教えるという個性

この数日は蜜月で、なにがどうということのない日常で、

ボクが勝手に心の師匠と呼んでる方のもと、川崎ですごす。


どう美術やアートを教わるということでなく、

ともに同じ空気のなか呼吸し、時間をすごすことで、

感じる能力さえあれば、それは師であり、教えを乞うものになる。


昔の学校の先生は、ガリ版刷りでテストプリントを独自に作り、

担任の先生と、となりクラスの先生、そのまたとなりのクラスの先生と、

プリント用紙にも個性があった。

それを見ながら、ボクの担任先生は良いな~とか。

ボクラ愛されてるな~って感じもした。勉強は嫌いだったけどね。ははは

そんな先生の気持ちのある行為は、宝のように憶えているもの。


でも、ある先生のときからだろうか、問題集からコピーなどが増えた。

ああ、先生、手抜き? 忙しのかな?


今にいたっては、学校では先生に、教え方の個性を求めないのだから、

子どもたちが、自主、独創、個性など、育つわけがないよね。

まああ、反面教師という方法もあるけどさ。


自主、独創、個性とかが重んじられる美術、アートというもの、

その種は決して教わることはできない。

種にたいする、水のやり方やみたいな、

方法論や、商業論はまなべるだろうけどね。


でも、まずは今は、勝手に師匠と呼ぶ人から、

生きてるということは教えてもらえる。

これもまた本物でなければ、教えられないだろうね。 

この数日に感謝。   出町光識
[PR]
by ubusuna-art | 2011-06-27 12:06 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧