形と象

6月23日、笠間。

茨城県陶芸美術館にて、

現代茨城の陶芸展『形と象』がひらかれ、

そのオープニングパーティに参加。


これは今月20日まで開催された、

『THE KASAMA 展開とルーツ』展から、

現代作家の器でなく、オブジェ作品を選抜したものと、

それに何人か作家作品を加えた、

20名の作家たちの展覧会です。

【出品作家】 天羽かおる、伊藤公象、伊藤知香、井上雅之、川口聡一、久米みどり、小林征児、小峰尚、
斎藤敏寿、しがみさこ、島剛、菅野広志、菅原淳一、出町光識、外山亜基雄、中井川由季、羽鳥誠、
廣田芳樹、前野芳樹、由良利枝子


そして同時期にメイン会場で開催される

走泥社メンバーであった陶芸家 鈴木治さんの

企画展にあわせたものでもあります。


笠間焼展を見逃した方や、

オブジェなどに興味のある方は、

是非この機会に、ご覧になってはいかがでしょうか。 


パーティのなかで、学芸員さんと仏像の話、楽しかったです。

それと地元の筑波山や加波山における山岳信仰などの、

子どもの頃の修験体験のお話、

日本古来の大らかな男女のイトナミ話も、面白かったですね。


それと、帰りの駐車場で、ある先輩陶芸家さんから、

『若いのだからガンバリナサイ。』と、

お声掛けしていただいた言霊。

これからの励みにいたします。  出町光識



ランキング応援のクリックをポチポチ。
 
人気ブログランキングへ

~器個展のお知らせ~
第5回 出町 光識 陶展  MITSUNORI DEMACHI
2010.6月30日(水)〜7月6日(火) 最終日18:30閉場
松屋銀座 7階アートスポット

f0230584_0382899.jpgf0230584_0384298.jpg

織部・絵織部・堆朱・黒釉をつかった花器や手鉢、片口、
皿、食器などを300点余を展示、
多彩な釉薬と土の妙味をご高覧ください。

お問い合わせ=松屋銀座 美術課
       東京都中央区銀座3-6-1
       電話03(3567)1211大代表 内線2795
会期中の営業時間=毎日朝10時から夜8時まで
         7月1・2・3日は夜9時まで
[PR]
by ubusuna-art | 2010-06-24 04:57 | 美術館・博物館(神社)


出会いはアート。アトリエでのアート制作と、夜な夜なの日常是映画劇場のご案内。出町光識の脳内ナビゲ―ション日記  


by ubusuna-art

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雪、消えてしまえばその寒さす..
at 2013-02-06 10:25
ブログ留守がちですが。
at 2013-02-05 21:17
魅力ある教育、それがない現実。
at 2013-02-01 10:21
ワークショップとダイエットから。
at 2013-01-24 15:11
黙して契れ。兄弟、母、そして..
at 2013-01-17 18:53
あけおめ、もうすぐ個展です!
at 2013-01-05 20:07

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...

ブログジャンル

映画
アート・デザイン

タグ

検索

画像一覧