小学校・職業フォーラム・ロクロ体験

f0230584_23514594.jpg


桜川市にある真壁小学校で、職業フォーラムという特別授業の講師に呼ばれました。

20種の異なる職業の講師が地元地域はもとより、東京や他県からや集められ、

昨年は6年生のみが対象でしたが、今年から全学年でおこなわれる授業になりました。

そこにマイナーな職業である、陶芸家のオイラも参戦した訳ですよ。


前学年になったから、時間の方も30分間となり、4回に分けおこないました。

最初に陶芸家の職業についてを話したり、質問コーナー、ロクロ弟子体験と続きます。


いや~~、男の子も女の子も、ロクロが大好きな子ばかりでしたね。きっとゲーム感覚で楽しいんでしょうね。

本当のこといえば、オイラは基本的には、ロクロを教えることは、あまり小学校では薦めたくないんですよ。

みんなロクロ作業が不思議で興味津津。そして粘土の手触りも楽しいから、そちらにひっぱられ過ぎて、

あまり考えてものを作ろうと、しなくなるのでね。


f0230584_0244278.jpg


でも、まあ本日は、職業フォーラムだし、いつも講師をさせていただいている、6年生の総合学習や、

図工時間でもないし、大人気なロクロでもよいかなと思い、OK!OK!解禁しました!!

f0230584_0344218.jpgf0230584_03522.jpg


時間の関係で体験する子は、ジャンケン大会で2~3人を決めました。

あ~あ、と、残念がる子は多数でしたね。

体験した子はどの子も楽しい~!って歓声あげる!あげる!

なかには女の子で、今まで生きてきたなかで一番楽しい~!だって。なんだか似たセリフどこかで聞いたね。

そんなで、アート寅さん!本日も小学校で、笑いあふれるワークショップ三昧なオイラでした!

【※写真のロクロは、電動のものではなく、蹴りロクロです。濱田庄司さんや柳宗悦さんと民芸運動で活躍し    た、イギリス陶芸家、バーナード・リーチさんが考案、デザインのものを、のちにアメリカの家具作家さん   が作ったものです。】

以下は子どもたちの主な質問です。


Q*仕事内容、なぜこの仕事をすることになったのですか。

A 仕事の内容は、粘土をつかい製品、作品を自分の手でつくることです。
ご飯を食べる器がほしい人がいれば、食事が楽しくなる器をつくり。面白い美術がみたいといわれれば、
オブジェ作品(彫刻)をつくってみせる。小学生や、障害のある人たちと、粘土で何かできないかと
聞かれれば、一緒になって泥だらけになって粘土で遊ぶワークショップをおこないに出かけます。

粘土みたいに、柔らかく、自由な気持ちで、いろいろなことができる、夢のある仕事だと思っています。

でも、始めるきっかけは、最初に憧れた職業に夢破れて、いろいろな仕事を経験して、今の仕事にたどり着きました。どんなことだって挫折はつきものだし、そんなこともあります。そんなときに、自分のことを見つめるなかで、小学生の頃から図工の授業で、絵を描くことや、工作をすること大好きだったことを、1番に思い出し、今この仕事があるのかもしれません。

仕事として、15年ほど仕事を続けてきた今では、挫折した若い頃のように、新たな夢もみているよ。それが今この仕事を継続している原動力だね。内容?夢は秘密だよ。いわないよ。


Q*この職業の魅力(こんなところがすばらしい、喜び等)

A 日本の各地やいろいろな国に行き、いろいろな人と出会い、関わり合いながら仕事ができる。

なぜなら何処へ行っても大地には土があります。だからそこを掘れば粘土もあるわけです。
それは地球自体が太古からできたあがった、焼き物みたいなものだからね。

そんな地球という、みんなが暮らす器のうえで、食事をして暮らすための器を作れるなんて、
なんだか想像するだけで楽しいでしょ、素晴らしいよ。


Q*この仕事をしいてつらかったこと、大変なこと。

A 今、こんな質問をされることがツライかな。(笑) つらくて大変なことは仕事だからもちろんあるよ。
それでお金を貰うのだからね。

つらくないことでお金もらったって、うれしくないじゃん。大変な思いで働いて手に入れたお金だから、
自分のためにつかったり、親や家族、友達や好きな人につかうと、うれしいんだよ。大変なこともあるけど、
みんなで幸せになれるんじゃない。

つまらかったり、楽しかったりの毎日の繰り返しが、仕事するための元気エネルギーにもなるし、
どちらも自分の喜びだとおもうな。


Q*仕事をするとき、どんなことに気をつけていますか。

A お金を払ってくれるお客さんたちが欲しい物や事を、まずは1番に考えつづける。
いつでも相手があっての仕事だからね。つねに考えることで、ベターな答えを用意する。

でも、ここが大切!そのなかに、どんなことでも良いから、自分のためにしたい気持ちをひとつか、
ふたつ入れてみる。そのバランスや間合いがとれれば、結果としてベストな仕事になる。

でもそんなことは実際は失敗ばかりで、簡単にはできないから、次は頑張ろうとか、またやろうと、
つづけることになるんだ。

でもね、仕事や職業って、自分自身の思いだけでやるものじゃない、必ず相手があって、
成り立っているってことは、大切だから忘れちゃいけないこと。


Q*どんなものを作ることが多いですか。

A 日常につかいの食事をする器。例えば、湯のみ、皿、鉢など、みんなが毎日、朝・昼・夜と、
手にしているものです。器がないと、みんな、食事ができないでしょ~。


Q*焼き物のデザインはどのようにして考えるのか。

A ちょっと抽象的に聞こえるかもしれないけど。。。。。森羅万象に目をむけ、あらゆるものを観察し、
人の心、その根っこにあるモノについて考える。そして、間違っていても良いから、
かならず自分の答えを出す。

それがデザイン。それでみんなが楽しかったり、うれしかったり、便利だったら、もっと素敵だよね。

 【森羅万象とは? 宇宙に存在するありとあらゆるもの。】


少し真面目なことも答える、オイラでありました。    出町光識



ぽちっと、応援のクリックを。


人気ブログランキングへ


◆◇ 現在開催中のうつわ展のご案内 ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇

f0230584_1665618.jpg
日本橋三越本店 本館1階 1階中央ホールEVENT 
2010年10月29日~11月9日まで
【ジャパンスタイル マイ ファースト マッチャワン】で、「はじめて使うお気に入りの抹茶碗」をテーマに、国内外のクリエーター約30名が作品を発表。思わず笑みがこぼれる楽しいデザインから、モダンでシャープな作品まで一堂に展覧します。 ぼくの新作の堆朱茶碗が3点が並んでいます。


◆◇ 現在開催中の展覧会のご案内 ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇


f0230584_3591046.jpg
会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。ぜひ、行楽シーズの秋の会津におでかけくださいませ。



◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇◆◆◇


◆◇ 今月の海外の展覧会予告◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇

f0230584_19403458.jpgアメリカ・ボストン 
KEIKOギャラリー
【It's All About Cups '10】  
2010年11月11日~30日
毎年この時期にボストンにあるギャラリーさんでおこなうカップによるグループ展です。
ぼくは13点ほど出品しています。アメリカに在住の方はお立ち寄りくださいませ。


◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇ ◇◆◆◇◆◆◇

f0230584_1945341.jpg韓国・ソウル
通仁ギャラリー 個展
11月24日(水)~30日(火)
毎年、韓国のインサドンにあるギャラリーさんでおこなう、新作のうつわ展になります。今回5回目の開催。
今回は動向日程で、ソウル女子大学などでのワークショップもあり、活動盛りだくさんです。



 
[PR]
by ubusuna-art | 2010-11-05 00:52 | ワークショップ(儀式)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧