中野、路地裏の散歩者

早朝から朝風呂して、東京・中野駅へ。

次週、茨城県つくば美術館での障害者さんとのコラボ展、

【晴れどきどき、お散歩アート。】にて展示用ながす、

ワークショップ用の映像の編集チェック。


f0230584_22285124.jpg

ここ中野駅ちかくには、日本映画学校時代の親友である、

M映画監督も住んでいるが、今回の展覧会用のドキュメント映像には、

若い友人の映像家 S監督にお願いしました。


全体予算の少なさからの都合というよりも、

新しいヒトと仕事もしたかったし、映像に対するこれまでの経験がどうであれ、

ボクには技術、完成度は2の次なのだ。これからの期待、可能性が白羽の矢1番。


経験は時間をかけて、歳を積んでいけば上乗せしていけるけど、

可能性というものは、ある若い一時期、もしくは未熟ゆえのチャレンジを、

持ち合わせていない者が、常に持ち合わせてるとはかぎらないからね。


でもこれは、実年齢の若さに比例ではなく、不安定という立ち位置に立つ者しか、

持ち合わせていないように思う。


これって持ち合わせていないヒトは、一生かけようが手に入れられない感覚。

時間を積んでも手に入れられない宝物。

格好良くいいすぎかもしれないけど、不安定を恐れるのなら、

つくること(チャレンジ)をやめるしかない。

不安定というアンバランスさは、ボクには蜜の味であり、

心の葛藤というパズルの組み合わせのバラバラが、

ある意味で絶妙なバランスなんだよね。そんな気がするね。


さて、S監督と心地よい編集作業をツルツルと終えてから、

昼食には路地裏をから、中野商店街をぬけて【青葉】にて、

つけめんをヅルヅルと食べる。


そこで思う。

やはり、映像(映画)ってのは、ラーメンどうように、

出汁か?スープか?麺なのか?それともトッピング?

どちらにしても好みが分かれるし、ラーメン通の楽しみ方も趣味もある。

それでも撮影、編集、演出の映像文法などの細部に、

映画の神はやどるけど、まあ、その場のバランス。。。で、

ツルツル、ヅルヅルなんだろうな。それでいい。

S監督さん、良いもの見せてもらいました。ありがとさん。   出町光識



よろしく、たまには、ポッチっとな。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2012-01-12 22:51 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧