中の身であるな。


ヒトという存在は、見たいものを見たいように見てしまうし、

ヒトとの関係を捌いてします。処理してしまう。

これは【美の正体】からは、もっともほど遠い醜悪である。


必ず生きながられていれば、傷というものを受けたりおいながら、

パッカリと開いた傷深くから、ウミや毒薬をダラリと、だしつづけている。



でもそれは、まわりは常に見ているしかできない。眺めているだけしかできない。

なぜなら他人事という、主役の違うドラマだからだからね。

冒頭の儀式のように、チープな168円水や、お手軽なラジオでも、

日課のように自己浄化しかないのよ。(他にも方法論はあろう。)



それにその他人の、イタイタシサに、ミスボラシサに、ミジメサに、ゴシュウショウサマに、

まわりもどれだけ傷つくのことか。。。。まわりはその修羅に手はだせないのだから。

それなのに春のように、抱きしめてくれと叫ぶのは、酷というもの。。。


これは自分のことでもあるが、アナタ!もっとも信頼するヒトという脳と、動物という嗅覚をもつ、

友人のことでもある。。。。裸の王様だよ。

まあ、王様は裸だろうが、服を着ようが王様なんだよ、気がついてますか?

ままでいいのです。ままで愛されているのです。まま、すべてを抱きしめればいいのです。(難しいけど)



今目下の荒れ狂う海、その崖からの落下の巻沿いや、

周囲を分かってちゃん行動で連れ込むことも、

また、他人との距離感がたもてない、アスペルガ―症候群としての特徴なのだろうな。


でも、ウミと毒薬という毒液は、自我中毒になるのが一番の末路なのだ。

そんな姿は見ていてツライ。。。よね。

(昔に、まだまだ女の子にモテモテだった頃。よくそんなこといれた気がするな。)



他人に見せるしかない自分。

他人に分かってもらうしかない自分。

そんなチープな自分は、チープな水をがぶ飲みして、

チンポの先から放尿してしまえ!

ほら、チープなラジオから、察したように高らかにクラシック音色が掻きたてる。  出町光識


ユウジンヘダケノオマケ。アノトキノアナタノカオ、オドロクホドニ、ジェルソミーナ。





人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-01-25 08:39 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧