いいボクサーには、セコンドがいるんだよ。

木曜日の朝の日課は、【ヒカルの碁】のアニメをネットでみること。

ヒカルの碁という物語が美しいところのひとつに、

誰かが誰かを見守っている。あるいは気にかけているという、

描写が多いところだろう。これは映画という、得意要素の美の正体である。


さて、先日亡くなった森田芳光監督について、

本日の東京新聞朝刊に、映画評論家 品田雄吉さんがこのように寄せていた。


『コメディーを撮らせたら、他の人のつくれない、独自のセンスがあった。(中略)
 失敗作もあったが、めげないでどんどん作るのもよいところだった。』 とあった。


ボクの昨日のこのブログにあった、気がかりで気がかりで、

巨匠になって欲しいと願わずにはいられないとは、この言葉に近い。

さすが、現場主義の評論家である、品田さんらしい見守りである。


ココロの師匠も、よくいいますよ。

『100点でなくてもいい。60点でも、30点でも。いつだって高得点はない。
 過去にやったことが1点だって、最後には作品になるんだ。』



さてさて、冒頭の【ヒカルの碁】、守護霊のごとき碁の神さま 左為の存在。

ヒトは誰しも、生きている先輩や、亡くなってしまった先生だろうが、

誰かを背負い、誰かに見守られ、精進していくもの。


ジニアス天才でなくとも、めげないで本日も作っていこう。結果はそれからだ。  出町光識


◇◆◇◆◇展覧会のお知らせ◇◆◇◆◇

f0230584_28666.jpg

個展【出町光識器展】
会期:2011年12月16日~12月29日まで (在廊日:23日・28日)
場所:ギャラリー玄海 (東京新宿マルイメンズ1F)
東京都新宿区新宿5-16-3 玄海第2ビル(丸井MEN)1階 TEL:03-3352-3105
*色彩あふれる器の個展です。堆朱の新作登場!びっくりだわさ。
明日23日は在廊しています。お待ちしていますね。


よろしく、たまには、ポッチっとな。

人気ブログランキングへ

f0230584_13185324.jpg
出町光識ホームページhttp://www.mitsunoridemachi.com/
[PR]
by ubusuna-art | 2011-12-22 09:03 | 映画・テレビ(寄り神)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧