自分の背中は見えませんが、相手の背中見えるもの。

こんな職業だからでしょうか?

背中を見せてくれる先人には、本当に感謝がつきません。


アーティストは何がしかの才能があり生まれ、

存在を示します。

それでもアーティストを名のるすべての人。

その才能は、個の人生において命が長すぎるのか、

枯れてしまうもののようです。

美術の世界では、そんな屍がアチラコチラに落ちています。


いや、身の回りで美術家、陶芸家、アーティストだという人が、

ゾンビでないか?見れば判るものでしょ。

ゾンビじゃないなら、最近では医療どうように、

延命処置された作家さんも多いでしょ。



不義理でヤクザなオイラですが、

常滑の鯉江良二さん、京都の井田照一さん、川崎の折元立身さん。

その出会いのなかで、

共通する一本の道を感じるこの日頃です。


大したことじゃないいんですよ。

人なら誰でもあたりまえのこと。。。。



思えば小学校の図工の時間。

山田治先生のぼくとの対峙が、

原点だと思います。



骸骨になるまで、

もう少しそんなこと考えてみたいと思います。

気がついたところで、できるかどうかは別ですが。

もうすこし、もうすこし、

まずは生活態度のあらためでしょうか。    出町光識



人気ブログランキングへ
[PR]
by ubusuna-art | 2011-02-22 00:15 | 日常(現世)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧