くじらまつりの本番と舞台裏

10月2日から、福島県会津若松市を中心に【会津・漆の芸術祭】がはじまりました。

会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html
2010年10月2日から11月23日まで


f0230584_11263459.jpg











【会津・漆の芸術祭ディレクター・赤坂館長さん】

オープニングセレモニーには、福島県立博物館の赤坂館長さんをはじめ、福島県知事さんや

各市町村長さんをはじめ、多くの関係者さんがあつまりました。


プログラムのひとつに、東明幼稚園さんと若松第二幼稚園さんの年長組さんと、新田学さん、南阿豆さんの

オイラくじらや劇団(アートユニット空土)が、パフォーマンスをおこないました。


開催を直前の連日は、深夜まで七日町通りにある藤崎商店くじらやさんで、子どもたちと作った土面を

飾り付ける準備にオイラたちはおわれてしまい、両幼稚園さんには御無理をお願いして準備や、

リハーサルをさせていただきました。本当にありがとうございました。感謝です。

f0230584_1113578.jpgf0230584_11141559.jpg
f0230584_11142950.jpgf0230584_11145132.jpg


【世界中のこどもたち】を手話と大きな声で唄う東明の子どもたち。くじらみこしもわっしょい!わっしょい!

f0230584_1112761.jpgf0230584_11124694.jpg

f0230584_1113440.jpg


【カミタマン!参上!】の決めポーズは、第二さんのこどもたち。とても上手でしたね。

先生たち!ご協力ありがとうさんでした!!



さあああ!会津っこアートコラボ・パフォーマンス【くじらまつり】の舞台様子の写真です。

f0230584_1153614.jpg






【オイラが演舞の丑松】


f0230584_11542770.jpg


塩ニシン売りの丑松が、あかべこに荷を背負せ、越後街道をつかい、海の幸を運びます。


f0230584_11565537.jpg


山道での重い荷を運ぶには、会津で一番の働きもの、あかべこの活躍が不可欠であります。


f0230584_124837.jpg


丑松が会津の里につくと、会津の古い言い伝えである【七歳までは神のうち】である

会津っこ【カミタマン】がでむかいてくれました。

f0230584_12111341.jpg

f0230584_1281442.jpg

f0230584_12113752.jpg


丑松とカミタマンが遊びくれていると、もうすっかり冬になり、やがて雪が降りました。

すると、働きものであったあかべこは、疲れ果てたのか石になってしまいました。

f0230584_1216415.jpg









【あかべこはの新田学さん!
 ※この石になる話も会津の言い伝えですね。】



丑松とカミタマンはとても悲しみ泣きだしました。

f0230584_12205514.jpg



すると、どうしたことでしょう。運んできた荷の中から、海の精である人魚があらわれました。

f0230584_1230026.jpg



f0230584_1232958.jpg


働きものだったあかべこの魂を癒すように、舞術をおこないました。


f0230584_12445482.jpg
f0230584_12451277.jpg









【人魚姫は田楽師 南阿豆です。】

f0230584_13448100.jpg

f0230584_1353085.jpg

f0230584_136057.jpg


f0230584_13141592.jpg

f0230584_13144861.jpg


そしてなおも不思議なことに、人魚が阿賀野川の水の流れを、川上の会津へと逆流させるのです。

f0230584_1834446.jpg


f0230584_18404843.jpg


するとどうでしょう。なんと海から大きな大きな鯨がやってきたのです。





f0230584_13172317.jpg


会津っこカミタマンは、『くじらさあ~~~~~ん!!!』と呼び叫びました。

逆流する波に乗り、鯨と多くの海の幸が川を上ってやってきました。

f0230584_1475131.jpgf0230584_1481652.jpg

【※ココで鯨神輿が登場しますが、お客さん総立ちのため、写真撮影できなかったようで、
 関係者さんのなかで鯨神輿登場写真お持ちの方、ぜひ!くださいませ!この写真は代用です。】


その光景があまりに愉快なので、丑松は喜んで踊りだしました。

f0230584_14384986.jpg


f0230584_140587.jpg


f0230584_13593710.jpg



丑松は死んでしまった あかべこと、一緒に働いていたときのことを思い出し、懐かしで夢をみました。

f0230584_1495287.jpg
f0230584_1410196.jpg
f0230584_14105074.jpg
f0230584_14112837.jpg



最後は産土カミタマン(若松第二幼稚園)と客人カミタマン(東明幼稚園)の子どもたちみんなと、

【世界中のこどもたち】を手話と、大きな歌声で合唱しました。

会津っこの元気なみんなの心が、大きく育んでくれることが、会津の風儀でもありますよね。

カミタマン!みんな最高!!

f0230584_142587.jpg


オシマイ。めでたしめでたし。。。。。。   出町光識

お礼 両幼稚園の先生と、子どもたち56人、多くの父兄の皆さん、担当県職員Sさん、
福島県立博物館学芸員のスリ―Kさんずトリオ、漆祭職員Oさん、Sさん、カキコ隊Hさん、Kさん、Aさん、
南阿豆さん、新田学さん、本当にご協力ありがとうございました。




人気ブログランキングへ

会津・漆の芸術祭HP http://www.general-museum.fks.ed.jp/urushinogeijyutusai/top/top.html2010年10月2日から11月23日まで福島県会津若松市の七日町通りにある藤崎商店くじらやさんに№34にて出品しています。
ぜひともこの機会に東北におでかけくださいませ。



※追記参考資料【出町光識産土アートラボ】の産土神土面制作は、福島県内では2007年にいわき市養護学校さんと【芸術家派遣事業】、2009年7月に会津若松の東行仁幼稚園さん、白梅幼稚園さんと【福島県立博物館 岡本太郎の博物館展】、2010年5月にいわき市 東田幼稚園さんと【アクアマリンふくしま 潮風アート茶会】、今回の東明幼稚園さんと若松第二幼稚園さんとおこなっています。
[PR]
by ubusuna-art | 2010-10-03 12:56 | 展覧会(まつりごと)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧